のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/22 理科:四大元素(しだいげんそ)の話 ~地水火風~

 理科の話ー。(化学の源流にもなった錬金術(れんきんじゅつ)が絡むので理科分類)
 「四大元素(しだいげんそ)」*1の話です。
 難しそうですが、ゲーム*2とかでよく出てくる「地水火風」のもとになる考え方なので
 まあそんな感じでだる~っとお読みください。


 以前中国などの「五行(ごぎょう)」*3思想の話を書きました。
 「木・火・土・金・水(もっ(もく)・か・ど・ごん・すい)」ですね。
 この世は五つの要素によって成り立っているとする考え方です。

 対して西洋には、「四大元素(しだいげんそ)」で考え方があります。
 この世のものを四つの大きな元素(要素)に分けて考えようってことです。
 wikipediaによると「古代ギリシア*4・ローマ、イスラーム世界、および18~19世紀頃までのヨーロッパで支持された」そうですね。
 内容は説によっても色々違うのですが、有名なのが、
 「地・水・火・風(ち・すい・か・ふう)」または「土・水・火・風」って感じの分け方ですね。

 錬金術師(れんきんじゅつし)のパラケルスス*5という人は
 著書の中で、四大元素にはそれぞれ「精霊(せいれい)」がいるとしたそうです。
 (「精霊(せいれい)」とは、物質とか(人間以外の)生き物が力や意志を持ったもの。)
 それが「四大精霊」(エレメンタル)です。ゲームとかによく出てきます。
 担当は以下の感じ。()内はよくあるイメージです。

 ・土(earth/アース*6):ノーム(いわゆる小人さん
 ・水(water/ウォーター)*7:ニンフ/ウンディーネ(水の美人精霊)
 ・火(fire/ファイア)*8:サラマンダー*9(火のトカゲ)
 ・風(air(エアー)(※風というより「空気」)/wind(ウィンド)):シルフ/シルフィード(風の美人妖精)

 って感じです。「美人」とか書いたのはそう描かれることが多いってことです。

 あと昔の人はこの「四大元素の配列をいじれば色々できるんじゃね?」とか
 「ありふれた金属からレアな金属(金*10とか)とか生み出せるんじゃないかな……」と努力しました。
 これがいわゆる「錬術(れんきんじゅつ)」の名前のもとにもなっています。
 「成する技術」まあつまりは「金作りたいぜ技術」ってことですね。

 この他の金属から「金」を作るというのは、
 「卑金属(ひきんぞく)」から「貴金属(ききんぞく)」を作る、つまり物のグレードをアップさせると考えられていました。
 なのでいつしかここら辺が人間にも適用されて
 「じゃあ人間もグレードアップできるんじゃね?」「不老不死とかになれるんじゃね?」という動きもあったようです。
 これが広い意味での錬金術ですね。なので錬金術はしばしばオカルトに絡むような怪しいことしてます。
 ここにはよくゲームにも出てくる「賢者の石(けんじゃのいし)」*11や「エリクサー」といったものが絡みますが、それはまた今度。


 まあそんな感じで~。


◆用語集
・精霊(せいれい):(人間以外の)生き物や物質*12が意志を持ったもの。
 超自然的な……つまり不思議な存在。
 英語だと「spirit(スピリット)」。
 おとぎ話の「ランプの精」「泉の精」、あるいは「桜の精」とかが有名。


・四大精霊(しだいせいれい):四大元素をつかさどる精霊。
 本文に書いたノームやウンディーネなどのこと。
 ウンディーネやシルフなどは女性とされており、演劇や物語でしばしば人間と恋に落ちている。
 あれ、これっていわゆる「擬人化」なんじゃ……。
 ラノベとかでも、剣が女の子になったり色々なものが女の子になったり(最近は男化もある*13)するのが「ねーよ!」とか言われるが、結構昔も似たようなことをやっていると言える。
 というかここら辺が源流かもしれん。
 昔の日本の著作を見てみると結構すごい展開があるし。多分外国でも色々ある。
 ちなみにパッと調べたところ、ノームやサラマンダーとの恋愛ネタは特にないようだ。いいやら悪いやら。
 サラマンダー辺りが「せっかくだからイケメン化の能力でもつけてくれないかな……」と思っているかもしれない。


