のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

8/10 英+こころ他:「ハート」は「愛情(heart)」で「傷(hurt)」ですか? ~2つの「ハート」の話~

 英語+こころ+国語の話ー。


 今日は8月10日…8(は)・10(とお)の日ということで、
 愛情(あいじょう)や心(こころ)を表す英語「heart(ハート)」と、
 傷(きず)などを表す英語「hurt(ハート)」の話を。


 暑いので簡単に。(※全国的に暑いようなので皆様お気をつけて)


 前置き。
 まず日本で「ハート」というと、「heart(ハート)」が有名なのではと思います。
 これは「心(こころ)」「心臓(しんぞう)」、そして「愛情(あいじょう)」などを指す単語ですね。
 「ハートマーク(♡)」含め、由来は「心臓」から来ている感じもしますが、
 今の日常ではほぼ「心」や「愛情」を表すもの…代名詞(だいめいし)として使われている感じもします。
 

 でも一方で、英語には別の「ハート」もあったりします。
 それが「hurt(ハート)」という単語ですね。
 辞書によれば動詞で「傷つける」「痛む」、名詞では「傷(きず)」などの意味があるようです。


 まとめると「ハートは愛情(heart)で傷(hurt)(の発音)」という感じですね。
 お互いかなり意味が違うのが印象的です。


 さて、心や感情、人付き合いは難しいものなので。
 自分の心(heart)を守るために、人を傷つけてしまう(hurt)こともあるかと思います。
 でもそれのせいで仕返しされれば、結局は自分の傷(hurt)が増えるかもしれません。


 逆に、まず自分が誰かに愛情(heart)をあげれば、
 いつか自分の心(heart)にも優しくしてもらえる…、ということもあるかも?


 同じ「ハート」という発音ではありますが、
 人にあげるのは「傷(hurt)」でなく、「愛情(heart)」にしたいものですね。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに日本では「ハートフル(heartful)/心温まる」という言葉も使いますが、
 これはWikipediaによれば和製英語であって、英語では「heartwarming(ハートウォーミング)というようです。
 そして逆に「hurt」の方には「hurtful(ハートフル)/感情を傷つける、有害な」という単語があるようで。
 …でもこっちの「ハートフル」はかなり遠慮したいですね…。



◆用語集(※人名等敬称略)
・heart(ハート):
 ちなみにマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』には「ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!」というセリフがあったりする。
 また人名・キャラ名に使われることもある。
 例えば格闘ゲームには『アルカナハート』という作品があり、主人公の名前は「愛乃はぁと」だったりする。
 また『アイドルマスターシンデレラガールズ』に「佐藤心 (さとう・しん)」というアイドルがおり、「しゅがーはぁと」と名乗っていたりする。
 そしてホロライブ所属のバーチャルYoutuberには「赤井はあと」という方もおられたりする。
 関連用語:「罅(ひび)」*1


・心臓(しんぞう):
 人間の臓器の一つ。
 英語ではheart(ハート)。
 ちなみにマンガ『進撃の巨人』では「心臓を捧げよ」というセリフ(※胸に手を当てて敬礼する)があったりする。これは多分自分の覚悟を示すためであって、グロいセリフとかではない。
 関連用語:「血液(けつえき)」*2、「血管(けっかん)」、「肺(はい)」*3
 関連記事:『体関係の英語セブン』


・hurt(ハート):


・赤井はあと(あかい・はあと)【バーチャル】:
 ホロライブ所属のバーチャルYoutuberの方(1期生)。
 赤いリボンとハートが好きで、髪や服によくつけている、とのこと。
 現在はオーストラリアに留学中らしい。調べていると新型コロナウィルスによる入国制限などがあって、日本に帰国するのが難しいようだ。お疲れ様です…。
 また今日8月10日が誕生日であられるらしい。調べていて偶然知ったのでとても驚いた。お誕生日おめでとうございます!(オーストラリアに思いをはせつつ)。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com