のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/25 英+社他:「理解(りかい)」と「騙(だま)すこと」は近いですか? ~「take in(テイク・イン)」の色々な意味~

 英語+社会+こころの話ー。


 英語の「take in(テイク・イン)」の色々な意味から、
 「理解(りかい)する」や、「人を騙(だま)す」などの話を。


 前置き。
 まず「take in(テイク・イン)」は、英語の熟語の1つですね。
 といっても別に「テイクアウト(take out)」*1の反対語という訳ではありません。
 (「in(イン)」と「out(アウト)」で反対っぽく見えますが)


 過去記事でも書きましたが、「take in」は「吸収(きゅうしゅう)する」「受け入れる」という意味を持っていたりします。
 今のテイクアウトの「持ち帰り」イメージとは、特に関係ない感じですね。


 で、今回改めて英和辞典を調べてみると、
 「take in」にはまだまだ色んな意味があるようで。


 例えば「take in」には①「理解(りかい)する」という意味があるようです。
 「take(テイク)」が「取る」、
 「in(イン)」が「中(なか)/中に」といった意味なので、
 「知識を取って(take)自分の頭の中(in)に入れる」→「理解する(take in)」って感じですかね。


 こう書くと良さげですが、「take in」にはさらに別の意味…、
 ②「人を騙(だま)す」という意味もあるようです。
 この場合は「(人を自分の計画に)取り(take)入れる(in)」→「人を騙す(take in)」って感じですかね。
 同じ「take in」なのに、良さげな意味も悪そうな意味もあるのが面白いです。


 上記の「理解する」意味と、「人を騙す」意味。
 この2つは、辞典の「take in」の欄の中で近くにあったので、
 ある意味で「(『take in』において)『理解』と『騙すこと』は『近い』!」なんて言えるかもですね。
 …「相手を理解していれば騙しやすそう」とか、ブラックなこともありそうですが。


 さて、ちょっと話はずれますが。
 「詐欺(さぎ)」に関しては、
 「自分は『頭がいい』と思っている人ほど騙されやすい」という話もあるようです。
 油断(ゆだん)とか、意識の死角(しかく)を突かれる感じですかね。


 なので、あなたが誰かにうまい話を持ちかけられた時。
 「完全に『理解した(take in)』から大丈夫!」と思っていても、
 実は「騙され(take in)」ている…なんてことがあるかも?
 そうならぬよう、事前に対策知識を「吸収しておく(take in)」と良いかもですね。




 まあそんな感じで~。





追記
 ちなみに本文最後で「騙され(take in)」とかノリで書いてますが。
 この場合は受け身…「受動態(じゅどうたい)」の形なので、
 正しくは「騙され(be taken in)」とかになると思われます。すみません、ご注意を。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com