錬金術(れんきんじゅつ):英語で言うと「alchemy(アルケミ―)」。
 マンガ『鋼の錬金術師』で有名になった感がある。
 あとは合成ゲーム『アトリエ』シリーズでも錬金術が使用される。

・空気(くうき):地球の表面にある気体。
 英語で言うと「air(エアー)」。
 関連用語:「空気抵抗(くうきていこう)」*14、「気圧(きあつ)」*15、「音(おと)」*16、「混合物(こんごうぶつ)」*17、「光化学スモッグ*18


・風(かぜ):空気の動き。
 英語では「wind(ウィンド)」など。
 世界の神話でも風に関わる神は多く、日本でも「風神(ふうじん)」の姿を「風神雷神図屏風(ふうじんらいじんず・びょうぶ)」などに見えることができる。
 関連用語:「嵐(あらし)*19、「風車(ふうしゃ)」*20

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:理科の「元素(げんそ)」については 12/25 理科:元素記号1~18 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「ゲーム」については 3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「五行(ごぎょう)」については 1/14 歴史:五行(ごぎょう)/「青春(せいしゅん)」は青龍(せいりゅう)さんのおかげ!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:ギリシャ」については 12/18 社会:なんだか強そうなギリシャ料理の名前! ~ドルマダキア、スジュカキア、バクラヴァス~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:パラケルスス」については 5/22 理科:錬金術/「愚者の黄金(ぐしゃのおうごん)」と「賢者の石(けんじゃのいし)」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「earth」は「地球(ちきゅう)」という意味も持つ。詳細は 12/22 理科:地磁気(ちじき)の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「水(みず)」については12/3 地理+理科:日本とか、浮力とか、ソシャゲとかの話 - のっぽさんの勉強メモ12/16 地理:都市運営ゲーム/「水(みず)」編ですよ、市長! - のっぽさんの勉強メモも参照。

*8:「火(ひ)」については 10/9 英語:消防訓練とドリルの関係!? ~今日はファイアドリルの日です~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「サラマンダー」については 6/26 歴+生:サラマンダーと「ウーパールーパー」の関係!? ~四大とトカゲ、あと食材~ - のっぽさんの勉強メモ も参照。

*10:金属としての「金(きん/gold)」については12/3 世界史:塩とコショウ、保存と時間 - のっぽさんの勉強メモも参照。

*11:「賢者(けんじゃ)」については 7/24 英+理:薬草/セージと賢者(けんじゃ)と救世主(きゅうせいしゅ)! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「物質(ぶっしつ)」については 12/6 理科→英語・社会:専門用語を調べてみると(in英語) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:刀剣乱舞(とうけんらんぶ)』においては刀剣が男性化している。詳細は7/7 歴史:聖徳太子 with 最強武器!? ~七星剣&丙子椒林剣~ - のっぽさんの勉強メモ参照。

*14:「空気抵抗(くうきていこう)」については 12/25 理科:空気抵抗(くうきていこう)と物の形! ~空気を裂くように~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:「気圧(きあつ)」については 1/18 理科:高気圧・低気圧の話メモ ~温度と日射と上昇気流~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*16:「音(おと)」については 4/20 英語:語群翻訳(ごぐんほんやく) ~あなたが一番伝えたいこと~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*17:「混合物(こんごうぶつ)」については 1/2 理科:「物質(ぶっしつ)」についてのメモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*18:光化学スモッグ」については 11/27 英語:「photo-」/フォトとフォトンとフォトケミカル! ~写真と光化学スモッグ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*19:嵐(あらし)」については 2/14 国語:嵐のバレンタインデー……っていうか嵐 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*20:「風車(ふうしゃ)」については 6/16 英語:色んな「車(くるま)」/「水車」に「風車」、そして「火車」!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。