のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

6/20 社+国:「竹光(たけみつ)」は『かぐや姫』に出てましたか? ~「竹光(たけみつ)」と「光(ひか)る竹(たけ)」の話~

 社会+国語の話―。
 「おじいさんは山で竹光を…」的な改変話ではありません。


 竹(たけ)で作った日本刀っぽいもの、「竹光(たけみつ)」と、
 その名前の由来などの話を。
 昔話かぐや姫の「光る竹」などを思い出しつつ。


 遅くなってしまったので簡単に。


 前置き。

 まず「竹光(たけみつ)」とは、竹(たけ)で作った刀(かたな)のことですね。
 といっても剣道(けんどう)の竹刀(しない)とは違い、
 外見は日本刀(にほんとう)に見えるけど、刀身(とうしん)…刃(は)の部分が竹、という感じです。
 Wikipediaによれば、江戸時代の貧(まず)しい武士が、こっそり刀の代わりにこの「竹光」を持っていたりしたようですね。


 ちなみに「竹光(たけみつ)」という名前を見ると、
 竹(たけ)が光(ひか)っている…?」みたいにも見えますが。


 でも調べてみると、特にそういう意味は無いようです。
 というのも国語辞典によれば、刀工(とうこう)「国光(くにみつ)」、「兼光(かねみつ)」をもじったものらしいからですね。
 (Wikipediaによれば長光(ながみつ)」や「国光」。
  また「刀工(とうこう)」とは、刀を打つ・作る人…刀職人のことですね)
 

 つまり「(安い)竹の刀を有名な(刀工の)刀っぽく呼んで、からかう言い方」→「竹光」みたいな感じですね。
 今で言うと、高級ブランドっぽく呼んでからかう、みたいな感じかもです。


 で、そこまで調べて筆者は、
 「まあ『竹』は『光らないか』~」と一瞬思ったのですが。
 (竹の色は緑や青色、または茶色などという感じですし)


 …でもよく考えると、日本には「竹が光る」話もありますね。
 というのも有名な昔話かぐや姫/『竹取物語(たけとりものがたり)』では、
 冒頭で「光る竹」が出てきたりしていますし。
 (それでおじいさんが、かぐや姫を見つけたりしていますし)


 なので『かぐや姫』を知った後に、「竹光(たけみつ)」という名前を見た方は。
 「この『竹光(たけみつ)』って…『かぐや姫』に出ていた『光る竹』か!」
 …なんて、誤解(ごかい)したりするかもですね。
 その場合、「竹光を振る」という言葉がヤバいことに


 ちなみに筆者は「竹光」の刀身(刃の部分)の色を、
 勝手に「茶色」…まず「光らない」感じにイメージしていたのですが。


 しかしWikipediaによれば、
 「竹光」の刀身には、銀箔(ぎんぱく)等が貼(は)られたりもするようですね。
 なので、ネット画像で見た「竹光」は銀色(ぎんいろ)も多く、
 けっこう輝(かがや)いて…「光って」いたりしました。

 
 なので、今の「竹光(たけみつ)」(の一部)は、
 「(銀色に)光る竹(の刀)」と言えるかも?
 まあだからといって、別にかぐや姫には出てきませんが。
 でもどこかで「竹」を見ることがあれば、色々思い出してみても面白いかもですね。




 まあそんな感じで~。






◆用語集
・竹光(たけみつ):
 ちなみにカードゲーム『遊戯王』(遊戯王OCG)には「竹光」系のカードが結構多かったりする。
 例えば《折れ竹光》や《燃え竹光》など状態が心配な物もあれば、《黄金色の竹光》、《妖刀竹光》、《魂を吸う竹光》など強そうな物もある。
 似てる語:「竹縄(たけなわ)」*1、「たけなわ(酣、闌)」


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com