読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

12/18 社会:なんだか強そうなギリシャ料理の名前! ~ドルマダキア、スジュカキア、バクラヴァス~

 社会の話ー。社会というより言葉の話ですが。
 「強そうなギリシャ料理の名前」の話です。


 『ワールドガイド ギリシアエーゲ海』という観光本を読んでいたのですが。
 その中で紹介されているギリシャ料理の名前がなかなか強そうです。

 例えば「ドルマダキア」と聞くとなんか
 「ファンタジー*1の町とか地名かな?」って感じもしますが。
 実際には「ひき肉や魚*2が入った混ぜご飯を炒めてぶどうの葉やキャベツ*3でくるんだもの」(説明は上記本のものを引用)だったりします。
 現地の人にとってみれば日常的な単語でしょうが、知らないと逆に想像が膨らむ部分もあります。

 ほかにもいろいろあるので名前だけご紹介させていただきます。

◆色んなギリシャ料理の名前 (説明は上記本のものの引用させていただいてます)

・「サガナキ」
 =ほどよく塩*4がきいたチーズを揚げたもの

・「カラマラキア」
 =新鮮な小ぶりのイカ*5のから揚げ

・「ガリデス・ティガニテス」
 =ガーリックと塩だけのシンプルな味付けをしたエビのフリッター

・「バルブニア」
 =赤ヒメジを揚げたもの
 ※赤ヒメジ=魚の一種

・「ガリデス・スハラス」
 =エビを焼いたもの

・「プサリア・スハラス」
 =魚のグリル

・「ユヴェチ」
 =肉と米状マカロニを煮込んだ料理

・「ケフテデス」
 =ギリシア風肉団子

・「スジュカキア」
 =肉団子のトマトソース*6煮込み

・「スブラキ・アルニシオ」
 =ラムのブロック肉の炭火焼き

・「バクラヴァス」
 =クルミや干し果物を挟んだパイをシロップに浸したギリシアの伝統料理




 ……って感じですね。
 画像を載せられないのが残念ですが。

 でも「なんとなく格好良い」「なんとなく惹かれる」ということは
 ある言葉・言語を学ぶきっかけになったりします。
 だからある言葉を学ぶとき(英語も含めて)
 「響きが面白い言葉」を入り口にしてみるのもいいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


◆参考文献
JTBパブリッシング,2006,『ワールドガイド ギリシアエーゲ海』,JTBパブリッシング


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com