のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

12/10 生+英他:「ダウンジャケット(down jacket)」は「ダウンジャケット」じゃない!? ~羽毛の「down(ダウン)」と下の「down」の話~

 生活+英語+ゲームの話ー。
 相変わらず矛盾っぽいタイトルでお送りしております。


 温かくて冬に便利な服*1「ダウンジャケット(down jacket)」と、
 「down(ダウン)/羽毛」や「down(ダウン)/下へ」*2等の話です。


 ちょっと風邪っぽいので簡単に。


 前置き。
 最近「温かい物」についてよく書いている流れで、
 今回は温かい上着の「ダウンジャケット」について調べてみました。


 まず「ダウンジャケット」とはジャケット…上着(うわぎ)の一種ですね。
 表面はつるつるですが、わりともこもこした、厚みのある上着という感じです。
 Wikipediaを見た感じ、(少なくとも初期は)表面(ひょうめん)に「ナイロン」素材が使われていたようですね。
 温かいので冬に役立つ「防寒着(ぼうかんぎ)」という感じです。


 で、筆者はそんな「ダウンジャケット」の名前が前から気になってまして。
 例えば、英語には「down(ダウン)/下へ」というものがありますが、
 では「ダウンジャケット」のダウンはこれなのか?、でも「下(down)」と言うよりむしろ「上着」だし…、
 などと思ったので調べてみました。


 英和辞書を見てみると、「down(ダウン)」にはいくつかありまして、
 中には「鳥(とり)の綿毛(わたげ)」という意味の「down(ダウン)」があるようです。
 この「down」は「羽毛(うもう)」「ダウンフェザー(down feather)」とも言われるのですが、
 この「ダウンフェザー」を使ったのが「ダウンジャケット(down jacket)」ということみたいですね(Wikipedia参照)。


 なので、「down/下へ」と「down/羽毛」の、二つの「down(ダウン)」があるということですね。
 大きく意味が違いますが、
 辞書を見た感じスペルも発音記号も同じなので、ちょっとややこしいです。


 よって「他より価格が下(down)のジャケット(jacket)」も、
 無理やり「ダウンジャケット(down jacket)」と呼べるかもですが、
 それは本来の羽毛の「ダウンジャケット(down jacket)」とは違うわけですね。


 その意味で「(羽毛の)『ダウンジャケット』は(価格が下の)『ダウンジャケット』じゃない!」と言えるかもしれません。
 矛盾っぽくてシュールな感じですね。


 まあ実際にはややこしいので、
 「ダウンジャケット」といったら羽毛の「ダウン」が使われているかと思いますが。


 でも辞書によれば、「down/羽毛」の単語の中でも、
 他にタンポポの綿毛」とか「桃(もも)の実の表面の綿毛」という意味もあるようです。
 …これらでも頑張ればジャケット作れるかもですが、温かいかはわかりませんね。
 またファンタジーやゲームの世界だと、
 それこそ「着ると能力が下がる(down)ジャケット」もあるかもしれません。


 なのでもし、あなたが英語っぽい言語の異世界にでも行くことがあり、
 そこで「ダウンジャケット(down jacket)」の表示を見ることがあったら。
 買う前に、少し気をつけた方がいいかもしれませんね。
 中身が「down/羽毛」とは限りませんし、何かが「下がる(down)」危険があるかも?



 まあそんな感じで~。



◆用語集
・ダウンジャケット:
 関連記事:『服を表す外国語セブン』*3



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com