のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/9 英+体他:色んな「ツイスト(twist)」の話! ~ダンス、ドーナツ、髪型(かみがた)その他~

 英語+体育+生活(家庭科)の話ー。


 「ひねり」などの意味を持つ英語「twist(ツイスト)」と、
 それに関わる色んな単語(ダンスや髪形など)の話です。



 前置き。
 まず英語の「twist(ツイスト、トウィスト)」とは、「ねじる(捩じる)」とか「ひねり(捻り)」といった意味の単語ですね。
 辞書によれば「糸*1をよる(縒る)、よりあわせる」とか「巻きつく」といった意味もあるので、
 糸などがクルクルと回ったり、ねじれたりする感じのイメージかもしれません。


 で、「ツイスト」の名前では、有名なダンス*2「ツイスト(twist)」というのもあります。
 これは音楽に合わせて腰(こし)を「ひねる(twist)」ことから、名前がついたようですね。
 Wikipediaによれば「1960年代前半」に世界的流行したみたいです。
 今もあるかもですが、特にテレビ番組の「懐かしの映像」コーナーとかで見たりする印象です。


 また辞書などによると、パンなどにも「ツイスト(twist)」というものがあったりするようです。
 ネットで調べてみると確かに「ツイストパン」や「ツイストドーナツ」などが見つかりました。
 こちらもクルクルとひねられた、ねじれている形を指すようです。


 他にも、髪型(かみがた)で「ツイスト」というものもあるようですし、
 有名なゲームに「ツイスター(twister)」というものもあります。
 また竜巻*3をテーマにした映画に『ツイスター(Twister)』というものがあったり、
 ディズニー*4のゲームに『ディズニー ツイステッドワンダーランド(Disney: Twisted-Wonderland)』というものもあったりします。


 並べてみると、けっこう色んな所に「ツイスト(twist)」や関係語があったりしますね。
 まあ反対語の「ストレート(straight)/まっすぐ」も色んな所にあるのですが、
 「みんな『ひねり(twist)』が好きなのかな?」と思うと、ちょっと面白い気もしますね。
 (まあかく言う筆者も、ひねってある形とか好きなのですが)

 ちなみに英語の「twist」とはまた違う感じですが、
 日本語の「ひねり」には「工夫(くふう)」という意味もあったりします。
 例えば「ひねりを加える」、「ひねる」というと、形に変化を加えて、特色を出す、みたいな意味もあったりしますね。
 (対して英語の「twist」は「こじつけ」、「ひねくれ」などの意味が強い印象です)


 世の中には色んなスタイルや好みがあるようで、
 例えば物語も「『まっすぐ(straight)」の王道がいい!」という方もいれば、
 「ちょっと『ひねり(twist)』(工夫・変化)を加えたものがいい」という方もいるかと思います。
 でも「王道」も「ひねり」も、ずっと一方だけだと飽きてしまうかも?


 そう考えると「まっすぐ」も「ひねり」も両方ある方が、
 実はより面白い…「ひねった(twisted)/工夫した」結果にたどり着ける、なんてこともあるかもですね。
 「何か新しいものに触れたいなー」という時は、考えてみてもいいのかもしれません。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに「twist」の語は野球の「カーブ」…「曲がる球」の意味もあるようです。



◆用語集
・twist(ツイスト):
 関連用語:「spin(スピン)/紡ぐ、回転させる」*5


・ツイスト【ダンス】:
 関連用語:「チークダンス」*6


・ツイスター【映画】:
 関連用語:「竜巻(たつまき)」


・『ディズニー ツイステッドワンダーランド(Disney: Twisted-Wonderland)』


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com