のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/21 社+英:「ブーム」には「虫(むし)」が関わってますか? ~「boom(ブーム)/流行(りゅうこう)、羽音(はおと)」の話~

 社会+英語の話ー。
 虫嫌いな方にはすみません。一応がっつりした話ではないです。


 流行(りゅうこう)として有名な語「boom(ブーム)」と、
 その別の意味「(ハチなどの)ブーンという羽音(はおと)」などの話です。



 前置き。

 まず「ブーム(boom)」というと、流行(りゅうこう)のような語ですね。
 「ブームになる」とか「マイブーム」という語もある感じです。
 今の「バズる」や「トレンド」等の語に似ているかもですね。


 で、そんな「ブーム」について英和辞典で調べてみると。
 ちょっと意外な意味もありまして。
 というのも「boom(ブーム)」という語には「虫(むし)」*1が関わったりもしているようです。


 なんでも英和辞典によれば「boom(ブーム)」には、
 「流行」の他に、「(大砲などの)とどろき、うなり」「(ハチなどの)ブーンという羽音(はおと)」の意味があるようです。
 またWikipediaによれば、「流行」の意味は上記の英語の擬音…つまり「ブーンという音」などから派生したようですね。


 ちょうど「バズる」の語源「buzz(バズ)」「(ハチなどが)ブンブンうなる」という意味があるので、
 「流行になる」→「皆が騒ぐ」→「虫の羽音っぽい」→「boomやbuzzって呼ぶか」という感じなのかもしれません。
 (「boom」には大砲の音などの意味もあるので、あくまでこれは筆者の仮説です)


 なのでその意味では、
 「『ブーム(boom)/流行』には『虫(の羽音)』が関わってる!」と言えるかもですね。
 …なんか「実は虫がブームを作っている…!」みたいな陰謀っぽいですが。


 ちなみに話は少し変わりますが、
 虫関係…「蝶(ちょう)/バタフライ」に関わる言葉でバタフライ効果というものもあります。
 これは「小さな力が、後の大きな変化を起こす」的な話で、
 それを「小さな蝶の羽ばたきが、遠くで竜巻(たつまき)を起こすかも」という例えで説明した感じのようですね。


 実際に蝶の羽ばたきが、他で竜巻を起こすかは不明のようですが。
 でも最近ではネットなどで、「SNSの小さな発信が流行につながった」的な話もあるようですし、
 小さなものから、ブーム的な物は起こしやすくなっているかもですね。
 そういう意味ではバタフライ効果的な物も、結構起こってそうです。
 (もちろん、力学の話と人間関係の中の話はまた違いますが)


 まあそうは言っても簡単ではないので、
 「『ブーム(boom)』なんて起こせないよ…」と諦めてもいいのですが。
 たまに「うなりながら(boom)」情報発信を頑張ってみると、
 誰かの個人的なブームや、自分なりに楽しい「マイブーム(my boom)」を起こせたりはするかもですね。
 そして上手くいけば、「思ったより大きな結果(バタフライ効果)」につながることもあるかも?



 まあそんな感じで~。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com