のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

11/30 英語:ローマ字

ここに書く知識は自分の勉強用の、適当な覚え書きになります。ご注意を。

本当にざっくり書くのでご注意。間違ったことも気にせず、色々書いてしまうかと。

 

英語を学ぶ時、読み方が色々難しいですね。

とりあえず基本となるローマ字について書きます。 

 

ローマ字の語源とかは置いといて。

日本の「ひらがな」であるあ、い、う、え、おは

ローマ字で表すとa、i、u、e、oという感じになります。

これがいわゆる「母音(ぼいん)」。これが発音のメインになります。

それの前に「子音(しいん)」(kとかsとか)を組み合わせて、

かきくけこ=ka、ki、ku、ke、koとかを表現するわけですね。

子音が飾りをすることで、いろんな音が表現できる感じです。

 

 

 ◆用語

・ローマ字:Wikipediaによると、本来は「ラテンアルファベット」のこと。古代ローマ帝国に由来するからローマ字というらしい。でも日本ではラテンアルファベットじゃなくて「ラテン文字を用いての日本語表記法」をローマ字と呼んでいるらしい。ややこしい。つまり「A」とかじゃなくて、「ka-ta-ka-na(カタカナ)」みたいなのをローマ字と呼んでいるのか?

 関連用語:「漢字(かんじ)」*1

 

・アルファベット:英語で勉強するA~Zの文字。ドイツ語だと加えてまだ文字があったりする。また違う名前なのかもしれない。

 

古代ローマ帝国:昔ヨーロッパで勢いのあった帝国*2今のイタリアとかギリシャら辺。

最近だと漫画『テルマエ・ロマエ』とかで有名。公衆浴場とかがあった。あと奴隷とか剣闘士を戦わすコロッセウム(闘技場)で有名。

 関連用語:「アウグストゥス*3、「神聖ローマ帝国*4、「サラリー」*5、「エトルリア*6

 

 ・母音(ぼいん):詳細は本文参照。

 英語で言うと「vowel(ヴォウェル)」。

 関連用語:「韻(いん)」*7

 

・子音(しいん):詳細は本文参照。

英語では「consonant(コンソーナント)」。