のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/24 国語:「ろくでなし」と「水平(すいへい)」の関係! ~テレビ番組『チコちゃんに叱られる!』からの紹介~

国語の話ー。

昨日見たテレビ番組『チコちゃんに叱られる!*1から
「ろくでなし」という言葉についての話を。

用事があるので簡単に。


前置き。

昨日見たテレビ番組『チコちゃんに叱られる!』で「ろくでなし」という言葉の語源(の一説)が紹介されていました
「ろくでなし」というのは「ちゃんとしてない人物」「だらしない人物」などを表す言葉ですね。


この「ろく」というのは「陸(ろく)」であり、「平らである」とか「水平(すいへい)である」と言った意味らしいです。
そして「ろくでなし」というのは「陸(ろく)でなし」、つまり「水平でない」、「ちゃんとしてない」、ということですね、

この「陸(ろく)」というのは建築現場では結構使う言葉のようで、
水平に「打つ」…線を引く墨を「陸墨(ろくずみ)」といったりするそうです。


ちなみにこの「陸(ろく)」に似た単語には英語の「level(レベル)」というものがありますね。
ゲームとかでは主にキャラクターの強さや「段階(だんかい)」を表す言葉として出てくる印象ですが、
他にも「level」には「水平な」といった意味もあります。
なので建築でも水平な状態を「レベル」と言ったりもするみたいですね。



「ろくでなし」など、悪そうな感じの言葉はちょっとカッコよく見えたりしますが、
その意味が「水平でない」と考えると、「まっすぐ立ててない感」が出てしまって、
ちょっとカッコ悪く思われてしまうかもしれません。


「俺はろくでなしだからよ…」などといった言葉を決め台詞にされている方は、
ちょっと気を付けておいた方がいいかもしれませんね。


まあそんな感じで~。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com