のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

9/7 国+ゲーム:「合成獣(キメラ)」を元に戻すゲーム!? ~「分け分け・キメラゲーム」~

 国語+ゲームの話ー。
 「色々混ざった名前を、元に戻そう」ってゲームの話です。

 ここでいう「キメラ」というのは「合成獣(ごうせいじゅう)」みたいな感じです。
 色んなものが混ざってしまった、不思議な生き物ですね。


 過去記事で書いたゲーム「シリトリデ・タンゴ・マゼール*1ではいろんな言葉を「混ぜる」ことをゲームにしてみましたが、
 逆に「分ける」「元に戻す」のも結構楽しいかも?と思って
 ゲームにしてみました。


☆ゲーム名:「分け分け・キメラゲーム」

☆あらすじ
 悪の科学者が勝手に色んなものを混ぜてしまった!
 いっぱい合成獣「キメラ」が作られたが、
 本人たちの意思を無視して混ぜたもんだから、みんな暴れて大混乱。
 正しい姿に「分けて」、落ち着かせてあげてください。


☆ルール
・2個以上の言葉が混ざった言葉があるので、元の言葉に分けてあげてください

って感じです。


 例えば問題が「パパイヤギ」だったら
 果物の「パパイヤ」と、動物の「ヤギ」に分けるって感じです。
 式にすると「パパイヤギ」→「パパイヤ」+「ヤギ」
 みたいな感じです。こう書くと化学変化式みたいですね。


 まあふわっと解いてみてください。


 それではゴー。


☆暴れてる「キメラ」リスト (問題リスト)

①「ゴリランドセル」

②「バナナマケモノ

③「ダイヤモンドラゴン

④「ダルマントヒヒ」

⑤「キツネコ」



 …いかがでしょうか?
 答えは下に載せておきますね。


 まあここでは遊びなんですが
 文を「区切る」とか「分ける」という作業は、結構大事だったりします。
 長い英文は全部ひとつながりに見え(てげっそりし)ますが、
 一つ一つは知ってる単語だったりしますしね。
 その場合はゆっくり区切っていけば読めたりするわけです。

 上にいっぱいの不思議な「キメラ」を書きましたが
 一つ一つは多分知っている言葉ででできています。
 そういう見た目の複雑さに惑わされないようにすれば、
 テストや勉強でも、いいことがあるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。





追記
 問題が足りない、という方のために追加問題も書いておきます。

⑥「カラスズメ」

⑦「カモンキー」

⑧「ヒツジシャク」

⑨「カンガルーレットラ」

⑩「オオカミンミンゼミニチュアダックスフンド











☆解答

①「ゴリランドセル」
 →「ゴリラ」+「ランドセル」

②「バナナマケモノ
 →「バナナ」+「ナマケモノ

③「ダイヤモンドラゴン
 →「ダイヤモンド」+「ドラゴン」

④「ダルマントヒヒ」
 →「ダルマ」+「マントヒヒ」

⑤「キツネコ」
 →「キツネ」+「ネコ」

(追加問題)
⑥「カラスズメ」
 →「カラス」+「スズメ」

⑦「カモンキー」
 →「カモ」+「モンキー」

⑧「ヒツジシャク」
 →「ヒツジ」+「ジシャク」

⑨「カンガルーレットラ」
 →「カンガルー」*2+「ルーレット」+「トラ」

⑩「オオカミンミンゼミニチュアダックスフンド
 →「オオカミ」+「ミンミンゼミ」+「ミニチュアダックスフンド



◆用語集
・キメラ(Chimera):
 元々はギリシャ神話*3に登場する「キマイラ」。。
 単にキメラといったときは「色々混ざったような生物」くらいの意味のことも多い。
 色々な動物の要素を持つ、という広い意味では妖怪の「鵺(ぬえ)」*4や神獣「麒麟(きりん)」*5、「龍(りゅう)」*6などもこれに当てはまるともいえる。
 関連用語:「四不像(しふぞう)」*7

・キマイラ(Chimaera):
 ライオンやヤギ、蛇を混ぜたような姿の怪物。
 ギリシャ神話に出てくる。
 今回Wikipediaを見て知ったのだが「テュポーン」と「エキドナ」の「娘」らしい。
 女性(あるいはメス)だったのか…。
 あと、同じくWikipediaの情報だが、元はヒッタイト*8で神聖視された季節を表す聖獣だったらしい。
 「キマイラ」という名前もファンタジーやゲームなどにもよく出てくる。
 『シャドウバース』*9にも出ている。
 関連用語:『ダブルクロス*10

