のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

4/10 社+音:ボロネーゼとポロネーズ! ~パスタとダンスと英雄~

 社会と音楽の話ー。別に英雄がパスタとダンスするわけじゃないのでご注意を。
 ボロネーゼとポロネーズという二つに似た言葉についての話です。


 スパゲッティに「スパゲッティ・ボロネーゼ」というのがありますが
 音楽で似た言葉で「ポロネーズ」というのもあります。
 というわけでこの二つについて調べてみました。

 「ボロネーゼ」というのは日本ではいわゆる「ミートソース」*1
 イタリアのボローニャ(Bologna)地方発祥なので、「ボロネーゼ (イタリア語:bolognese)」*2というようです。

 一方「ポロネーズ(フランス語:polonaise)」というのはダンスや、そのための曲のことらしいです。
 Wikipediaによればフランス語で「ポーランド*3風」という意味らしいですね。
 ショパンの曲「英雄ポロネーズ」が有名です。


 調べてみたらどっちも「国・地方名+~風」という言葉でした。
 日本でいうと「日本風」とか「京風」、あるいは「東北流」みたいなかんじになるでしょうか?


 日本は料理とかでもカタカナ語をいっぱい輸入しているので、
 地理が苦手な方はここら辺をとっかかりにしてみてもいいかもしれません。


 まあそんな感じで~。



追記
 ちなみにイタリア料理で「ミラネーゼ(milanése)」というのもあるので調べてみましたが、
 「ミラノ( Milano)風の」、あるいは「ミラノっ子」という意味でした。シンプル。
 ちなみに調味料の「マヨネーズ(Mayonnaise)」はフランス語。語源は地名や人名とかいろいろあるみたいです。
 そして東京の「白金台(しろかねだい)」に住む女性は「シロガネーゼ」とか言ったりします。関係ないですが。


◆用語集 (人名敬称略)
ボローニャ:都市名と県名がある。
 都市ボロ-ニャはエミリア=ロマーニャ州の州都であり、ボローニャ県の県都
 「ボローニャボローニャ市」はちょっとややこしいかもだが、日本でもいう「京都府京都市」とか「埼玉さいたま市」みたいな感じか。

ポロネーズ(polonaise):音楽の、舞曲の一形式。
 「英雄ポロネーズ」の正式名称は「ポロネーズ第6番変イ長調 作品53」らしい。
 ドラマで使われることも多く、漫画原作ドラマ『のだめカンタービレ』でも演奏されたらしい。
 ショパンポロネーズには他にも『軍隊*4ポロネーズ』や『幻想ポロネーズ』などがある。
 英雄、軍隊、幻想…名前の充実っぷりがすごい。

・マヨネーズ(Mayonnaise):調味料の一種。
 何にでもこれをかける人は「マヨラー」と呼ばれる。
 だが卵も入っており、カロリーは多めなので採りすぎには注意。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「ソース」については 6/27 英語:ニュースソースとウスターソース! ~二つのソース~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:正確には「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ(ragù alla bolognese」らしい。Wikipedia参考

*3:現地の表記ではポーランドは「Polska」

*4:「軍隊(ぐんたい)」については 5/1 社会:「軍隊(ぐんたい)」に関しての二つの立場(ざっくり) - のっぽさんの勉強メモ を参照。