読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

4/5 体+社:神vs神、神vs人の格闘技!? ~相撲(すもう)の話~

 体育+歴史の話ー。もちろん人vs人が標準なのでご安心を。
 今日は4/5(し・ご)ということで
 「四股(しこ)」から連想して「相撲(すもう)」の話を少し。


 先に、「四股(しこ)」というのは相撲の準備体操みたいなものです。
 両足を開いて、片足を上げておろす、みたいな動きです。
 大相撲では「土俵入り(どひょういり)」の時によく見られます。
 最近では「股関節(こかんせつ)」のトレーニング法として注目されていますね。
 下半身が強いとスポーツとかに役立ちますし、音楽系にも意外に効果あると思われます。
 (体幹の強さや体力は肺活量や安定した演奏に役に立つと思われるので)


 で、あらためて「相撲(すもう)」の話ですが。
 相撲とは日本のスポーツであり、国技ですね。
 円形の土俵の中で戦い、相手を外へ出したり、地面につけたりしたら勝ちです。

 この期限などは、詳しくは大相撲協会様のページを見て頂ければよいのですが
 古代についての書物古事記こじき)』*1でも、神様*2同士が相撲っぽいことをしてたりします。
(っぽいというのは、どこから「相撲」と呼んでいいかが不明のため)
 「タケミカズチ」の神と、「タケミナカタ」という神が取っ組み合ったそうです。

 人間同士では『日本書紀(にほんしょき)』によれば紀元前23年に、
 「野見宿禰(のみのすくね)」と「當麻蹶速(たいまのけはや)」がとったものが最古らしいです。
 あと相撲というと「まわし」以外脱ぐので男のやるものというイメージが強いですが、
 女性の相撲、「女相撲(おんなずもう)」というのもあります。
 Wikipediaによれば、『日本書紀』には469年に女相撲がとられたことが書かれているようなので、けっこう古いですね。


 海外でも「相撲」と似た競技はいっぱいあります。
 「モンゴル相撲」とかがまさにそれですね。
 勿論ルール*3は違いますが、日本からすると相撲に似ているのでこう名付けたのでしょう。
 後は「レスリング」とか、古代ギリシャでは「パンクラチオン」とか。
 変わった競技としてはトルコの「ヤールギュレシ」という、
 体に油を塗って取っ組み合う競技もあります。オイルレスリングですね。

 また相撲(っぽいもの)はユダヤ教*4キリスト教とも関係があります。
 旧約聖書の『創世記』には古代の「ヤコブ」という人物が神(あるいは天使*5)と相撲を取った(もしく格闘した)事が描かれています。
 この時ヤコブは相手に「お前はこれからイスラエル(神と戦ったもの/または勝ったもの)」として呼ばれるだろう」ということを言われており、
 これが現在の国名の「イスラエル」の由来になっているそうです。


 意外と世界の色んなところで「相撲」っぽいものは見られますね。
 神と神、神と人、人と人などいろんな組み合わせです。

 相撲の投げ技は打撃よりは怪我が少ないと思われるので
 戦争*6でも武器*7を使わず「全部相撲で解決するぞ!」となったら、
 意外と死者も少なくさわやかにやれるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。



追記
 平安時代では朝廷では「相撲節会(すまひのせちえ)」というのがあり、
 結構日常的に相撲をやっていたそうです(勿論専用の力士がですが)。


追記2
 相撲は「神事(しんじ)」としての性格も強いです。
 神様に見せて楽しんでもらう、という「奉納(ほうのう)」の役目もありますが、
 Wikipediaによればどちらの選手が勝つかで未来を見る「占い」の役目もあったそうで。


◆用語集 (人名敬称略)
・タケミカズチ(タケミカヅチ):
 日本神話の神様。雷神、また剣の神とされる。
 名前は「建御雷神」「武甕槌」などいろんな書き方がある。
 神様「イザナギ*8が「カグツチ」という神を斬った際、剣についた血から生まれた神とされる。
 「鹿島神宮(かしまじんぐう)」の主神でもある。
 ゲームでは『モンスト』や『パズドラ』などにも出ている。

タケミナカタ
 日本神話の神様。
 名前の書き方は「建御名方神(たけみなかたのかみ)」など。
 「諏訪神社(すわじんじゃ)」の祭神。
 ゲームでは『パズドラ』などに出ている。

・ヤコブ:
 イスラム教の『クルアーン』では預言者の一人とされているらしい(Wikipedia参考)。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com