・キマイラ(シャドウバース):
 『シャドウバース』のフォロワー。「ウィッチ」に属する。
 コストが重いが、スペルを唱えるたびに減っていくので、見た目ほど出しにくくはない。
 登場とともに相手にダメージを与えられるのが便利。

テュポーンラテン語: Typhon):
 ギリシャ神話の巨人*11であり、神にして怪物。
 ガイアの息子。エキドナの夫。色々な怪物の父。
 関連用語:「台風(たいふう)」*12


・エキドナ(Echidna):
 ギリシャ神話の怪物。上半身は女性だが、下半身は蛇*13の姿。
 いろんな怪物の母であり、ケルベロス*14オルトロスヒュドラスフィンクスなどを生んだとされる。
 ちなみにスフィンクスなどは息子であるオルトロスとの子供。息子と再婚したらしい。まあ昔の神話ではよくある。
 エキドナの出自には諸説があるが、メデューサ*15の息子である「クリュサオル」の子である、という説がある。
 まあメデューサの首がはねられた時の血から生まれたので、普通の意味の息子ではないかもだが。
 つまりその場合はメデューサ→クリュサオル→エキドナみたいな感じ。
 あとWikipediaによれば、もとはスキタイ地方の女神だったらしい。
 ちなみに『パズドラ』や『グランブルーファンタジー』などのゲームにも出ている。

オルトロス
 ギリシャ神話の怪物。双頭の犬の怪物であるとされる。
 エキドナの子であるが、母エキドナとの間に「スフィンクス」をもうけた。
 最後は英雄「ヘラクレス」に殺された。
 あと『シャドウバース』にも出てたりする。

オルトロス(シャドウバース):
 『シャドウバース』のフォロワー。ネクロマンサーに属する。
 自身の体力などは高くないが、敵にダメージを与えながら味方を強化することが可能。
 便利で強い。あとイラストが美少女化している。かわいい。
 でもこれだとエキドナさんと子供が作れないのでは…と思ったが、
 そもそもギリシャ神話では血液から子供が生まれたりしているし、
 偉人ゲームではしょっちゅういろんな人が女性化しているので、
 割と今更だった。
 しかし今の所『シャドウバース』にはエキドナもスフィンクスも出演していないが、
 もし出てきた場合はオルトロスとの関係性はどうなるのだろうか…?(割とどうでもいい)

・クリュサオル:
 ギリシャ神話の登場人物。メデューサの子。
 「ペガサス」*16と一緒に生まれており、その意味では兄弟。
 あと海に血が滴ってできたらしいので、メデューサと海神「ポセイドン」*17の子とされる。


スフィンクス
 有名な怪物。
 どうもエジプト神話*18ギリシャ神話、メソポタミア神話に出ているらしい。
 伝説によって姿は少し異なるが、おおむねライオン*19の胴体に女性の頭部。あと翼があったりなかったり。
 ギリシャ神話においては、エキドナとオルトロスの娘。(これに関しても諸説あるらしい)
 旅人に謎かけをしては食べていたそうだが、「オイディプス」に謎を解かれて海に身を投げたという。
 どんな問題を出していて、答えは何だったか…知っている方も多いのではないだろうか。
 なんか、世界一有名なクイズと、ネタバレ感がある。
 エジプトでは「ピラミッド」*20の傍にスフィンクスの像があることでも有名。
 ちなみに猫の一種に「スフィンクス」という種類のものがいる。

スフィンクス(猫):
 こちらは猫の種類としてのスフィンクス
 毛がとても短いのが特徴。
 ゲーム『のぶニャがの野望』*21ではネコ化した武将などがいろいろ出ているが、スフィンクス種のキャラもけっこういる。

・ウィッチ(シャドウバース):
 『シャドウバース』でのクラスの一つ。
 使用するのは「イザベル」などのキャラクター。
 名前が「魔法使い」や「魔女(まじょ)」*22を表すように、スペル、呪文に関わる効果のカードが多い。
 具体的には「スペルブースト」といって、スペルを唱えるたびに手札が強化されたりする。
 ダメージが増えたりコストが減ったり。上記の「キマイラ」はコストが減る方。
 ちなみにウィッチのカードの一つ「ベビーウィッチ・エミル」は、担当声優が『干物妹!うまるちゃん』の「土間うまる」役の方だったりする。道理で聞き覚えがある声だと思った…。
 関連用語:「錬金術(れんきんじゅつ)」*23、「ゴーレム」*24、「エウロペ(シャドウバース)」*25、「ゲイザー」*26

