のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

1/26 英語:「グラインダー」と「グライダー」についての話

 英語の話ー。

 似た言葉の「グラインダー」と「グライダー」についてです。

 うっかり遅くなってしまったので簡単に。




 前置き。

 昨日の記事で薬の原料をつぶす「薬研(やげん)」*1というものについてちょっと書きましたが、
 そこから「グラインダー」という言葉を思い出し、
 似た言葉である「グライダー」についても連想したのでその二つについて。


①「グラインダー」について

 「研ぎ」*2についての過去記事でも紹介したように「グラインダー(grinder)」に「研磨機(けんまき)」といった意味があります。
 ただ改めて調べると、「グラインダー」には他にも「粉砕機(ふんさいき)」とか「臼歯(きゅうし)」といった意味もありました。
 また「grind(グラインド)」という動詞には「研ぐ」といった意味の他にも、「(うすで)ひく」、「細かく砕く」という意味もあったりします。
 それに「-er」を付けたものがグラインダーと。

 「研ぐ」と「砕く」ではだいぶ意味が違う気もしますが、
 ごりごり「研ぐ」様子と、ごりごり「すりつぶす」様子が似ているからか、両方「grind(グラインド)」ということになっているようですね。
 まあ「研ぐ」という行為も、表面の古い部分を削り取ったりすることなので、その意味で重なっているのかもしれません。



②「グライダー」について

 「グライダー(glider)」は主に航空機関連で聞く言葉ですね。
 改めて調べてみると、日本語では「滑空機(かっくうき)」と言い、滑空専門の航空機を指すようです。
 対してエンジンなどにより上昇も可能なものは「モーターグライダー」と呼ばれ、区別されるようですね。

 「滑空(かっくう)」とはちょっと難しい言葉ですが、グライダーなどの航空機が降下(こうか)していく様を指すようです。
 この場合は翼(つばさ)などを利用してある程度はゆっくり降りていく様を指すので、
 単に「落ちている」とか、「自由落下」とかとはまたちょっと違う言葉ですね。

 「glide(グライド)」というのが「すべる」とか「滑空(かっくう)する」、「滑るように動く」といった意味なので、
 それに「-er」をつけた「滑空するもの」が「グライダー」ということですね。



 …という感じでしょうか。



 「グラインダー」と「グライダー」、「グラインド」と「グライド」は似た言葉ですが、
 「グラインド」の方はごりごり削ったり研いだりするのに対し、
 「グライド」の方はスーッと滑っていく感じなので、ある意味真逆ですね。
 摩擦(まさつ)のある・なしが大分違うというか。



 今回はかなり思い付きで言葉を選びましたが、
 また調べてみれば「似てるけど意味が逆っぽい言葉」は他にも色々あるかもしれませんね。
 色んな言葉が好きな方、また言葉遊びが好きな方は、ちょっと調べてみると面白いかもしれません。



 まあそんな感じで~。



関連用語:「パラグライダー」*3



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com