のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/10 国+理:「サメ」は「ワニ」で「フカ」ですか? ~「鮫(さめ)」と「鰐(わに)」などの話~

 国語+理科の話ー。
 ゴタゴタしたタイトルでお送りしておりますが。

 海の「鮫(さめ)」や動物の「鰐(わに)」などの話です。


 前置き。

 「鮫(さめ)」(以下、「サメ」)というと海にいる、大きな魚ですね。
 大きな口と尖った歯が特徴的ですね。外見はつるんとしてますが、実際にはザラザラしています。

 対して、「鰐(わに)」(以下、「ワニ」)というと、爬虫類(はちゅうるい)*1で、川などに住んでいる生き物です。
 口は大きいですが、身体はウロコでごつごつしており、「サメ」とはそんなに似ていません。


 なのですが、昔の日本ではどうやら「サメ」が「鰐(わに)」と呼ばれることもあったそうです。
 Wikipediaによれば『古事記』や『風土記』にもサメが「鰐(わに)」(または「和邇(わに)」)として載っている、という話が載っていました。


 また、童話「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」でウサギ*2は川を渡るために、
 川に住んでいる「ワニ」を騙そうとするのですが、これが「サメ」ではないか、という説が載っていました。

 ただ、これについてはいろいろ意見があるようです。
 ネット上では「昔の日本は暑かったから、普通にワニがいたかもしれん」という話もあります。


 一体ウサギが何の背を渡ったのかは定かではありませんのでちょっとホラーですが、
 色んなところで「サメ」と「ワニ」が一緒にされていたかもしれない、という話は面白いですね。
 

 本当はサメだったものがワニと呼ばれているだけだったり、
 逆にワニだったものが、サメになっているケースもあるかもしれません。



 今度、日本の童話などで、サメやワニが出てくる物語を見たときは、
 「これはサメなのかワニなのか…!?」と考えてみるのも、ちょっと面白いかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみにWikipediaによれば、「サメ」は昔から「鱶(フカ)」と呼ばれることもあるそうです。
 今の「フカヒレ(鱶鰭)」などに名残を残していますね。
 フカヒレはサメの部位ですので、「サメ」を「ワニ」と呼んでいても「フカヒレ」自体は取れます。
 言ってみればここでは「サメ」=「ワニ」=「フカ」。ちょっとややこしいですね。

 ただし、当たり前ですが「本物のワニ」からはフカヒレは取れないのでご注意を。
 そういう意味ではフカヒレ好きだった人にとっては、それが本物のサメかワニか、というのは重要な問題かもしれません。


追記2
 ちなみに広島県*3には「ワニ料理」というのがあるらしいのですが、
 これは「サメを使った料理」のことだそうです。


◆用語集
・サメ、鮫(さめ):
 魚類の一種。
 英語では「shark(シャーク)」。
 ホラー映画などでは凶暴なサメを主役にしたものは多く、割とおなじみの存在である。
 ちなみに背びれが似ている「イルカ」*4や「シャチ」は哺乳類で、サメは魚類。結構違ったりする。
 身体の表面は、頭から尾にかけてなでるとなめらか、しかしおから頭に行くとざりざりしているらしい。これがいわゆる「サメ肌(さめはだ)」とのこと。
 ちなみに世界三大珍味の一つ「キャビア」はチョウザメの卵。
 ちなみにゲーム『ポケットモンスター』には「サメハダー」というポケモンがいたりする。
 またカードゲーム『遊戯王』には結構サメ関係(「シャーク」という言葉の入ったもの)のカードが多い。これはアニメ『 遊戯王ZEXAL』のキャラクター「神代凌牙 (かみしろ。りょうが)」が「サメ」をテーマにしたカードを多く使っていたことなどによると思われる。
 関連用語:「ジンベエザメ*5、「水族館(すいぞくかん)」*6


