のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

10/6 英+社他:「フランク」は「フランク」な性格(せいかく)ですか? ~色んな「フランク」の話~

 英語+社会+フランス語*1+こころの話ー。
 いかにもダジャレ的なタイトルで恐縮ですが。


 オープンな感じの性格「フランク(frank)」を初めとして、
 人名の「フランク(Frank)」や部族フランク族(Frank)」など、
 色んな「フランク」があるみたいだ…という話です。


 前置き。
 昨日「フランケンシュタイン*2について書いた流れで、
 似た語の「フランク」が気になったので、その話を。


 まず①性格(せいかく)としての「フランク(frank)」は、
 「おおらかで接しやすい」みたいな印象の語ですね。
 例えば「フランクな人」というと、割とオープンな人や、
 堅苦しくなく人づきあいする人…、というイメージです。


 ちなみに英和辞典での「frank(フランク)」を調べてみると、
 「率直(そっちょく)な」「ざっくばらんな」「腹(はら)を割った」などの意味がありました。
 なのでこの辺りの意味が、上記①「フランク」にも現れていそうですね。
 (「丁寧(ていねい)」というより「ワイルド」って感じもします)


 ところで英和辞典によれば、別の「フランク」も色々あるようで
 例えば②人名としての②「Frank(フランク)」という物もあり、
 また部族(ぶぞく)の③「フランク族も、英語では「Frank(フランク)」と書くようです。


 この辺りの関係の詳細は不明ですが、
 でもWikipediaには、性格の①「フランク」は部族の③「フランク族」に由来すると書いてありました。
 古フランス語に「franc(フランク人、自由な)」という語があったようですね。
 またフランク族の建てた国にフランク王国*3というものがあるので、
 人名の②「フランク」も、これら部族や国に由来がありそうではあります。


 まあ詳細はともかくとしても。
 上記のように①性格、②人名、③部族と、それぞれズレた「フランク」があるので、
 「②『フランク』(人名)は①『フランク』な性格!」と言うことも、あるかもしれません。
 …文としては普通にあり得るのですが、やはりジョークっぽくなってしまいますね。


 ちなみに、他にもまだ「フランク」はあったりします。
 例えば④姓(せい)…名字(みょうじ)の「フランク(Frank)」もありますし、
 また食べ物の⑤「フランクフルトソーセージ(frankfurter sausage)」も、日本では略して「フランク」と呼ばれたりしますね。


 なのでまとめると、
 「③『フランク(族)』の④『フランク(姓)』で①『フランク(性格)』な②『フランク(人名)』が⑤『フランク(食べ物)』を食べた」*4
 …みたいなこともありえそうですね。超ややこしいですが。


 まあ、ここまでの文はなかなかないでしょうが。
 ただ国語の古文や英語の長文では、
 形容詞や説明たっぷりの、長めの一文が出てくることもあります。
 言葉が入り組んでいて、それぞれがどんな意味なのかも見失いやすいですね。


 なので、テストで長文を前にした時は、
 最初から「この○○はこの意味だろ…」と決めてかかるのも良いかもですが。
 でも時間があれば、上記の色んな「フランク」を思い出し、
 「この○○に、他の意味はなかったか…?」と考えてみるのもいいかも?



 まあそんな感じで~。




◆用語集
・frank(フランク)【性格など】:
 関連用語:「honest(オネスト)/正直な」*5、「清廉(せいれん)」、「潔白(けっぱく)」、「積極的(せっきょくてき)」*6、「positive(ポジティブ)」*7、「陽キャラ(ようキャラ)」*8、「dry(ドライ)」*9、「tender(テンダー)/優しい」*10、「temper(テンパー)/気性(きしょう)」*11、「曖昧(あいまい)」*12
 似てる言葉:「blank(ブランク)」*13


・Frank(フランク)【人名】:
 関連用語:「ティンダロスの猟犬」*14クトゥルフ


フランク族(Frank)【部族】:


・Frank(フランク)【姓・名字】


・フランクフルトソーセージ(frankfurter sausage):




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「フランス語」や「フランス」については 10/22 生活:「青いチョコレート」の話! ~フランスの町「アンジェ」のチョコレート紹介~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:フランケンシュタインフランケンシュタインの怪物」については 10/5 社+国他:「フランケンシュタイン」はどこで生まれましたか? ~「メアリー・シェリー」と「ディオダティ荘の怪奇談義(かいきだんぎ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:フランク王国」については 6/12 ゲーム+歴:「ヨーロッパ」にはお父さんがいた!? ~「シャルルマーニュ」こと「カール大帝」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:適当に考えた英文だと「The frank "Frank Frank" of the Franks ate "frank" (frankfurter sausage) .」とかになるかもしれません。…英文の方がまだわかりやすい気もしてきますね。

*5:「honest(オネスト)/正直な」や「清廉(せいれん)」、「潔白(けっぱく)」については 6/29 国+英他:「清廉潔白(せいれんけっぱく)」は「必殺技(ひっさつわざ)」ですか? ~「清廉潔白/absolute honesty(アブソリュート・オネスティ)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「積極的(せっきょくてき)」については 8/9 こころ+理他:そういえば「消極(しょうきょく)」って何ですか? ~「消極的(しょうきょくてき)」、「消極」、「陰極(いんきょく)/-極」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「positive(ポジティブ)」については 1/5 理+英他:「ポジティブ(positive)」も時には不要(ふよう)ですか? ~「positive(ポジティブ)」と「陽性(ようせい)」、「ウィルス」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:フランクなイメージがありそうな語「陽キャラ(ようキャラ)」については 6/7 歴+国他:「キャラ」と言ったら「黒(くろ)」ですか? ~香木(こうぼく)の「伽羅(きゃら)」と「黒」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:性格に使われるときはフランクを通り越して「乾いた」感じになると思われる英語「dry(ドライ)」については 8/14 生+英:「ドライ(dry)」の反対語は何ですか? ~「乾燥(かんそう)」と「辛口(からくち)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「優しい」と言う意味のある英語「tender(テンダー)」については 10/27 英+こころ:「tender(テンダー)」の色んな意味の話! ~「柔らかい」、「優しい」、「壊れやすい」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「気性(きしょう)」と言う意味がある英語「temper(テンパー)」については 10/26 英+国他:「temper(テンパー)」は「怒りっぽい」で「穏やか」ですか? ~「temper」と色んな「気性(きしょう)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「曖昧(あいまい)」については 10/31 こころ+国:「曖昧(あいまい)」に「愛(あい)」はありますか? ~「曖昧」と「曖(あい)」と「愛」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:英語の「blank(ブランク)」については 6/12 国+英他:時には「ブランク」も必要ですか? ~「空白(くうはく)」と「blank(ブランク)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:「フランク・ベルナップ・ロング」氏の小説に出てくる、クトゥルフ神話の怪物「ティンダロスの猟犬」については 9/2 国+英:色んな「急(きゅう)」の話2! ~急な坂、急な曲がり角、急な流れ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。