のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

9/4 社会+ゲーム他:「イヤな世界」から「権利(けんり)」を学ぶ!? ~自作ゲーム『権利剥奪(けんりはくだつ)ディストピア』~

 社会+生活+ゲームの話ー。

 権利(けんり)*1や法律(ほうりつ)*2が守られない時を考えてみる自作ゲーム
 『権利剥奪(けんりはくだつ)ディストピア』の話です。


※色々考えてみるので、ちょっと怖い話も含まれています。
 横暴な人、勝手な人、あと脅しが苦手な方はご注意を。


 前置き。
 筆者は時々、現場で社会科を教えたりするのですが、
 そんなとき「法律(ほうりつ)」や「権利(けんり)」という物がわかりにくい、という声を聞くことがあります。


 確かに、初めて習う側にすれば「何でこんないっぱいあんの?」って気分かもですね。
 それに「~~の権利を有する」と言われても、慣れていると「何でわざわざ言うの?」と思うかもしれません。
 「守られているのが当たり前じゃないの?」と思うと、興味もわきにくそうです。


 そんな時、筆者はよく、「その法律や権利が守られない場合」の話をしたります。
 それは割とわかりやすいみたいなので、ゲームっぽくしてメモっておきます。
 (まあどっかに既にありそうですが)

 
 名づけて「権利剥奪(けんりはくだつ)ディストピア」!
 (ちなみに「ディストピア」というのは、まあ「わりと絶望的なイヤな社会」みたいな感じです)


☆ゲーム名:『権利剥奪ディストピア

①教科書や資料集などから、何か一つ、
 「法律(ほうりつ)」や「権利(けんり)」と呼ばれるものを選んでみましょう。
 何でもいいです。

②そしてそれを「失った状態」を考えてみましょう。
 例えば「生存権(せいぞんけん)」が、「生存できる権利」であり、「誰でも生存権を持っている」としましょう。
 それを失った状態は、「私には生存できる権利はない」みたいな感じになりますね。

 ちなみに、文章の主語を「お前」にして、言われている感じにすると、イヤさとリアル感が増します。
 例えば生存権だと「お前には生存する権利はない」、
 あるいは「お前の生存(命)は他の誰かに左右される」みたいな感じですね。
 ただあんまりリアルにすると怖いのでほどほどに。

③イメージしにくければ、「ワルーイ・ノッポ」という人物がこの国を支配して、好き勝手に変えている…、とかでもいいです。
 そしてあなたに何かを言っている、という感じです。


 …みたいな感じですね。


 一つ一つやるのは面倒なので、まとめちゃいますと。
 権利が保障されない国で独裁者「ワルーイ・ノッポ」が言うことは、例えば次のような感じになります。


☆ワルーイ・ノッポの宣言 

 ~あなたは取り調べ室で拘束されてこれを聞かされている~

「いいか、よく聞け。
 お前に自由はない。お前の行動はすべて俺が決める。 (「自由権」の否定)
 お前は平等には扱われない。お前の扱いはすべて俺が決める。  (「平等」の否定)
 俺は性別、人種、能力、財産、宗教で、好きにお前らを差別する。 (色んな「平等」の否定、差別禁止の否定)。

 お前に身体の自由はない。お前の体はすべて俺が所有する。 (「身体の自由」の否定)
 お前に自由な考えは許されない。お前の考えることは俺が決める。 (「精神の自由」の否定)
 俺はいつでもお前を殺すことができる。 (「生存権」の否定)

 お前は俺が決めた相手と嫌でも結婚し、 (「婚姻の自由」の否定)
 お前が犯罪を犯した時は、お前を拷問し、あることないこと全てしゃべらせる。 (「拷問の禁止」の否定)

 仕事は俺が選ぶ。 (「職業を選ぶ権利」の否定)
 だがお前は財産は持てない。お前が稼いだ金はすべて俺の懐に入る。 (「財産権」の否定)
 物も持ってもいけない。 (「所有権」の否定)
 住むところはこちらが決める。場合によっては移ってもらう。 (「居住権」の否定)
 でもお前の生活が貧しくても、俺は何の責任も持たない。 (「社会権」の否定」)
 汚水の垂れ流される劣悪な環境でもだ。 (「環境権」の否定)
 だが仕事に何か言ってはいけないし、他の奴と協力してもいけない。 (「労働三権」の否定)
 もちろんお前は政治に何も言ってはいけない。 (「参政権」の否定)