キャビア
 食材としての、チョウザメの卵の呼び方。
 世界三大珍味の一つ。
 関連用語:「フォアグラ」*7、「いくら」*8
 関連作品:『トリコ』*9


・ワニ、鰐(わに):
 爬虫類(はちゅうるい)の一種。肉食。
 川などの水中に住んでいることが多いが、「両生類」という訳ではない。
 英語では(アフリカ・南アジアのものは)「crocodile(クロコダイル)」、(北アメリカなどのものは)「alligator (アリゲーター)」というようだ。学名の「ワニ目」は「ordo Crocodilia(オルド・クロコディリア)」というようだが。
 顎(あご)を閉じる力や全身の筋力が強く、食らいついたらなかなか離さない。そしてそのまま旋回して食いちぎる「デスロール」という技もあり、テレビの動物番組や衝撃映像などで紹介されたりもする。
 昔から世界の色んなところに生息している。エジプトなどにもおり、ワニの頭部を持つ「セベク」という神さまがいた。
 またWikipediaによればローマ帝国の「ハドリアヌス帝」の別荘にはワニの像があったとか。ここら辺に関しては漫画『テルマエ・ロマエ』などでも近い情報を知ることができたりする。
 ワニの肉は食べることもでき、Wikipediaその他によれば鶏肉のような味がするらしい。キューバやオーストラリア*10、また日本でも食べたりするようだ。また筆者が見たテレビ番組『こんなところに日本人』では、アフリカのどこかでワニ料理が出されていた気もする。
 ワニの皮(革)は「ワニ革」として、高級バッグの材料になったりもする。
 関連用語:「鍔(つば)」*11


和邇(わに):
 日本神話に出てくる海の怪物。
 Wikipediaを見てみたら他にも「シャチ説」や「クジラ説」などがあった。
 思った以上に「わに」の可能性の幅が広い…。


因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)【※ネタバレ注意】
 日本神話、または童話として伝わっている話。
 ①ウサギが川を渡ろうとしてワニだかサメだかを騙し、ばれてひどい目にあう、
 ②通りがかった神様「オオクニヌシ*12に助けられる
 というようなストーリー。
 ちなみにカードゲーム『遊戯王』には《因幡之白兎》というモンスターカードが存在したりする。…『遊戯王』のモンスターにはワニもサメもいっぱいいるのだが、大丈夫だろうか。
 またゲーム『東方Project』シリーズには「因幡てゐ (いなばてい)」という妖怪ウサギのキャラクターが登場したりする。


・《因幡之白兎》【遊戯王】:
 カードゲーム『遊戯王』のモンスターカード。
 「スピリットモンスター」という特別な種類であり、召喚してもエンドフェイズ、つまりターン終了時には手札に戻ってきてしまう。
 これはスピリットモンスター全体の特性なのだが、上記のいろんな話を考えると、特に《因幡之白兎》がビビッているようにも見える。
 でも《因幡之白兎》は、相手プレイヤーを直接攻撃できるという効果を持っている。
 他に壁になるモンスターがいれば防御は足りるので、毎ターン手札に戻れることはむしろメリットでもある。
 …しかし他の者を盾に毎ターン殴っては逃げていくウサギ、というのは中々恨まれそうである。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「爬虫類(はちゅうるい)」については 1/30 理+英:生物分類の話(in英語) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「ウサギ(兎)」については 3/2 社会:ウサギの話(を少し) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:広島県ひろしまけん)」については 7/27 地+ゲーム:周りの県が、ある県を助けるゲーム!? ~「オトナリサン・ヘルパーズ」!~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「イルカ」については 8/3 英語:「水族館(すいぞくかん)」に関する英語7つ+α! ~今週の英語セブン~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:ジンベエザメ」については 2/2 英+国:文の秘訣・「5W1H」! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「水族館(すいぞくかん)」については 7/26 理科:「天空のペンギン」と「水を走るトカゲ」! ~飛んだり走ったり~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「フォアグラ」については 3/4 国語:いろんな経験(けいけん)で、本が読みやすくなる!? ~想像(そうぞう)の元の記憶(きおく)~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:食材の「いくら」については 1/9 国語:色んな「いく」で始まる言葉メモ ~いくら、イクスピアリ、育毛剤~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:グルメバトル漫画『トリコ』については 3/12 国+ゲーム:「シリトリデ・タンゴ・マゼール」! ~二つのものを混ぜるゲーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「オーストラリア」については 3/16 理+社:方位(ほうい)はすべて「南」になりました ~方位のからくり~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「鰐(ワニ)」と漢字が似ている、刀などの部品「鍔(つば)」については 4/11 国+理:「つば」は「つば」でも「ツバクラメ」!? ~ツバメと色んな「つば」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:オオクニヌシ」については 5/10 社会:全国の神様大集合!? ~「護衛艦いずも」と「出雲国(いずものくに)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。