のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

8/1 英+歴:暦/8月「August」 ~8≠「8」で、10=「8」!?~

 英語の話―。
 8月になりましたので、英語の「8月」についての話です。
 辞書にも載ってるような有名な話ですが。


 「8月」は英語で「August(オーガスト)」といいますが、
 これは初代ローマ*1皇帝*2アウグストゥス(Augustus)」が自分の名前を付けたことに由来します。
 なのでこの単語自体は「8」には関係なかったりします。

 むしろ「8」を表す「Oct(オクト)」が使われているのは「10月」の「October(オクトーバー)」だったり。
 というのも当時ローマで使ってた暦は3月スタートだったらしく、今のものとは数字*3が2個ずつずれているわけですね。

 ちなみに上記の「アウグストゥス」という人物、皇帝になる前の名は「オクタヴィアヌス」であり、
 有名な「ジュリアス・シーザー」の養子だったりします。
 あと「クレオパトラクレオパトラ7世)」とかと同時代人だったり。
 有名人一杯でスケールの大きさを感じます。


 8月の日本は「真夏」や「お盆」*4というイメージが強いですが。
 ちょっと変わったイメージが欲しい方は、単語「August」からローマに思いを馳せてみてもいいかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。



◆用語集
・8月:8番目の月*5。日本だと夏。旧暦では「葉月(はづき)」という。
 wikipediaには「観月(かんげつ)」や「月見月(つきみつき)」*6などオシャレな異名が載っていた。

ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar):紀元前100年 - 紀元前44年。
 ローマの政治家、軍人。
 英語読みの「ジュリアス・シーザー」という名前も有名。
 「賽は投げられた」などの有名なセリフを残す。
 あと死に際の「ブルータス、お前もか」という言葉も有名。信じていた者に裏切られた場面なので悲しいが。
 Wikipediaによれば昔の「アレクサンドロス大王」と自分をくらべて(同じ年齢になって)焦ることもあったそうな。時代を感じるエピソードである。
 ゲーム『Fate/Grand Order』にも出ているのだが、かなりふっくらしている。
 ちなみにアレクサンドロス大王も同ゲームに出ているので、いろいろ思うところがあるかもしれない。

クレオパトララテン語ではCleopatra):紀元前69-30。
 古代エジプト*7の女王。美人で有名。
 一般に「世界三大美女」として「クレオパトラ楊貴妃(ようきひ)、小野小町(おののこまち)」と言われるくらい。
 自分を寝具袋に包ませて、カエサルの元へ忍び込んだエピソードが有名。ちょっとイリュージョン感がある
 ちなみにこの時、彼女は「弟のプトレマイオス13世と兄弟婚→色々あってもめる→クレオパトラ派が劣勢になる」という状態でこれをやったらしい。
 実際この後カエサル勝利し、プトレマイオス13世に勝てたので、起死回生の一手である。
 彼女はカエサルの愛人となったが、13世との戦いの後はやはり弟の「プトレマイオス14世」と結婚したらしい。
 兄弟婚は当時のエジプトの慣例だったらしいのだが、現代からするとけっこうすごい話に見える。
 ちなみに彼女は「カエサリオン」という子供を産んでいるが、父親カエサルかは不明。
 彼女はゲームなどにもよく出ている。『モンスト』*8とか『Fate』とか『シヴィライゼーション』にも出てる。
 『Fate』の方ではカエサルと再会することができる。彼はなんだかふっくらしてるが(それに関しての言及セリフあり)。

小野小町(おののこまち):
 平安時代の女流歌人




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com