のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

10/2 国+英他:「プレミア」と「プレミアム」は違いますか? ~「premier(プレミア)」、「première(プルミエール)」、「premium(プレミアム)」~

 国語+英語+フランス語の話ー。
 サブタイがちょっと魔法の呪文みたいになってますが。 


 何かが珍しくて値段が上がるイメージの語「プレミア」と、
 英語の「premier(プレミア)/首位の」やフランス語の「première(プルミエール)」、
 そして英語の「premium(プレミアム)」などの話です。


 遅くなってしまったので簡単に。


(※今回調べている中で、すでにこのテーマを扱っておられるサイト様も複数見つけました。
  でも自分でも気になったので、メモとして一応書いておきます。
  もっと詳しく知りたい方は、他サイト様を見てみるのも良いかもしれません)


 前置き。
 辞典を調べているときに見つけた、
 「プレミア」周りが面白かったのでその話を。


 まず「プレミア」という言葉のイメージですが、
 調査前の筆者にとっては、「珍しい(めずらしい)」みたいな印象でした。


 例えば昔の珍しい物品・グッズなどに関して、
 「プレミアがつく」や、「プレミア価格」などを聞いた覚えがある感じですね。
 「数が少ないから珍しく、高くなっている」みたいな印象です。


 ところで英和辞典を調べても、上記の「プレミア」の意味は載っていませんで。
 代わりに載っていたのが、

①英語の「premier(プレミア)」…「首相(しゅしょう)」、「総理大臣(そうりだいじん)」、「首位(しゅい)の」、「最高の」という意味

②フランス語の「première(プルミエール)」、「premiere」…オペラや映画などの「初日(しょにち)」、「初日の」

 という感じでした。
 ①と②の意味は関係している感じですが、どちらも事前の「プレミア」のイメージとは違いますね。


 これはどういうことか?と思い、Wikipediaやネットを調べてみると、
 どうも英語の「premium(プレミアム)」の意味が、「プレミア」というカタカナ語に混じっているっぽいですね。


 この辺りは、すでに詳しく説明している他サイト様があるので省きますが、
 手元の英和辞典でも、英語の「premium(プレミアム)」には「ボーナス」とか「割り増し(わりまし)の」という意味が確認できたので、
 「珍しいことで値段が高くなっている」→「値段が割り増し(premium)になっている」→「プレミア(premium)がつく」という感じかもしれません。


 ただそうだとしても、既に「プレミア」という語に慣れてしまった感があるので、
 「プレミアムがつく」と言い直しても、少し違和感がありますね。


 なので英語辞典を調べた上では、
 「『プレミア(premier)』と『プレミアム(premium)』は違う!」と言えるかもですが。
 でも普段のよく聞く「プレミア」のイメージでは、
 「(日本での)『プレミア』と『プレミアム』は一緒」という場合も多いかも?
 ちょっとややこしいですが。


 ところで、何かの「初め」は珍しく価値がある、という考え方もあります。 
 日本でも「初売り(はつうり)」とか「初鰹(はつがつお)」とか言いますしね。


 なので例えば何かの「初日(première)」というのは、 
 好きな方にとって「割り増しの(premium)」価値があるかもしれません。


 ちょうど日本でも「首相(premier)」がもうすぐ代わるので、
 あまり政治に興味が無い方も、特に「初めの方」に注目してみるのもいいかも?




 まあそんな感じで~。



◆用語集
・プレミア【日本的な意味】:


・premier(プレミア):


・premium(プレミアム):
 似てる単語:「prime(プライム)」*1



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com