 お前に幸福を追求する権利などない。 (「幸福追求権」の否定」)
 だがお前は何も知ってはならないし、 (「知る権利」の否定)
 こちらの指定すること以外学んではならない。 (「学ぶ権利」の否定)
 出し抜こうとしても無駄だ。お前の行動はすべて監視しているし、公開される。 (「プライバシーの権利」の否定)



 さあ、こちらの言うことを聞くんだ。さもなくば殺す」


 …って感じですかね。
 かなりクレイジーで物騒な文になりました。怖かった方にはすみません。
 が、権利が無いとまあこんな感じになります。
 「戦争」とかの時、あるいは一部の「独裁(どくさい)」*3
国で何が起こるか、と考えてもらうとわかりやすいかもです。

 逆に、これらに比べれば今の状況は結構色んな権利が守られているかも、ということですね。
 (もちろんこれは「不満を持ってはいけない」という意味では全然ありません)


 「大事なものは失って初めてわかる」という言葉もありますが、
 「すでにそこにあるもの」のありがたみは見えにくいものです。
 普段から身を守ってくれている法律や権利もそうかもしれません。

 なので、それらについてどうもよくわからなかったら、
 いっそそれが「無くなった」場合の方から考えてみるといいかも知れません。



 まあそんな感じで~。



 関連用語:「政治(せいじ)」*4、「悪用(あくよう)」*5、「不正(ふせい)」*6、「政権(せいけん)」*7
 関連記事:「『人を奴隷にする権利』はあるのか」*8


追記
 法律や権利という物は、例え存在してはいても、いつでも守られるものではありません。
 極端なことを言えば、「人間以外のもの」には守ってもらうことは難しいと思われます。
 例えばホラーの怪物や災害相手には、「生存権」を守ってもらうのは難しいでしょう。
 また人間でも、犯罪者など、すでにルールを破った人は、あなたの権利を守ってはくれない可能性があります。
 そして犯罪者でなくても、命がかかった状況では、相手は自分のことを優先して、あなたの諸権利を守らない可能性もあります。
 もちろん命がかかってなくても、守らない可能性もありますし。

 そのため権利や法律というものは、「いつでも自分の回りにある、無敵のバリア」というわけではないわけですね。
 「じゃあ権利や法律って無駄じゃないか!?」と思うかもしれませんが、そうでもありません。日常生活では役に立つと思われます。
 逆に最初から法律がないと日常から互いがモンスターみたいな感じです。ストッパーが無いので。
 例えば「信号機(しんごうき)」が大地震の時には止まるかもしれないからといって、最初から信号機を失くしてしまうと、事故が多発する可能性が高いわけです。
 「役に立たない時がある」ということと、「全くの無意味」はまた違うわけですね。

 しかし法律は万能ではないことも事実です。有能ではあっても万能ではない。
 なので「この法律はどこまで効力を持つか?」「守られない時はいつか?」というのを確認しておくと、
 もしアクシデントに巻き込まれたときでも、ちょっと冷静に動きやすいかもしれません。


◆用語集
・剥奪(はくだつ):
 はぎとることや、奪い取ること。
 英語では「deprivation(デプリベーション)」。
 剥奪の「剥(はく)」は「剥ぎ取る(はぎとる)」、「剥がす(はがす)」などの意味の言葉。「剥製(はくせい)」の「剥」と同じである。
 ちなみにネット上では「子どもの貧困」に関して「剥奪指標(はくだつしひょう)」という用語も見受けられた。
 関連用語:「資格(しかく)」*9

