のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

12/17 英語:「sleep」と七変化(しちへんげ)

 本日、昨日に比べて寒いからか、なんか眠いですね…。
 記事を書きあげる集中力が途切れがちです。

 てなわけで逆に開き直って、「眠気(ねむけ)」の話を。
 英語では「眠る」は動詞*1で「sleep/スリープ」といいます。同様に名詞*2「眠り」も「sleep」です。
 このように英語では、同じつづりでも複数の「品詞」になるものがあります。品詞については前の「鑑定」についての記事をご覧ください。
 ので、知らない言葉の意味を調べる時は、「その文に、どの意味でこの単語が使われているのか」を調べるとよいですね。

 んで、形容詞「sleepy/スリーピィ」は「眠い」「眠そうな」という意味です。
 そして副詞「sleepily/スリーピリィ」は「眠そうに」という意味です。

 このように、英語では動詞・名詞の語尾に「y」を付けて形容詞化したり、
 「ly」を付けて副詞化したりすることがあります。
 もちろん元の単語から大きく意味が変わることはあまりないので、もとになっている語の意味を覚えておけば便利です。
 わざわざ「スリープ」「スリーピリイ」とかを全く違う語として覚える必要がなくなるわけですね。
 そんな風に形容詞・副詞とかには動詞を核にしてる単語も多いので、探してみると楽しいかもしれません。


◆用語
・sleep:プラクティカルジーニアス英和辞典によると、sleepの原義(元の意味)は「ずり落ちる」らしい。
 勉強中とかに眠くなって椅子からずり落ちそうになるあれのことだろうか。わかるわー。
 RPG*3とかではよく相手を眠らせる「スリープ」の呪文が出てくるが、
 筆者としてはむしろ眠いのをシャキッとさせる呪文が欲しいです。今は。

・七変化(しちへんげ):色んな姿に変わること。



benkyoumemo.hatenablog.com