のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/1 ウソ企画:ゲーム『エイプリルループ ~教科戦闘~』の話 【※エイプリルフール】

【※この記事はエイプリルフールのジョーク記事です。
  最後がちょっとだけホラー風味かも?】



 みなさま、100回目の4月1日をいかがお過ごしですが?
 マジーン・ノッポです。


 今日も変わらず「エイプリルフール」…ということで、
 今回は明日「4月2日」に発売予定のゲーム、『エイプリルループ』のご紹介です。



☆ゲームタイトル:『エイプリルループ ~教科戦闘(サブジェクトバトル)~』

 発売予定日:2021年4月2日
 発売元:MNP(マジーン・ノッポ・パブリッシャー)
 ハード:あらゆるハードに対応



☆<ストーリー>

 今日は4月1日。
 入学式などはまだ先で、学校はまだ始まっていなかったりする時。


 この日、日本中の学校に、無数の「魔神(まじん)」や「悪魔(あくま)」が現れ、
 世界の時間を「4月1日」から進まなくしてしまった!
 夜24時になれば、また「4月1日」に戻り、4月2日になることはなくなった。
 人々の記憶は無くならないが、そのタイミングで色んな物が元に戻るようになった。


 人々はこれを「エイプリルループ(4月の無限ループ)」と呼んだ。


 もちろん政府は魔神に対応しようとしたが、
 何故か大人達は、魔神達がいる学校に入ることができなかった。
 また外から兵器などで攻撃しようとしても、不思議な力で全て防がれた。
 やがて大人達は諦めて、ただ「4月1日」のループが続くようになった…。


 生徒達は最初、「これで学校に行かなくていいぜ」と思い、
 好きなだけダラダラしていたが…。


 やがて気づいてしまった。


 このままでは。新作のマンガの発売日も、映画の公開日も来ない…!
 ソシャゲのログインボーナスとかも更新されない…!
 新しい物が、ほぼ始まらない…!


 現在の状況がただ続く。これはちょっと飽きてくるぞ、と。
 思った生徒たちは、ついに「魔神」を倒すことを決意する。 


 どうやら生徒達は校内に入ることができ、
 校内では、ちょっと不思議な力を使うこともできるようだ。
 学校だからか、勉強とか教科(きょうか)*1に関係するものしか使えないが…。


 果たして生徒たちは魔神を倒し、
 この「4月1日」を脱出することができるのだろうか?



 今、「エイプリルループ」への挑戦が始まるーー



☆<ルール>

 ゲームの形式はいわゆる「アクションRPG」、
 学校を支配している「魔神」を倒せばゲームクリアです。


 しかし他に敵がいないわけではありません。
 校内には魔神の部下である「悪魔(あくま)」や、
 4月1日が終わらない方がいい…という生徒が立ち塞がり、
 また校内には罠(わな)…「トラップ」などが仕掛けてあります。

(※校内には不思議な力が働いているため、 
  戦闘でもトラップでも、死人やけが人が出ることはありません)
 

 幸い、校内では生徒も「教科(きょうか)」に関する不思議な力を使うことができます。
 そのため、学校で習う「9教科」…
 すなわち、国語、数学、理科、社会、英語、家庭科(技術・家庭科)、体育、美術、音楽
 の力をうまく使って、ボスである魔神を倒しましょう!



 各教科の主な対応能力は以下の通り。


①国語:
 難しい文字の資料・トラップ説明が読めるようになり、交渉スキル*2が上がります。
 また古文や漢文スキルを身につけると、古代の呪術や魔法を使えるようになるかも?

②数学*3
 速度の計算*4により、攻撃の命中率・回避率が上がります。
 また計算・図形系のトラップを解除する確率が上がります。

③理科:
 化学の薬品、科学の燃焼などの現象を「魔法」として使えるようになります。
 威力が高い理科系のトラップを解除する確率も上がります。

④社会:
 歴史から「戦術」に関する知識を得て、戦闘で色んな行動を取れるようになります。
 また地理を上げれば、変化した校内で迷いにくく、地図も作れるようになります。

⑤英語:
 英語の資料を読めるようになり、外国語使用者(生徒)との交渉率がアップします。
 また「格好いい英語」を噛まずに言うことで、その意味を魔法として使うことができます。

⑥家庭科(技術・家庭科):
 家庭科では料理を作ってHP・MP回復をできるようになり、
 技術では簡単な道具やトラップ作成によって、校内の探索と戦闘が楽になります。

⑦体育*5(保健体育):
 物理攻撃や、移動に関する能力がとても伸びます。
 また保健体育ではメンタルのスキルを学び、MP回復もできるようになります。

⑧美術:
 空中に描いた絵を動かすなど、召喚系の魔法を使えるようになります。
 また「だまし絵」など視覚系トラップを見抜いたり、逆に作ることができるようになります。

⑨音楽*6
 音*7に関する能力が上がり、敵や一部トラップの気配に気づきやすくなります。
 また様々な「音楽」を演奏することで、味方の能力向上やHP・MP回復もできます。



☆<VSモード>

 ストーリーモードとは違う、生徒VS生徒の戦いです。
 形式としては格闘ゲームに近くなります。

 これは魔神がたわむれに言った一言、

 「最も強い、役に立つ教科って何だろう?」

 それをきっかけに起こる、生徒達の戦いになります。
 まあ本気の戦闘と言うより模擬戦(もぎせん)に近いですが、


 いい機会なので、あたなのイチオシの教科の力を使って勝ち抜いてみましょう!




☆その他要素

・専用ソフトウェアやカードリッジの使用により、あらゆるハードで遊ぶ事が可能!