ディストピア(dystopia):
 「理想郷(りそうきょう)」を意味する「ユートピア」の反対語。
 ざっくり言うとやべー世界。SFなどで描かれることが多い。
 Wikipediaによれば日本語では「地獄郷(じごくきょう)」や「暗黒郷(あんこくきょう)」とか言われるらしい。
 あと「ユートピアっぽく見えるディストピア」とかも多い。
 ちなみにカードゲーム『遊戯王』には《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》というカードや、《D-HERO ディストピアガイ》というモンスターがいたりする。


ユートピア
 イギリスの思想家「トマス・モア」氏が本の中で描いた理想の国の名前。
 転じて、「理想郷(りそうきょう)」を意味する言葉。
 「無何有郷」ともいう。ゲーム『東方Project』シリーズを知っている人はこの文字を目にしたことがあるかもしれない。
 ちなみにカードゲーム『遊戯王』には《D-HERO ダスクユートピアガイ》というモンスターがいる。
 ちなみにWikipediaユートピアのページには世界の理想郷伝説が色々載っている。
 例えば「アヴァロン」、「アガルタ」*10、「アトランティス*11、「アルカディア」、「エデン」*12、「エリュシオン」、「エル・ドラド」、「ザナドゥ」、「ジパング」、「シャンバラ(シャングリ・ラ)」、「ティル・ナ・ノーグ」、「桃源郷」、「常世の国」、「ニライカナイ」、「ヒュペルボレイオス」など。これらは映画やゲーム、または店名などにもよく使われるので、知っている人も多いかもしれない。


・「ティル・ナ・ノーグ」:
 ケルト神話の楽園の一つ。
 妖精が住み、「常若の国(とこわかのくに)」とも呼ばれるらしい。
 ちなみに同名で『ティル・ナ・ノーグ』という名前のゲームがあったり、「ティルナノーグ」という名前の競走馬がいたりするらしい。

・ヒュペルボレイオス:
 ギリシャ神話に登場する民族や、彼らが住む地のこと。
 Wikipediaによれば「北風(ボレアス、Boreas)の彼方(ヒュペル、hyper)に住む人々」ということらしい。
 『クトゥルフ神話』では「ハイパーボリア」といった名前で出てくる。

ボレアス
 ギリシャ神話の北風、または北風の神。風の神「アネモイ」の一人。
 ちなみに西風は「ゼピュロス」*13


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「権利(けんり)」については 7/7 社+英:色んな「ライト」の話! ~「権利(けんり)」と「光(ひかり)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「法律(ほうりつ)」については 3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「独裁(どくさい)」については 6/30 英+社他:auto/「独裁(どくさい)」への道は「自動(じどう)」ですか!? ~「auto」と「自動」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「政治(せいじ)」については 5/3 社会:政治(せいじ)ってなんだ?(メモ) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「悪用(あくよう)」については 2/14 社会:「悪用(あくよう)」 ~防げ!ワルーイ・ノッポの陰謀~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「不正(ふせい)」については 12/19 社会:都市運営ゲーム/「不正(ふせい)」編ですよ、市長! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「政権(せいけん)」については 12/26 社+国:その「政権(せいけん)」はどこ産ですか? ~「政権(せいけん)」や「政府(せいふ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:関連記事「『人を奴隷にする権利』はあるのか」については 9/25 歴史+生他:「人を奴隷(どれい)にする権利(けんり)」はあるのか ~時代によっても違う「権利」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「資格(しかく)」については 8/4 歴+生:日本初の(国家資格)「女性医師」! ~「荻野吟子(おぎの・ぎんこ)」さん、あと東京医科大学ニュースの話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「アガルタ」や「シャンバラ」については 1/8 歴+ゲーム:ロマンと理想は地下(ちか)にある!? ~伝説の地下都市「アガルタ」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:アトランティス」については 4/3 歴+ゲーム他:「赤(あか)」だったり「青(あお)」だったりする「金属(きんぞく)」!? ~伝説の金属「ヒヒイロカネ」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「エデン」については 12/11 歴史:モンスト、堕天使と西郷さんと作曲家の乱舞 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:西風の神「ゼピュロス」については 8/27 理+歴:恐竜(きょうりゅう)/神(かみ)、怪物(かいぶつ)、そして「福井県(ふくいけん)」!? ~名前の由来~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。