のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

1/2 英+社他:「よその人(stranger)」と「新しいもの」の話! ~あと「インティメイト・ストレンジャー」の話~

 英語+社会+こころの話ー。


 何となく思い出した「インティメイト・ストレンジャー」という語をきっかけに、
 「stranger(ストレンジャー)」という語について考える話です。


 割と雑文なのでご容赦を。


 前置き。

 筆者は昨夜、NHKのテレビ番組『NHKバーチャル紅白歌合戦』というものを見てまして。
 そこでは「バーチャルYoutuber*1の方や、現実のアニメ歌手の方、はたまた演歌歌手の方などが出演しておられました。
 で、そこから「インティメイト・ストレンジャー」という単語を思い出したので、その話を。


 まず「インティメイト・ストレンジャー(intimate stranger)」というのは、
 「ネット上では親密だけど、実際には会ったことがない人」ということらしいです。
 (※筆者の手元にある『現代社会 用語集』参考)

 「intimate(インティメイト)」が「親密(しんみつ)な」、「親しい」で、
 「stranger(ストレンジャー)」が「見知らぬ人」や「外国人(がいこくじん)」*2といった意味ですね。


 昨日のテレビ番組では、筆者が主に「ネット上」で見る方々も出ていたので、
 何となくこの語を思い出した感じです。
 今は「SNS」*3や「動画サイト」上の交流も多いかと思うので、上記の関係の人は多そうですね。


 ちなみに「stranger」の関連語に、「strange(ストレンジ)」というのもあります。
 この「strange(ストレンジ)」は「奇妙(きみょう)な」、「見知らぬ」という意味の言葉なので、
 「自分にとって奇妙(strange)に見える人」→「よそから来た人(stranger)」みたいな感じかもしれません。


 こう書くと「stranger(ストレンジャー)」がネガティブに見えるかもですが、
 考えてみると自分にとって「新しいこと」というのは、どこか「奇妙」に見えるものかもしれません。
 そこにはよく言えば、「刺激(しげき)」や「発見(はっけん)」と言えるものもあるかも。


 とすると「stranger」は、言い換えるなら、
 自分にとって刺激とか発見とか、
 そういう「新しいもの(something new)」を運んできてくれる人という可能性もありますね。
 (もちろん、悪いものを持ってくる場合もあり得ますが)


 さて、今年2020年は「東京オリンピック」の年であり、
 外国*4の方…さっくり言うなれば「よそから来た人(stranger)」と会うことが多いかもしれません。

 そして冒頭にあげたような「バーチャル」関係や、「AI」関係もさらに発達し、
 違った種類の「自分が慣れてない人(stranger)」と会うことになるかも。
 (例えば「接客ロボット」とかは今後増えそうですし)


 新しい出会いは疲れやリスクもありそうなので、
 「どんどん知り合おうぜ!」とは手放しに言いづらいですが。

 でもそこに何かしら素敵な「新しいもの」があって、
 お互いにちょっと「親密(intimate)」になれると、楽しいかもですね。


 本来の「インティメイト・ストレンジャー」の意味とは違う気もしますが、
 そんなことを考えた次第でございます。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに「現実でよく見るけど話したことがない人」は、
 「ファミリア・ストレンジャー(familiar stranger)」というようです。



◆用語集(※人名等、敬称略)
・「インティメイト・ストレンジャー(intimate stranger)」【用語】:
 ちなみに音楽アルバムには『インティメット・ストレンジャー』というタイトルのものもあるようだ。


・『インティメット・ストレンジャー』【音楽・アルバム】:
 Wikipediaによれば、1978年に発売された「トム・スコット」氏のアルバム。


・「トム・スコット(Tom Scott)【音楽・人物・ジャズ】:1948年-。
 Wikipediaによればアメリカ合衆国ロサンゼルスの、「ウェスト・コースト・ジャズ」、「フュージョン」を代表するサックス奏者で作曲家、とのこと。


・「ウエストコースト・ジャズ(West Coast Jazz)」【音楽】:
 Wikipediaによれば、1950年代、アメリカ合衆国ロサンゼルスを中心とする、アメリカ西海岸一帯で演奏されていたジャズ*5の総称、とのこと。


フュージョン(Jazz fusion、Fusion)【音楽】:
 Wikipediaによれば、1970年代半ばに発生した、ジャズを基調にロックやラテン音楽電子音楽、時にはクラシック音楽などを融合*6(フューズ)させた音楽のジャンルである、とのこと。
 ジャズの派生ジャンルとされているらしい。

