のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

1/7 英+歴:「1月」は古くて新しい!? ~ローマ神話の神「ヤヌス」の話~

英語+歴史の話ー。
「1月」についての話です。

7日なので「七草粥」の話を書きたいところですが、もう書いていたので略。


1月は英語で言うと「January(ジャニュアリー)」ですが、
この名前はローマ神話の神「ヤヌス(Janus)」に由来しているといわれます。

ヤヌス」は出入り口や扉、物事の初めの神だそうです。
前と後ろに顔を持ち、一説には「老人」の顔と「子供」の顔であるとも言われます。
つまり「古い年」と「新しい年」を表すわけですね。

1日の時間でも「24時」は「0時」とも言われますので、
ある物の「終わり」は別の物の「始まり」でもある、というわけでしょう。

何かが終わるのは寂しいですが、だからこそ先へ進める、ということもあります。
自分の環境が変わることで、また新しい自分に出会えるということもあるかもしれません。

でも、新しいものが始まったからと言って、今までやったことが「無」になるわけでもありません。
例えば学校を卒業しても、そこに通っていた過去や想い出、事実は残りますしね。

だから古いものと、新しいもの。または自分の古い面と新しい面。
どちらかだけが良いというのではなく、
ヤヌス」のように、どちらもあって、どちらも良いと思えたら、
ちょっと楽しいかもしれませんね。


まあそんな感じで~。



◆用語集
・1月:
 1年の最初の月。
 旧暦では「睦月(むつき)」。
 英語では「January(ジャニュアリー)」。
 関連用語:「3月」*1、「4月」、「5月」*2、「6月」*3、「7月」、「8月」*4、「10月」*5、「11月」*6

ヤヌス
 関連用語:「年神(としがみ)」*7

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com