のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

10/6 国+英他:「討論(とうろん)」の「討(とう)」は「攻撃(こうげき)」ですか? ~「討」の2つの意味の話~

 国語+英語+こころの話ー。


 今日は10月6日…10(とう)・6(ろ)の日ということで、
 話し合いを表す言葉「討論(とうろん)」と、
 そこに含まれる「討(とう)」の意味についての話です。



 前置き。
 まず「討論(とうろん)」というと、話し合いのことですね。
 いろんな意見を出し合って、みんなで考える感じです。
 ちょうど先日もアメリ*1で次期大統領候補の討論が行われたようですし、
 また対応する英語の「debate(ディベート)」*2「discussion(ディスカッション)」などの言葉もあるので、聞きなじみがある方は多いかもしれません。


 そんな「討論」には「討(とう)」という字が含まれていますが。
 ところが「討」というと関連語は「討(う)つ」とか「討伐(とうばつ)」とか、
 話し合いというよりは「倒(たお)す」という感じのものも多いですね。
 

 そこが気になって漢和辞典を調べてみると
 「討」の字には①「悪人を攻める」とか「殺す」等の意味があるとのことでした。
 上に書いた「討伐(とうばつ)」などはこちらの関連語ですね。


 ただ一方で②「たずねる」「たずねきわめる」等の意味も載っていました。
 いろんなことを質問したり、調べたりする感じですね。
 こちらには「検討(けんとう)」や「討議(とうぎ)」などが関係していそうです。


 実は、漢和辞典による文字由来の解説も2つありまして。
 「討」の由来は①「罪人を言葉で責めること」という説と、
 ②「話し合いによって正しくおさめること」という説の、両方が載っていました。
 だからどちらが正しい意味というよりは、その両面を「討」の字は持っているのかもしれません。


 例えば筆者は「討論」の「討」は②の「話し合い」の方かと思いますが、
 ただ一方で、話し合いとかディベートでは、相手に「勝ちたく」なるところもあります。「相手を言葉でやりこめてやろう」って感じですね。
 そんな風に「攻撃的」になった「討論」は、
 「討」のもう一つの意味、①の「罪人を責める」とか「攻める」方に近くなっているのかもしれません。


 その意味では「『討論』の『討』は『攻撃(こうげき)』*3のことだ!」ともいえ、
 またそちらを「正しい」と思っている方もおられるかもですね。


 まあ何がいいか悪いかは筆者にはわかりませんが、
 「討論」や話し合いが、いろんな目的を持つことがあるのは重要かもしれません。


 例えば、勝ち負けなしに話し合って意見を出す「討論」もあれば、
 逆に勝ち負けをつけるゲームとしてのディベート…「討論」もあるかと思います。
 しかしその目的が相手と食い違っていては、お互いやりづらいかもですね。


 なので討論の時に「相手と食い違っているかも?」と思ったときは、
 「これは何のために話し合う場だっけ?」ということ、
 いうなれば「この『討論』の『討』は何の意味なのか?」ということを、
 まず「討論」して確認してみてもいいかもですね。



 まあそんな感じで~。




◆用語集
・討論(とうろん):
 関連用語:「国会(こっかい)」*4、「三権分立(さんけんぶんりつ)」、「ダブルスタンダード*5、「突破(とっぱ)」*6


・討(とう):
 関連語は多く、例えば「討伐(とうばつ)」、「検討(けんとう)」、「追討(ついとう)」などがある。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com