のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

3/19 英語:色んな「サイク」の話 ~サイクル、サイクロン、サイクロトロン~

 英語+理科の話ー。
 今日は3月19日…「さ・いく」ということで
 「サイク」で始まる言葉の話を。



 「サイク」で始まる英語でパッと思いつくのは、「サイクル(cycle)」がありますね。
 これは「周期(しゅうき)」「自転車」と言った意味があります。
 自転車を借りられる「レンタサイクル」というサービスもありますし。
 もちろん「bycycle(バイシクル)」とも関連があります。

 手元のジーニアス英和辞典によれば「cycle」の原義は「円(えん)」*1だそうで。
 確かに円がくるくる回るのは、周期、つまり同じことを繰り返すって感じがしますね。
 英語で「円」と言いますと「circle(サークル)」ですね、
 上記の「サイクル(cycle)」とかなり似ているので、関連がありそうです。


 また天候では「サイクロン(cycle)」というものもあります。
 これは熱帯低気圧や、「大竜巻(おおたつまき)」といった意味ですね。
 台風*2や竜巻は風がぐるぐる円形になって進むので、まさしく「サイクル」という感じですね。


 あとは粒子加速器サイクロトロン(cyclotron)」という物もあります。
 ざっくり言うとイオンをぐるぐるぶん回して、遠心力で加速させる装置ですね。
 「cyclo」の名を持つように、装置も円形になっていたりします。


 色んな「サイク~」があるものです。
 ちなみに理科で習ったかもしれませんが、「円」運動をうまく使うと発電ができたりします。
 (教科書ではモーターとかコイル周りで載ってたりします)
 あとは単純に自転車を動かすとかいろいろ役立ちますね。
 ペダルとチェーンが連動することで前に速く進む力になると。


 「ぐるぐる回る」とか「円運動」と言うと「同じところから進めていない」イメージもありますが。
 発電や自転車の便利さを考えると、
 「サイクル(cycle)」によってむしろ先へ進める…、なんてことがあるのかもしれません。


 まあそんな感じで~。


関連用語:「回路(かいろ)」*3、「ラウンド」*4


追記
 ちなみに「CERN」が建設した大型の衝突加速器「ラージハドロンコライダー」も円形です。
 かなりでかいですが。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com