・サクソフォーン/サクソフォン/サックス【音楽】:
 木管楽器(もっかんがっき)の一種。


・stranger(ストレンジャー)【英単語・名詞】:
 ちなみにアメリカのSFホラードラマに『ストレンジャー・シングス』というタイトルの作品もある。
 関連用語:「異邦人(いほうじん)」、「foreigner(フォーリナー)」、「invader(インベーダー)/侵略者(しんりゃくしゃ)」*7


・strange(ストレンジ)【英単語・形容詞】:
 ちなみにアメコミ…というかマーベルの作品には「ドクター・ストレンジ」というヒ-ローもいる。
 また『Life is Strange(ライフ イズ ストレンジ)』という名前のゲームもある。
 あと漫画・アニメ作品で『ストレンジ・プラス 』という作品もある。


・『Life is Strange(ライフ イズ ストレンジ)』【ゲーム】:
 関連人名等:「Hana Macchia(ハナ・マキア)」*8【バーチャル】


・familiar(ファミリア)【英単語・形容詞】:
 「よく知られた」、「見覚えのある」、「親しい」などの意味を持つ英単語。
 関連用語:「使い魔(つかいま)/familiar spirits(ファミリア・スピリッツ)」*9、「家族(かぞく)/familiy(ファミリー)」*10


・『NHKバーチャル紅白歌合戦』:
 NHKのテレビ番組。
 名前の似ている『V紅白歌合戦』とは別番組・別企画である。


・『V紅白歌合戦(ブイこうはくうたがっせん)』:
 バーチャルyoutuber「歌衣メイカ」さんのチャンネルにて配信された、バーチャルYouTuberの大型音楽企画。
 第1回は2018年に開催。司会(しかい)は「歌衣メイカ」さんと「天開司」*11さんが担当した。


・歌衣メイカ(うたい・メイカ)【バーチャル】:
 バーチャルYoutuberの方。
 女性の外見だが、いわゆる「バ美肉*12の方のようである。でも男性モデルもあるようだ。
 また「バーチャルコスプレイヤー」でもあるらしい。
 色んなイラストを描いたり、上記のように司会を務めたり、多芸なご様子である。
 関連人名等:「葛葉(くずは)」*13


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:バーチャルYoutuber」については 3/23 社会:「外見」を変えるのは、「着替え」より楽!? ~「なりすまし詐欺」、「プリクラ」、「バーチャルYoutuber」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「外国人(がいこくじん)」や「異邦人(いほうじん)」、「foreigner(フォーリナー)」については 1/14 歴+美:(だいたい)年に1度は引っ越しする人!? ~「葛飾北斎(かつしかほくさい)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「SNS(エスエヌエス)」については 6/4 社会:「SNS(エスエヌエス)」についてのメモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「外国(がいこく)」については 3/18 社会:「外国(がいこく)」 ~知ってるようで知らないもの~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:音楽ジャンルの「ジャズ」については 6/22 英+音:「音楽(おんがく)」関係の英単語7つ! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「融合(ゆうごう)/fusionなど」については 6/26 英語:似た言葉比べ/「合成(ごうせい)」・「合体(がったい)」・「融合(ゆうごう)」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:侵略者(しんっりゃくしゃ)などの意味を持つ英単語「invader(インベーダー)」については 1/7 英+ゲーム他:「侵略者(しんりゃくしゃ)」なのに喜ばれた!? ~「invader」と『スペースインベーダー』~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:インドネシアの「NIJISANJI ID」所属バーチャルライバー「Hana Macchia(ハナ・マキア)」さんについては 2/20 社会:悪→善チェンジ ~ランダは白魔術を覚えた!~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:英語では「familiar spirits(ファミリア・スピリッツ)」ともいう用語「使い魔(つかいま)」については 7/29 英語:「serve」/サーブ、サーバー、サーヴァント! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:英語では「family(ファミリー)」ともいう言葉、「家族(かぞく)」については 9/14 英+生:「家族(かぞく)」についての英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:バーチャルYoutuber「天開司(てんかい・つかさ)」さんについては 1/30 社+国他:あなたは「麻布」を読めますか? ~あざぶ、あさぬの、まふ、あさふ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:バ美肉」こと「バーチャル美少女受肉」については 8/26 ゲーム:色々気になった言葉メモ(ゲーム系多し) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:にじさんじ所属のバーチャルライバー「葛葉(くずは)」さんについては 12/23 英語:ファンタジー/素材(material)の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。