のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/24 国+生:この「絖(ぬめ)」は「ぬめぬめ」ですか? ~絹織物の「絖(ぬめ)」の話~

 国語+生活(家庭科)の話ー。
 何か書きすぎて「ぬめ」がゲシュタルト崩壊しそうですが。


 日本語の「ぬめぬめ」と布の「絖(ぬめ)」についての話です。


 今回は普段よりさらに仮説が多めなのでご注意を。

(※本記事中、人名等敬称略)


 前置き。
 国語、というか日本語の表現に「ぬめぬめ」というものがありますね。
 なんか物の表現がヌメっとしてたり、粘液(ねんえき)がついているものに使ったりします。。
 例えば「納豆(なっとう)」とか「なめこ」、「ハンドローション」、生き物なら「ナメクジ」などに使われそうなイメージですね。


 で、先日、織物の一種に「絖(ぬめ)」という物があるのを知りまして。
 これは表面がなめらかで、つやのある絹織物(きぬおりもの)*1のようですね。
 「もしやこれは「ぬめぬめ」という言葉に関係しているのでは…?」と思ってネットで調べてみたのですが、
 「ぬめぬめ」も「絖(ぬめ)」も、詳細な語源は分かりませんでした。残念。


 辞書では「ぬめぬめ」という言葉は「物の表面が濡れた感じで滑らかであること」と書いてあったので、
 織物の「絖(ぬめ)」は見た目が「ぬめぬめ」した感じと言えるかもしれません。
 ひらがなで書くと「ぬめがぬめぬめ」…なんだか早口言葉っぽいですね。
 あと音の響きが面白いです。

 
 他にも音が面白い表現は、例えば「こそこそ」とか「もにょもにょ」とか言ったものもありますので、
 またちょっと調べてみると、面白いかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


 関連人名等:「もこ田めめめ」*2



追記
 ちなみに「ぬめ」という響きには「滑(ぬめ)」という漢字を当てたりもするようです。
 なのでこちらが「ぬめぬめ」の語源に関わっているかもしれません。
 またこの「滑」という漢字は「滑る(すべる)」や「滑々(すべすべ)」という言葉に使われたりもするので、
 「ぬめぬめ」と「すべすべ」が関係している可能性はありそうですね。
 ついでに言うと「なめらか」は「滑らか」と書いたりしますし、
 「滑(かつ)」と読めば「潤滑油(じゅんかつゆ)」、「滑落(かつらく)」といった言葉に使われたりするので、
 「滑」は結構色んな所に関わっている漢字だったりもします。



◆用語集
・ぬめぬめ:
 ちなみにゲーム『ポケットモンスター』では「特性(とくせい)」の一つとして出てくるらしい。


・ぬめぬめ【ポケモン】:
 ゲーム『ポケットモンスター』系に出てくる特性の一つ。
 直接攻撃を食らうと、相手の素早さを下げる効果のようだ。


・特性(とくせい)【ポケモン】:
 そのポケモンが持っている能力。
 基本いつでも発動している。サイト『ピクシブ百科事典』様でも指摘されていたが、他ゲームで言うところの「パッシブスキル」*3といったところ。
 以前紹介したポケモンサメハダー*4の「さめはだ」もこの「特性」の一つ。
 ちなみに特性には「かそく」や「マグマのよろい」、「せいぎのこころ」といったカッコいい名前のものもあるが、「どんかん」、あついしぼうかんそうはだなど、一見するとメリットっぽくないものもあったりする。


・「どんかん」【ポケモン】:
 ゲーム『ポケットモンスター』系に出てくる特性の一つ。
 なんか痛みとかに強いのかな…とか思いつつ、
 効果を見てみると「メロメロ状態にならない」とか「ゆうわく・ちょうはつを受けない」という感じだった。
 なんかラブコメの主人公が持ってそうなスキルである。


・「あついしぼう」【ポケモン】:
 ゲーム『ポケットモンスター』系に出てくる特性の一つ。
 「ほのおタイプ・こおりタイプの技を受ける時、威力が半減される」ということで強い。
 だが実生活で「あいつはあついしぼうを持っているから強い」とか言われると、かなりアレな気分になる気もする。
 特にライトノベルとかでよくある「異世界転生」とか「ゲーム転生」系で、最初に「あなたに強スキルあついしぼう』を授けましょう…」とか言われると「!?」となる気もする。


・「かんそうはだ」【ポケモン
 ゲーム『ポケットモンスター』系に出てくる特性の一つ。
 ざっくり言うと水タイプのものを受けると回復し、逆に炎とかでダメージが増える。
 漢字で書くとおそらく「乾燥肌(かんそうはだ)」だろう。
 冬場などには特に悩まされる人が多いと思われるものである。潤いが足りていない。上記の「ぬめぬめ」をちょっと分けてもらうといいのではないかと思われる。


ゲシュタルト崩壊(ほうかい)/独: Gestaltzerfall:
 知覚(ちかく)における現象の一つ。
 ざっくり言うと同じ文字とかを見すぎたりして、なんか元の絵に見えなくなったり、まとまりを感じられなくなったりする現象。


・知覚(ちかく):
 外の世界から刺激を感じとり、それを把握(はあく)すること。
 英語では「perception(パーセプション)」。
 例えば「視覚(しかく)」や「嗅覚(きゅうかく)」なども知覚である。そういう意味ではいわゆる「五感(ごかん)」と重なるところも多いかも。
 ちなみにちょっと違う仏教用語で「阿頼耶識(あらやしき)」というものもある。
 関連用語:「ESP(イーエスピー)」*5


阿頼耶識(あらやしき):
 アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』を観たり、ゲーム『Fate』系などを遊んだことのある方は、聞いたことのある名前かもしれない。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com