・イザベル(シャドウバース):
 『シャドウバース』の主人公的キャラクターの一人。
 魔術師であり、「ウィッチ」クラスのカードを使う。
 最愛の婚約者を無くした彼女は、死者蘇生の方法を求めてさまよう。
 ストーリーも暗め。
 でもなんか服装がやたらセクシー。

・「ベビーウィッチ・エミル」:
 声やセリフがかわいい。
 担当声優は「田中あいみ」さん。


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:筆者の自作ゲーム『シリトリデ・タンゴ・マゼール』については 3/12 国+ゲーム:「シリトリデ・タンゴ・マゼール」! ~二つのものを混ぜるゲーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「カンガルー」については 4/1 英+ゲーム:その「カ行」は「c」なのか「k」なのか!? ~自作「ck(シーケー)ゲーム」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:ギリシャ神話」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「鵺(ぬえ)」については 5/25 国語:鉞(まさかり)/魔王とマサカリと金太郎! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:麒麟(きりん)」については 10/10 歴史:キリンと麒麟の話 ~伝説がアフリカからやってきた!?~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「龍(りゅう)」については 7/17 国+英:どら焼き・ドラキュラ・ドラゴンの話! ~色んな「ドラ」のつく言葉~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:神獣「四不像(しふぞう)」については 1/15 歴史:「軍師(ぐんし)」か、はたまた「仙人(せんにん)」か!? ~人物「太公望(たいこうぼう)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:ヒッタイト」については 5/17 学習:イメージ・ネットワーク ~色んな所にネタを探す~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:『シャドウバース』や「ネクロマンサー」については 7/14 数+ゲーム:『シャドウバース』で確率を考える! ~投入カード枚数と初期手札編~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:TRPG『ダブルクロス』については 7/2 英語:ゾンビ物で出てきそうな英単語! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「巨人(きょじん)」については 3/2 社会:ウサギの話(を少し) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「台風(たいふう)」については 8/8 国+理:「台風(たいふう)」についての話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「蛇(へび)」については 1/29 国語:蛇(へび)/「虫へん」の「虫」は(元々)「昆虫(こんちゅう)」じゃない!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:ケルベロス」については 6/15 国語:「魔法(まほう)」・「プロレス」・「選挙演説」!? ~色んな説明(せつめい)の仕方~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:メデューサ」については 4/24 英語:お遊び/中二病的な英文例 ~あいつは魔王で魔眼使い~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*16:「ペガサス」については 4/23 社+理:必殺技から星座(せいざ)を覚える!? ~コラボCMの話2~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*17:「ポセイドン」については 4/12 英語:色んな「フォーク」の話 ~食器と熊手(くまで)とダンスと民謡(みんよう)!~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*18:「エジプト神話」については 6/23 歴+ゲーム:「オシリス」・「オベリスク」・「ラー」(神名敬称略)の話! ~『遊戯王』とエジプト神話の話メモ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*19:「ライオン」については 4/4 歴史:二つの「獅子(しし)」の物語! ~「獅子狩文錦(ししかりもんきん)」と「獅子心王(しししんおう)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*20:「ピラミッド」については 2/13 数学:図形/「○+△=○」だって? ~連立ヒント式~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*21:ゲーム『のぶニャがの野望』については 1/10 歴史+ゲーム:戦国時代の「剣豪(けんごう)」の流れメモ(仮) ~ゲーム『のぶニャがの野望』より~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*22:「魔女(まじょ)」については 2/20 社会:悪→善チェンジ ~ランダは白魔術を覚えた!~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*23:錬金術(れんきんじゅつ)」については 5/22 理科:四大元素(しだいげんそ)の話 ~地水火風~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*24:「ゴーレム」については 4/21 歴史:「詩人(しじん)」にして「ゴーレム」の製作者!? ~「アヴィケブロン」という人物の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*25:『シャドウバース』の「エウロペ」については 2/17 歴史:人の名が土地になりました? ~「エウロパ」、「ヨーロッパ」、そして誘拐事件!?~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*26:魔物「ゲイザー」については 11/20 家+英:星を見つめるニシンのパイ!? ~「スターゲイジー・パイ」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照、