のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/30 イン+こころ他:「我々(われわれ)」に相手(あいて)は含まれますか? ~2種類の「我々」、「kita(キタ)」と「kami(カミ)」の話~

 インドネシア語+国語+こころの話ー。


 自分たちを表す呼び方の「我々(われわれ)」と、
 それに対応する2つのインドネシア語
 「kita(キタ)」と「kami(カミ)」についての話です。



 前置き。
 筆者がインドネシア語辞典を読んでいると、
 「我々(われわれ)」という言葉周りが面白かったので、その話を。
 

 まず「我々(われわれ)」というと、自分(じぶん)を含む集団(しゅうだん)の呼び名ですね。
 自分だけでなく、他の人も含めて言う感じです。
 (※自分だけだと「私(わたし)」、「俺(おれ)」、「僕(ぼく)」とかになりますね)
 大体「私たち(わたしたち)」や「俺たち」と同じような意味かと思います。


 例えば、学校(がっこう)でクラス代表が「我々1年A組は~」と言ったり、
 あるいはもっと広い範囲で、「我々○○人は~」(例:日本人やアメリカ人など)と言ったりする感じですね。
 まあ日常的に使っている言葉で、割とシンプル、なじみのある感じと思います。


 そんな簡単なイメージのある「我々」ですが、
 なんとインドネシア語では、対応する言葉が2種類あるようです。
 それが①「kita(キタ)」②「kami(カミ)」というものですね。


 それぞれの意味の範囲は、

①kita(キタ)…「我々」(相手を含む
②kami(カミ)…「我々」(相手を含まない


 って感じのようです。


 なので「我々で頑張ろう!」って相手に呼びかける時は①「kita(キタ)/相手を含む我々)」で、
 逆に「我々はお前とは違う!」っていう時は②「kami(カミ)/相手を含まない我々」になるかもしれません。


 確かに改めて考えると、日本語の「我々」も、状況によって①や②の意味を持っていたりしますね。
 (※ちなみに調べた感じ英語・中国語・韓国語も「我々」の呼び名は一つっぽかったです)


 でもインドネシア語のように「相手を含むか含まないかで言葉を使い分ける」というのも、
 ある意味理屈が通っていますし、興味深いですね。


 まあこれらは言葉なので、どっちが良いとかはないと思いますが。
 ただ自分がイライラしている時は、相手を突き放すような言い方がしたくなるかもですので、
 特に「kami(カミ/相手を含まない我々)」の方を使いたくなるかもですね。


 今、新型コロナウィルスによるストレスが世界で溜まっているかと思います。
 なので「あいつのせいで、私たちは苦しい!」とか「お前は俺たちと違う!」という風に、
 言うなればイライラした「我々(kami/相手を含まない我々)」の使い方をしたくなるかもです。
 (その良し悪しは分かりませんが、苦しいとイライラしやすくなるのはある意味自然ですね)


 でも「今はみんな苦しい」と考えると、「みんな」で似た経験を共有しているとも言えます。 


 そういう風に「kita(キタ)/相手を含む我々)」にも目を向けて、
 「苦しいけど、我々(kita)で頑張っていこう!」と思えると、
 以前よりむしろ広い範囲で「我々」を感じられて、いいかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




 関連用語:「人称代名詞(にんしょうだいめいし)」*1、「人称(にんしょう)」、「代名詞(だいめいし)」




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「人称代名詞(にんしょうだいめいし)」や「人称(にんしょう)」、「代名詞(だいめいし)」については 12/18 英語:人称代名詞(にんしょうだいめいし) ~いらん誤解(ごかい)を招かぬために~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。