のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

4/6 生+国:「のりしろ」を漢字で書けますか? ~「糊代(のりしろ)」と「代(しろ)」の話~

 生活+国語の話ー。
 クイズっぽいのにサブタイトルでネタバレしてますが。


 手紙(てがみ)や紙の工作等で見る用語、
 「のりしろ」についての話です。
 

 前置き。
 今日は4月6日…4(し)・6(ろ)の日ということで、
 「のりしろ」という言葉を調べてみました。


 まず「のりしろ」とは、「のり(糊)」を塗るための部分、スペースですね。
 主に手紙・封筒(ふうとう)関連や、
 紙(かみ)を使った工作(こうさく)の時によく見る気がします。
 

 一応説明しておくと、紙同士を貼るためには「重なり合う」場所が必要になります。
 なので、例えば「3cm」の紙と「3cm」の紙を合わせて「6cm」にしたくても、
 重なった部分だけ減ってしまうので、「6cm」に足らなくなってしまう訳ですね。
 そのため、最初から重なり合う部分として、余分に多い「のりしろ」の部分を作っておく感じです。


 そんな、割と知っている人が多そうな「のりしろ」ですが、
 ふと「漢字ではどう書くんだ…?」などと思いまして。


 さて、皆さまは分かりますでしょうか?




 …まあどちらでも大丈夫なのですが。
 辞典などで調べたところ、「糊代(のりしろ)」などとなっておりました。


 なんでも手元の国語辞典によれば、
 「代(しろ)」の意味の1つに、「何かのために取っておく場所」という意味があるらしいです。
 (「代(しろ)」には他にも色々意味があるようです)
 なのでまさに、「『糊(のり)』のための『代(しろ)』(場所)」→「糊代(のりしろ)」という感じですね。


 改めて確認してみると当たり前な感じもしますが。
 でも筆者は、普段「のりしろ」というひらがな四文字でイメージしていたので、
 漢字は分かっていませんでしたね。反省です。


 さて、近年は紙の手紙より、電子メールやメッセージが多く使われ、
 また工作でも「3Dプリンター」や、優れた素材も多い印象です。
 そのため「紙」に触れること自体も昔よりは減り、
 「のりしろ」という語に出会う機会も減っているかもですね。


 でも、学校ではまだ紙工作などをする機会があり、
 「のりしろ」という言葉にも出会いやすいかもしれません。
 もしその時「のりしろ」と「ひらがな」で書かれていたら、
 「これ、漢字では『糊代(のりしろ)』と書くんだよな~」なんて思ってみても、面白いかもですね。



 まあそんな感じで~。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com