のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/7 英+こころ他:「long(ロング)」といえば「切望(せつぼう)」ですか? ~2つの「long(ロング)」の話~

 英語+こころ+国語の話ー。
 「筆者がまた英語を間違えている…」という話ではありません。一応。


 普段「長い(ながい)」意味の印象が強い「long(ロング)」と、
 それと同スペル同発音の語、「long(ロング)/切望(せつぼう)する」の話を。



 前置き。
 今日は11月7日…「いい(11)・な(7)」の日ということで、
 人に対し「いいなー」と思う感情、「憧れ(あこがれ)」を調べていたら。
 「long(ロング)」周りが面白かったので、その話を。


 まず普段の①「long(ロング)」は、「長い(ながい)」意味が多いですね。
 例えば「ロングヘアー(long hair)」は「長い髪(かみ)」、
 「ロングブーツ(long boots)」は「長い靴(くつ)」って感じです。
 反対語の「short(ショート)/短い」と一所に使われることも多いですね。


 そんな「長い」イメージが強い「long(ロング)」ですが
 しかし実は、同じスペル・発音でまた違う「long」もあるようです。
 それが②「切望(せつぼう)する」という意味の「long」ですね。


 英和辞典によればこの②「long(ロング)」は動詞であり
 「~を思いこがれる」「切望(せつぼう)する」「~したがる」という意味を持つようです。
 (「切望(せつぼう)」とは、心から強く望むことですね。)
 また名詞形にした「longing(ロンギング)」「憧れ(あこがれ)」と言う意味も持つようです。


 上にも書いたように、普段使う「long」は「長い」意味のことも多そうですが、
 人の望み、気持ち、心に関する仕事をしている方にとっては、
 「『long(ロング)』といえば『切望(せつぼう)』(すること)!」というイメージの方が強いかもですね。
 …でも何も考えずテストでこちらを書くと、×になりそうなので注意ですが。


 ちなみに英和辞典によれば、「long/切望する」の語源にも「long/長い」が関わっているようです。
 (そのため関連語の「longing/憧れ」にも、「long/長い」は関わってそうですね)
 確かに短い時間で叶う願いは、あまり「切望する」感じじゃないですし。
 「長い時間願っている」ことも、「切望している」と見られる条件なのかもです。


 さて、何か「切望する(long)」ような夢をお持ちの方は、
 時に先が「長く(long)」思え、諦めたくなるかもしれませんが。
 ふと「そもそも『憧れ(longing)』も、語源に『長い(long)』が関わってそうだし…」と考えてみると、
 「みんな長い時間かけてんだな~」と思えて、少し気分が楽になるかも?



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに「憧れ」を和英辞典で調べてみると、
 英語では「longing(ロンギング)」「yearning(ヤーニング)」などというようです。
 筆者はてっきり「嫉妬(しっと)」の英訳の一つ「envy(エンヴィー)」も入ってくるかと思ったのですが、入ってませんでした。
 少なくとも筆者の手元の和英辞典では、「憧れ」と「嫉妬」は分けられているようですね。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com