のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

5/16 国語:「玄関(げんかん)」は「レベルアップの門(もん)」ですか?

 国語の話ー。
 玄関を出たり入ったりするだけでレベル上がるわけではないので悪しからず。


 建物の「玄関(げんかん)」という言葉についての話です。

 遅くなってしまったので簡単に。


 前置き。
 先日ブログのまとめをしてて、「玄関(げんかん)」という文字が目に留まったのですが。
 そういえば「玄関」とはどういう意味なのか、ということが気になりました。
 「玄(げん)」という字には「黒い」という意味もありますし、何か玄関が黒かったりするのかな…?
 と思いつつ調べてみました。


 Wikipediaによれば、「玄関(げんかん)」とは、
 もともと中国の宗教「道教(どうきょう)」や、「禅(ぜん)」の用語であるのだとか。
 そして「玄妙(げんみょう)の道に入る関門(かんもん)」という意味だとのことです。


 ではこの「玄妙(げんみょう)」とは何か?と、辞書やネットでさらに調べてみると
 大体「道理(どうり)や技の冴えが奥深く、すぐれていること」あるいは「専門家にしかわからないこと」みたいな感じでした。
 ざっくり言うと「言葉や技術が奥深くて、レベルが高い」みたいな感じですね。
 なので言い換えると、「玄関」というのは「レベルが高い道に入るための関門」ということになるかもしれません。


 ただWikipediaによれば「玄関」が、一部の建物の出入り口を指していたのは昔のことであり、、
 明治時代辺りから、一般の建物にも使われるようになったそうです。
 そう考えると、「玄関」にもう特別な意味はないかもしれませんが…。 


 ただ、今でも専門技術を教えてくれる建物や学校はあったりしますね。
 なのでそういうところの「玄関」は
 まさしく「レベルアップする(妙の道に入る)ための門」といえるのかもしれません。
 何か技術などを身に着けたい時は、良い「玄関」を選ぶといいのかも?



 まあそんな感じで~。




追記
 「玄妙(げんみょう)」などの「玄」は、とりあえず「黒」という意味の「玄」というわけではなさそうですが、
 ただ「奥深いものはなかなか見通せない」という意味では、多少「黒」のイメージは関わっているかもしれません。
 まあ仮説ですが。
 また、何かの上級者(じょうきゅうしゃ)や専門家(せんもんか)のことを「玄人(くろうと)」ということもあるので、こちらが関わっているかもしれませんね。



◆用語集
・玄関(げんかん):
 関連用語:「入口(いりぐち)」*1、「登竜門(とうりゅうもん)」*2、「玄武(げんぶ)」*3


・玄関を出たり入ったりするだけでレベルが上がる:
 ゲームのバグ技・裏技(うらわざ)でありそうである。
 ちなみにゲーム界には「乱数調整(らんすうちょうせい)」という技もあったりする。


・乱数調整(らんすうちょうせい):
 ゲームなどで、ランダムに決まっているはずの数字(「乱数(らんすう)」)を、特定のやり方で操作する方法。
 関連用語:「TAS」*4


・乱数(らんすう):
 ランダムに決まる数。次に何が出るか決まっていない、自動的に決まる数。
 サイコロを振って出た数、みたいな感じ。
 英語では「random number(ランダム・ナンバー)」。
 昔はコンピュータで完全な「乱数」を再現するのはちょっと難しいとされていた。
 決められた動作をするプログラムに対して「自由にやってみて!」というのは難しいということかもしれない。
 なので、例えばコンピュータ・ゲーム中でサイコロを振る場面でも、なんか出る数字が偏っていた(連続で2の目ばっかり出るとか)、みたいなことがあったりしたようだ。
 関連用語:「変数(へんすう)」*5、「関数(かんすう)」*6



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com