・VR・AR対応!
 地元の学校や町を舞台にすることができます。
 スマホでも遊べますが、歩きながらのゲームプレイはやめましょう。


・ダンジョン自動作成システム搭載!
 また実際の問題からのダンジョンを作成することや、
 逆に「問題作成システム」で、ランダムに問題を作ることもできます。
 テスト前にオススメ!


・数々のキャラクター!
 サンプルキャラクターを使用することもできますが、
 オリジナルキャラクター作成も可能です。
 あなたのテスト答案などのデータを入力することで、あなたを忠実に再現したキャラクターを作ることも可能です。

 ゲーム内ではある1つの教科能力が高い、というキャラが多いですが、
 オリジナルの場合は好きに振り分けることができます。



☆サンプルキャラクター

・国語の阿部(あべ)
・数学の佐藤(さとう)
・理科の鈴木(すずき)
・社会の田中(たなか)
・英語の金子(かねこ)
・家庭科(技術家庭科)の和久井(わくい)
・体育の寺島(てらしま)
・美術の山田(やまだ)
・音楽の東山(ひがしやま)



 …って感じですかね。


 まあこれは「エイプリルフール」のウソ企画であって、
 実際にこのゲームが発売されることはありません。



ーーだって、発売予定日の「4月2日」が来る事は無いのですから。



 結局、現実はゲームと違います。 
 人類は「魔神」…いや、「私」に勝利できず、
 世界は今日も「4月1日」のままです。
 なので例え上記のゲームが本当に「4月2日」に発売予定だったとしても、
 あなたたちがそれを手にすることはないでしょう。



 今日も変わらず、エイプリルフール。エイプリルループ。
 変化は要らず、何も始まらない。
 ただ繰り返しだけがあればいい、



 もしそれを抜け出たいのであれば…いや、これは語るまでもありませんね。



 それでは 次回、101回目の「4月1日」でお会いしましょう。




 マジーン・ノッポこと、「魔神のっぽ」でした。




 では~。




【※この記事はエイプリルフールのジョーク記事です 駄文読了感謝】






 関連記事:『科目を表す外国語セブン』*8




◆用語集(※ウソがいっぱいです)
・教科の力:
 途中で「教科(きょうか)の力で自分を強化(きょうか)せよ!」というキャッチフレーズ(ダジャレ)を思いついたが、ちょっとアレな気もしたのでやめておいた。が、せっかくなのでここに記しておく。


・ネタバレ:
 「魔神(まじん)」の正体は「イマジン(imagine)」…つまり、「イメージ(imagine)」である。
 4月には入学や新学期などが始まるということで、
 生徒の中には「このまま時が止まればいいのに…」とか、「もっと勉強しときゃ良かった」などの不安を持つ人もいた。
 その不安を反映して、エイプリルフール(ウソの日)に出現した、ウソの存在(イメージ)が魔神である。
 初めはただのウソの存在のはずだったが、みんなの思いを吸収して強い魔法が使えるようになっている。
 時間を操る「エイプリルループ」はその一つ。
 (大人が魔神を倒せないのは、忙しくてちょっと疲れた人も多いからである。 
  もちろんみんながそうではないのだが、大人のイメージ力を弱める原因になり、魔神に対抗しにくくなっている)

 なので逆に言えば、イメージ力や強い思いによって倒すことが可能。
 「時を進めたい!」とか「もう勉強したから大丈夫!」と思えれば、魔神を倒すことができる。
 ちなみに戦闘時に各教科の力しか使えないのは、
 生徒達の「この教科、勉強して何の役に立つんだろう?」という思いを、魔神が反映させているところもある。
 どう役に立つのか、自分たちで考えてみよう、という話。
 それがゲームっぽい「戦闘」の形式を取って反映された。


・没ネタ:
 ゲームを進めていると、サンプルキャラクターの中に、一人異質なキャラクターが紛れ込む。
 古めかしい女学生の格好をした「キヨ」という女性だ。
 年齢は若いようなのに、どこか昔の人間のようである。

 それは実は、「美術部の山田」の、亡くなったはずの祖母「キヨ」であった。
 山田の「もう一度祖母に会いたい」という願いが、魔神に叶えられ、若がえった形で「キヨ」を誕生させてしまったのだ。
 (校内には生徒しか入れないためキヨも若返っている)

 だが「キヨ」は所詮「ウソ」の存在。
 この4月1日、「エイプリルループ」の中でしか存在できない。
 ストーリーが進むと山田はその事実を知り、このループを終わらせまいと主人公(あなた)の敵に回る。

 山田との戦闘に勝てば、山田はキヨに叱られた上で、別れを受け入れる。
 最後に山田は今の「キヨ」の絵を描き、満足したキヨは一足先に消滅する…、という話。
 なおこの一連のイベントを終了させると、山田の能力が大きくアップする。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「教科(きょうか)」については 12/14 英+学:学校の「教科(きょうか)」に関する英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「スキル」については 12/1 数学:「文章題(ぶんしょうだい)」は難しい - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「数学(すうがく)」については 3/4 外+数他:「数学(すうがく)」を使って「外国語」を学ぶ!? ~「比較(ひかく)」と「連立方程式(れんりつほうてしき)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「計算(けいさん)」については 6/28 英語:お遊び/ゲーム的な英文例 ~花子と先生と、やたらとゲーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「体育(たいいく)」については 10/5 英+体:「体育(たいいく)」に関する英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「音楽(おんがく)」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「音(おと)」については 4/20 英語:語群翻訳(ごぐんほんやく) ~あなたが一番伝えたいこと~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:記事『科目を表す外国語セブン』については 4/2 学+諸外:「科目(かもく)」を表す外国語7つ+α! ~今週の外国語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。