のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/28 理+歴他:「女神(めがみ)」は「サングラス」を作りますか? ~元素「セリウム」と女神「ケレース」の話~

 理科+歴史+英語の話ー。
 別に女神さまがサングラス職人、という訳ではありません。


 色々使われる元素「セリウム(cerium)」と、
 その由来になった準惑星、また女神「ケレース(Ceres)」についての話です。

 簡単に。


 前置き。
 筆者は、理科で出てくる「元素(げんそ)」についてちょっと調べていたのですが。
 その中の「セリウム」という元素の由来が面白かったので、その話を。


 まず「セリウム(cerium)」というのは、58番目の元素ですね。
 大まかな種類としては「金属(きんぞく)」に属します。


 この「セリウム」はWikipediaなどによれば、ガラスの研磨剤(けんまざい)や蛍光灯(けいこうとう)に使われたりするようですね。
 あと酸化(さんか)すると(酸化セリウムになると)紫外線(しがいせん)を吸収するようになる、ということで「サングラス」に使われたりするようです。
 (ちなみにサングラスは黒っぽくて日差しから目を守る眼鏡(めがね)*1のことですね)
 その意味では夏にお世話になる人が多そうな元素ですね。


 で、そんな「セリウム」の名前の由来ですが、
 Wikipediaなどによれば、準惑星の「ケレス(Ceres)」という星に由来するそうなのですが。
 さらに、この「ケレス」という星の名前も実は、ローマ神話の女神「ケレース(Ceres)」(または「セレス」)に由来するとのことです。


 なので順番としては

ローマ神話の女神「ケレース(Ceres)」
→②惑星「ケレス(Ceres)」(セレス)
→③元素の「セリウム(Celium)」

 みたいな感じですね。


 上にも書きましたが、元素「セリウム」はサングラスにも使われたりするそうです。
 言ってみれば「女神(に由来する名前がついた元素)がサングラス(の一部)を作っている」という感じですね。無理やりですが。

 当然、女神「ケレース」が直接サングラスを作っているわけではないのですが、
 でも宗教が盛んだった昔の時代だと、「女神さまが目を守る眼鏡(サングラス)を生み出してくれたぞ!」という物語はありそうですね。


 今度「サングラス」を見た時は、そんなことをイメージしてみても面白いかもしれません。
 その一部は「セリウム」から作られているかも?


 まあそんな感じで~。




◆用語集
・セリウム(cerium):
 元素の一つ。周期表では58番目の元素。


・ケレス(Ceres)【準惑星】:
 準惑星の一つ。


・ケレース(Ceres):
 ローマ神話の実りの女神。
 Wikipediaによればギリシャ神話の女神「デメテル*2と同一視されるとのこと。
 ちなみに昔のゲーム『デジモン』シリーズには「ケレスモン」というデジモンも存在するようだ。
 関連用語:「地母神(ちぼしん)」*3


・サングラス:
 太陽の日差しから目を守るための眼鏡。
 英語では「sunglasses(サングラッシーズ)」。
 関連用語:「色眼鏡(いろめがね)」*4、「麦わら帽子」*5




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com