のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

5/15 国+英他:「浄土(じょうど)」は「ピュア」な「ランド」ですか? ~仏教の「浄土」についての話~

 国語+英語+歴史の話ー。


 仏教*1の用語「浄土(じょうど)」と、
 その英訳から「pure(ピュア)」といった言葉についての話です。


 前置き。
 例によって、筆者はちょっと和英辞典で調べものをしていたのですが、
 そこで「浄土(じょうど)」という言葉の英訳に「Pure land(ピュア・ランド)」というものがあるのを見つけました。。
 面白かったので、そこら辺の話を。


 まず「浄土(じょうど)」というのは仏教の用語の一つですね。
 ざっくり言うと「仏様(ほとけさま)たちが住む、汚れのない世界」みたいな感じです。
 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、「極楽浄土(ごくらくじょうど)」と言ったりしますし、
 「極楽(ごくらく)」や「天国(てんごく)」に近い感じの場所かもしれません。


 では、浄土に「汚れがない」とはどういうことか?といいますと。
 仏教では「現世(げんせ)」、つまり今の人間の生きてる世界は「煩悩(ぼんのう)」や、悩みがいっぱいの世界とされたりするようです。
 「煩悩」とは「欲望(よくぼう)」であり、これに捕らわれている内は苦しみが続くと。例えば「欲が深いほど、手に入らない物も多く思えて苦しい」みたいな感じですかね。


 で、悟りきれないうちは現世をぐるぐる「輪廻(りんね)」する…生まれ変わり続けるみたいな世界観のようです。
 (※ここら辺の解釈(かいしゃく)は宗派によっても違うかもしれません)
 浄土はそう言った、煩悩・欲望の汚れがない世界なわけですね。


 なので、そういう意味では「浄土(じょうど)」の英訳が
 「Pure land(ピュア・ランド)/清浄な地」であるのはある意味納得かもしれません。
 「pure(ピュア)」が「きれいな」「清らかな」、「land(ランド)」は「土地(とち)」や「場所(ばしょ)」という意味ですね。


 …ですが、「ピュア」という言葉は日本のカタカナ語でも結構使うので、ちょっと面白い響きですね。
 昔は生活が苦しいあまりに、浄土へ行くことを願った人々もいたようです。
 でも「今の生活が苦しいから、浄土に行きたい…!」というのと、
 「今の生活が苦しいから、ピュアランドに行きたい」というのでは、なんかイメージが違いますね。
 意味は変わっていないはずなのですが、後者はなんか「遊園地に行こうとしている感」が出てしまいます。


 まあちょっとシュールなネタではありますが、
 歴史の授業とかで「浄土」や関連する言葉を学ぶとき、「難しいな…」と思ったら、
 浄土の訳の一つに「ピュアランド」があるというのを思うと、ちょっと面白いかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。





追記
 ちなみに「浄土」の反対語は「穢土(えど)」、つまり「穢(けが)れた/汚れた世界」なのですが、
 これは「人間の生きてる世界」とされるようです。
 「煩悩とかで汚れた世界」みたいな感じですね。
 これの英訳は辞書になかったのですが、
 浄土が「Pure land」であることを考えると、穢土は「Dirty land(ターティ・ランド)/汚れた地」とかになるかもしれません。


◆用語集
・浄土(じょうど):
 仏教における、仏さまたちが住む世界。
 英語では「Pure land(ピュア・ランド)」や「Paradise(パラダイス)」など。
 今回は「Pure land(ピュア・ランド)」の方をメインに記事を書いたが、「Paradise(パラダイス)」のイメージも相当面白い。
 「浄土へ行きたいなー」というのが「パラダイス行きたいなー」となる。謎のイメージ変更力。
 ところで煩悩から解き放たれた世界なので、ここにおられる方々の精神も「清浄」であると思われるが、
 今の日本で使われる「あの子ピュアだよねー」といった言葉から考えていくと、「精神的に清浄(ピュア)な人々が暮らす場所」というと若干面白い感じにならなくもない。まあ言葉の意味が違う、と言えばそれまでなのだが。
 ちなみに「浄土教(じょうどきょう)」というものもある。
 関連用語:「浄土真宗(じょうどしんしゅう)」*2
 関連楽曲:『極楽浄土(ごくらくじょうど)』*3


浄土教(じょうどきょう):
 仏教の中の考えの一つ。
 Wikipediaによれば「阿弥陀仏(あみだぶつ)の極楽浄土に往生(おうじょう)し成仏(じょうぶつ)することを説く教え」とのこと。
 すごいざっくり言うと「阿弥陀仏を信じてお経などを唱えることで、浄土に生まれ変われることを目指そう」という教え、みたいな感じか。


・浄(じょう):
 綺麗(きれい)であることや、綺麗にする、汚れを取るといった意味の漢字。
 関連する言葉には例えば上記の「浄土(じょうど)」の他、「浄化(じょうか)」*4、「浄水器(じょうすいき)」、「清浄(せいじょう)」、「洗浄(せんじょう)」、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」などがある。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com