のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/1 社会:新元号、「令和(れいわ)」とお金の話

 社会+生活の話ー。

 発表された新しい元号*1「令和(れいわ)」についての話です。


 本日は4月1日のエイプリルフール*2でもありますが、ネタが思いつかなかったので見送りで。


 前置き。
 皆様もうご存知かとも思いますが、今日新元号が発表されましたね。
 新しいものは「令和(れいわ)」という名前になる、ということらしいです。
 変わるのは5月で、そこから「令和元年」となると。

 出典は『万葉集(まんようしゅう)』ということらしいですね。
 今まではの「元号」は漢籍(かんせき)…つまり中国の古典の本から漢字や言葉を取ってきたようですが、
 今回は初めて日本の物からとってきたということですね。


 まあ元号の変更も「名前が変わるだけ」と言えば変わるだけなのですが、
 一方でこれらは「お金」や「仕事」に関わっている部分もあります。


 例えば昼に見たテレビでは、はんこ屋さんが急いで「令和」と書かれた判子を作っていました。
 また「造幣局(ぞうへいきょく)」というお金を作るところでは
 急いて「令和」の年号に対応した硬貨(こうか)を作る準備を進めておられました。

 他にも色んな書類やプログラムも修正しなければなりません。
 これによってある意味「仕事」は生まれますが、忙しくなったりもすると思われます。
 そういう意味では元号の変更とは「大きなこと」でもある、と言えるでしょう。。


 まあ、学生の皆様にはあんまり直接関わりはしないかもしれませんが。
 平成最後の年になるだろう「平成31年」の硬貨(例えば10円玉とか)はたぶん価値が上がるので、
 とりあえず取っておくといいかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみ「令和」をネットで調べてみたら
 さっそく音楽グループの「ゴールデンボンバー」様が『令和』という曲を発表しておられました。
 (※ちなみに他にもおられます)



◆用語集 (人名等敬称略)
・『万葉集(まんようしゅう)』:
 Wikipediaによれば、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた、日本に現存する最古の和歌集。
 なのでざっくり短歌を「歌」とすれば、すごい広い意味では「日本初のミュージックアルバム」といえなくもないかもしれない。…まあ音程は特に書いていない気もするが。
 天皇、貴族、といった偉い人々だけでなく、下級官人、防人、大道芸人などさまざまな人の歌を集めたのが特徴のようだ。この中の「防人の歌」(さきもりのうた)「東歌」(あずまうた)といったものは、国語や歴史の教科書でもしばしば触れられたりする。
 ちなみにWikipediaによればこの万葉集を研究する学者さんのことを「万葉学者(まんようがくしゃ)」と言ったりするらしい。


・万葉学者(まんようがくしゃ):
 『万葉集』を研究する人。
 Wikipediaのページには時代を問わず色んな人の名前が書かれていた。
 なので「荷田春満(かだのあずままろ)」、「賀茂真淵(かものまぶち)」、「本居宣長(もとおり・のりなが)」といった歴史的な名前と並んで、最近の人物である「ドナルド・キーン」といった名前もあった。


荷田春満(かだ の あずままろ):寛文9年(1669年)- 元文元年(1736年) 
 江戸時代中期の国学者歌人
 「賀茂真淵」、「本居宣長」、「平田篤胤」と共に国学*3の四大人の一人とされる人物。


ドナルド・キーン:1922年 - 2019年2月24日:
 アメリカ出身の日本文学者・日本学者。
 日本文学と日本文化研究の第一人者。
 日本国籍を取得しており、通称(雅号)として「鬼怒鳴門(きーん どなるど)」という名前を使っていたようだ。
 これは日本の「鬼怒川(きぬがわ)」と「鳴門(なると)」を組み合わせて作った当て字らしいのだが…、強そうでインパクトがすごい。
 Wikipediaによれば、1940年、分厚さに比べて安かったという理由で英訳の『源氏物語*4を購入。その内容に感動して日本語を学び始めたらしい。なかなか劇的なエピソードである。
 だがWikipediaによれば「太平洋戦争」(日本とアメリカが戦っていた時)、キスカ島撤退作戦の際に日本軍の軍医がいたずらで残した『ペスト患者収容所』と書かれた立て看板を命令に応じて素直に翻訳したため、アメリカ軍は大混乱となったらしい。
 日本語が読めるために逆にトラップに引っかかった、みたいな皮肉な話である。
 ちなみに数学者「バートランド・ラッセル」と飲み友達だったらしい。
 他にも「安部公房」、「三島由紀夫」、「谷崎潤一郎」、「川端康成」、「吉田健一」、「石川淳」、「司馬遼太郎」、「丸谷才一」、「篠田一士」、「大江健三郎」といった方々とも交流があったようだ。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com