のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/22 音+家:「カスタネット」と「カスタード」の話! ~あいだに「栗(くり)」を添えて~

 音楽+家庭科の話ー。
 タイトルが料理風なのはただのジョークとノリです。


 楽器*1の「カスタネット」と、
 料理やスイーツなどの「カスタード」についての話です。



 前置き。
 昨日当ブログでは「クラリネット*2などの楽器について書きましたが、
 その影響では「そういえば『カスタネット』という楽器があったな…」と思い出し、
 さらに似た名前の食べ物「カスタード」を連想しました。
 …多分関係はないですが、一緒に調べてみました。


 まず「カスタネット(castanets )」というのは打楽器の一種ですね。
 貝殻を二枚合わせたような形で、カチャカチャ打ち合わせて鳴らします。
 小学校でも使ったりするようなので、馴染みは深い方は多いかもしれませんね。


 で、Wikipediaによればカスタネットはスペインで発達した楽器だそうで。
 民族音楽「フラメンコ」で使ったりするようです。
 また名前もそもそも「栗(くり)」*3を表すスペイン語の「カスターニャ(castaña)」からきているようですね。


 一方で、食べ物の「カスタード」は、
 Wikipediaによれは卵、牛乳、砂糖、香料(こうりょう)などを混ぜた「カスタードソース」、
 またそれを焼いたり蒸したりした菓子の名前、とのことです。
 英語のスペルでは「custard(カスタード)」なので、上記の「カスタネット」とは関係はなさそうですね。
 (※ちなみにどうしてカスタードというのかは不明でした)


 ただネットで調べてみると「栗カスタード」や「マロンカスタード」といったものもあるので、
 こちらも「栗(くり)」との相性は良さそうですね。
 つまりカスタネットもカスタードも栗に関わりが……まあ割とこじつけなんですが。


 さて、上記の「カスタネット」も「カスタード」も日本ではわりと聞く名前ですが、
 例えばもし小さい子に「カスタネットとカスタードはどう違うの?関係ないの?」と聞かれたら、
 あなたはどう応えるでしょうか?
 大人はあえて聞かなさそうな質問なので、逆に答えづらいかもしれませんね。


 今回調べたのは半ばギャグのようなものですが、こうやって「似た名前のもの」をちょこっと調べておくと、
 子どもに聞かれたときなどに、うまく説明してあげられるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


◆用語集
カスタネット


・カスタード:
 関連用語:「ザバイオーネ」*4、「プリン」*5



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com