のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/9 社+ゲーム:中国や台湾のスマホゲーム(偉人の女性化もの)の話

 社会+ゲームの話ー。
 中国*1や台湾(たいわん)のスマホ*2ゲーム、しかも女性化もののちょこっと紹介です。
 簡単に。


 この頃テレビでよくスマホゲーム『陰陽師*3のCMを見ますが、
 あれは中国(NetEase Gamesという会社)で制作されたものだったりします。
 中国で作っているのに日本の平安時代がモデル、というのはなかなか面白いですな。


 で、「偉人の女性化」は日本のゲームではよくあるのですが、
 実は中国のゲームなどでもけっこうあるようで。
 例えば

 ・中国の『萌王EX』
 ・台湾の『中華萌国伝』

 などの作品をネットで見つけました。
 偉人がモデルのキャラ、もしくは偉人が女性になって出てきたりします。

 上の作品では実在の偉人…しかも割と最近の人物がモデルになっているようです。
 詳しくはかけませんが、最近すぎて書きづらいレベル。
 世界的にアレな評価な人物もいたり。
 例えばぶっちゃけると『萌王EX』には「ヒトラー」さんが出てるみたいです。


 今まで「日本の文化はかなり自由だなあ…まあ日本だからな」と思っていましたが、
 世界も広いなあ…と思う次第です。



 まあそんな感じで~。



◆用語集 (人名など敬称略)
・『陰陽師』(ゲーム):
 中国で作られたゲームだが、日本人声優さんが多く参加していたりするらしい。
 キャラクターに「安倍晴明」「八尾比丘尼」などがいたりする。
 あと仲間にできる「式神(しきがみ)」に妖怪の「河童」*4酒呑童子*5などがいるが、さらっと「かぐや姫」などもいる。


・『萌王EX』:
 中国語版のwikiらしきページ見たら、なんかキャラの名前の欄に
 「始皇帝」「王莽」「趙匡胤」「袁世凱」(※みなさん敬称略)とか書いてありました。
 ビッグゲスト過ぎる。そして筆者にとってはシリアスな感じの世界史でしか知らなかった人物が結構いますね…。
 日本の人物もいます。「卑弥呼」「豊臣秀吉*6はいいのですが、「明治天皇」がかなり意外な感じですね。
 けっこうチョイスが面白いです。

・王莽(おう・もう):前45-23
 「新(しん)」という国の皇帝*7

趙匡胤(ちょう・きょういん):927-976。
 「北宋(ほくそう)」の初代皇帝。

袁世凱(えん・せいがい):1859-1916。
 「中華民国」の初代大総統。

北宋(ほくそう):960-1127。
 中国の王朝の一つ。名前は「宋(そう)」であるが、後の「南宋(なんそう)」と区別して特に「北宋」といわれる。
 関連用語:「蘇軾(そしょく)」*8



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「中国(ちゅうごく)」や「始皇帝(しこうてい)」、「女性化(じょせいか)」については 12/16 英語:中国はなんで「China(チャイナ)」って言うの? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:スマホ」については 2/21 学習:身近なことから学ぶ ~ハイレベル→基礎~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:職業としての「陰陽師(おんみょうじ)」や「安倍晴明(あべのせいめい)」については 12/14 国語:「陰陽師(おんみょうじ)」 in 国語便覧!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「河童(かっぱ)」については 7/3 英+国:ウォーター・スプライトとロングノーズド・ゴブリン! ~河童(かっぱ)と天狗(てんぐ)~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「酒吞童子(しゅてんどうじ)」については 5/25 国語:鉞(まさかり)/魔王とマサカリと金太郎! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:豊臣秀吉(とよとみひでよし)」については 3/21 歴史:コンボ、コンボ、人コンボ!~後を継ぐもの、塞ぐもの~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「皇帝(こうてい)」については 9/2 英+社:国(くに)に関する英語メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「蘇軾(そしょく)」については 11/8 国+家:「漢文(かんぶん)」と「豚肉」の関係!? ~文学者「蘇軾(そしょく)」と「東坡肉(トンポーロー)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。