のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/18 こころ+英:「ネガティブ(negative)」も時には必要ですか? ~「negative」と「否定(ひてい)」の話~

 こころの話+英語の話ー。
 別に「皆で暗い気持ち(ネガティブ)になろうぜ!」という話ではありません。


 「後ろ向き」のイメージもある言葉「negative(ネガティブ)」と、
 その意味の一つ「否定(ひてい)」などの話です。



 前置き。
 昨日、心に関する「コンプレックス」*1の記事を書いたのと、
 今日の11月18日…という数字の並びが、
 (否定としての)「いいや(118)」という言葉っぽく思えたので、
 「否定(ひてい)」や心の状態を表す言葉、「neative(ネガティブ)」の話を。


 まず日本での「ネガティブ(negative)」は、「後ろ向き」の意味の印象ですね。
 大体「陰気(いんき)」、「あまり乗り気でない」、「考え方が暗い」という風に使われている感じがします。
 逆に、対義語の「ポジティブ(positive)」*2は「明るい」、「前向き」という感じで、こちらの方が人気がある気がしますね。


 こう書くと「じゃあ全部ポジティブの方がいいかな?」とも考えたくなりますが、
 実は、それはそれで困るかもしれません。
 なぜなら「ネガティブ」という言葉には、「否定(ひてい)」に関する色んな意味があるからですね。


 というのも英和辞典で「negative(ネガティブ)」を調べてみると、
 形容詞では「消極的(しょうきょくてき)な」等の意味もありますが、
 名詞では「否定(ひてい)」「否定文(ひていぶん)」*3等の意味があるようです。
 (ちなみに「否定(ひてい)」は「何かを違うと言うこと」や「断ること」、
  「否定文(ひていぶん)」は何かを否定する文のことですね。
  英語の教科書ではよく出てきたりします)


 なのでもし「ネガティブ(negative)」が全く使えなかったら、
 ある意味「否定(negative)」や「否定文(negative)」やも使えなくなるわけで。
 すると相手の言葉を「否定(negative)できない、断れない」ことになるので、
 誰かに間違ったことや無茶を言われたり、悪いことに誘われた時に困りそうですね。


 それでは実生活も大変そうですので、
 「時には『ネガティブ(negative/否定)』も必要!」と言えるかもしれません。
 相手に全て従うことが、良いこととは限りませんしね。


 ちなみに、あくまで傾向(けいこう)の話ですが。
 日本人は「断るのが下手」とか「つい空気を読んで合わせてしまう」という話もあるようで、(本などを読むに)それで苦労しておられる方も多いようですね。
 対人関係で悩んだり、自信を失ったりもするようです。


 「相手に嫌われたくない」と思うと、「否定」はしづらいものですが。
 でも無理に全てを「肯定(こうてい)」…受け入れつづけても、
 やがて自分が嫌いになって、それこそ自分に「否定的(negative)」になってしまうかも?
 逆にこまめに「否定(netgative)」の意を表した方が、かえってストレスは溜まらずに済むかもしれません。
 

 なので「自分が『ネガティブ』なのが嫌だ…」という方は、
 もちろん反対の「ポジティブ」を目指してもいいのですが。
 逆に「うまい『否定(negative)』の表し方」について、考えてみるのもいいかもですね。



 まあそんな感じで~。



◆用語集
・negative(ネガティブ):
 関連用語:「負の符号/negative sign(ネガティブ・サイン)」*4、「陰イオン/negative ion(ネガティブ・イオン)」*5、「諦める(あきらめる)」*6、「陰キャラ」*7、「陽キャラ」、「ネガポジ反転」*8*9


・否定(ひてい):
 英語では「denial(ディナイアル)」、「negation(ニゲイション)」、「disavowal(ディサヴォーワル)」など。
 関連用語:「剝奪(はくだつ)」*10、「spoil(スポイル)/台無しにする」*11、「デカフェ*12、「デバフ」、「集合(しゅうごう)」*13
 関連記事:『数学の集合に関する英語セブン』



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「コンプレックス」については 11/17 こころ+英他:「優越感(ゆうえつかん)」もまた「コンプレックス」ですか? ~色んな「complex(コンプレックス))」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「ポジティブ(positive)」については 1/5 理+英他:「ポジティブ(positive)」も時には不要(ふよう)ですか? ~「positive(ポジティブ)」と「陽性(ようせい)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「否定文(ひていぶん)」については 12/7 英語:「I am」でたらめ翻訳(ほんやく)のお遊び - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:英語では「negative sign(ネガティブ・サイン)」ともいう数学の「負の符号」については 1/6 数学:等式(とうしき)/つり合いをとるゲーム! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:英語では「negative ion(ネガティブ・イオン)」ともいう「陰イオン」や「イオン」については 10/28 理科:失うことで得るものがある!? ~陽イオンのでき方~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「諦める(あきらめる)」については 12/14 国語:「帝(みかど)」に「言(い)」われて、「諦(あきら)め」ますか? ~「諦める」と「明らめる」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:おとなしめの性格などを表す言葉「陰キャラ(いんキャラ)」、また対義語の「陽キャラ(ようキャラ)」については 6/7 歴+国他:「キャラ」と言ったら「黒(くろ)」ですか? ~香木(こうぼく)の「伽羅(きゃら)」と「黒」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:写真などの白黒が逆になること「ネガポジ反転(はんてん)」については 1/6 国+英他:「反転(はんてん)」は「始動(しどう)」につながりますか? ~色んな「turn over(ターン・オーバー)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「反応(はんのう)」については 11/27 英語:「photo-」/フォトとフォトンとフォトケミカル! ~写真(しゃしん)と光化学スモッグ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「剝奪(はくだつ)」については 9/4 社会+ゲーム他:「イヤな世界」から「権利(けんり)」を学ぶ!? ~自作ゲーム『権利剥奪(けんりはくだつ)ディストピア』~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「台無しにする」という意味がある英語「spoil(スポイル)」については 10/29 英+こころ:「ネタバレ(spoil)」は何かを「台無し(だいなし)」にしますか? ~「ネタバレ」と「spoil(スポイル)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:否定の意味の接頭辞「de-」が関わっている言葉「デカフェ」や「デバフ」については 9/12 生+英他:これは「カフェイン」抜きのコーヒーですか? ~「デカフェ」と「カフェイン」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「集合(しゅうごう)」や記事『数学の集合に関する英語セブン』については 11/8 数+英:数学の「集合(しゅうごう)」に関する英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモを参照。