のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

5/25 美+国:「漆黒(しっこく)」に「光(ひかり)」はありますか? ~「漆(うるし)」と「艶(つや)」の話~

 美術+国語の話ー。


 黒(くろ)の表現の一つである「漆黒(しっこく)」と、
 それに関わる「漆(うるし)」や「艶(つや)」についての話です。

 簡単に。


 前置き。

 まずざっくり「漆黒(しっこく)」というと、黒(くろ)い色の表現の一つですね。
 筆者のイメージでは、ただの黒というよりは、より深い黒色、みたいな感じです。
 ゲームとかで時々「漆黒の闇(やみ)」みたいな言い方を聞く気がするので、
 筆者も「ああ、漆黒というと、光(ひかり)が全くなさそうだなあ」とか「光の反対語っぽい」なんて思っていたのですが。


 ところが、国語辞典で「漆黒」を調べてみますと、
 「漆(うるし)を塗ったように黒くてつや(艶)があること」となっておりました。
 (ちなみに「漆(うるし)」とは木の一種、またそれから採れる汁のことですね。
  和風の食器・入れ物などの表面に塗ってコーティングしたりします。黒いものも多いようです)


 ここでいう「つや(艶)」とは、光沢(こうたく)…つまり物の表面の光っている部分ですね。それこそ艶々(つやつや)している感じです。
 これを踏まえると、「漆黒」とはむしろ「黒くて光っている」みたいな感じになりますね。
 むしろ光ってないと漆の「つや」っぽくないので、「漆黒に光は必要」とさえ言えるかもしれません。


 なので「漆黒=光がない」と思っていた筆者のイメージとは、ある意味で逆の感じですね。反省です。
 (また光のなさを黒の深さとするなさら、「漆黒より深い黒」がありえると思います。
  なので最初の「漆黒は、普通の黒より深い」というイメージは正確ではなかった、かと思います)


 まあ「漆黒」の元の意味と、現代での使われ方はまた違うかもなので、
 そんなに言葉の使い方を気にする必要はないかもしれないですが。
 でも「闇」っぽい黒に、「光」であるつや(艶)が加わって「漆黒」…と考えるとカッコいい気もしますね。


 今度ゲームなどで「漆黒」という言葉を見たら、
 つやつやした黒色の「漆」の輝きを想像し。

 逆に和食器などの「漆」の黒を目にしたら、
 ゲームなどのカッコいい「漆黒」を想像してみる…。

 
 なんてことも、ちょっと楽しいかもしれませんね。




 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに「漆黒」に似た言葉には「暗黒(あんこく)」もあります。
 ですが例えば宇宙の「暗黒星雲(あんこくせいうん)」などは光が無く、直接見えないようなので、
 比べると「暗黒」の方が「暗い」、「光がない」という感じかもしれません。


追記2
 ちなみに筆者はアニメとかで出てくる「黒い光」みたいなものも結構好きだったりします。
 闇と言うと「光がない」とか、「何も見えない」って感じに思えますが、
 こう、闇属性のエネルギーが光っぽくなってたり、闇が光線っぽく動くやつとかですね。
 あといかにも闇属性っぽい「怪しい紫色の光」とかも好きです。




◆用語集
・漆黒(しっこく):
 ちなみに本記事では由来から特に「つや」…光の成分について考察したが、それは別に漆黒という言葉の「闇的にかっこいい雰囲気」を薄れさせるものではないし、また「暗黒」という言葉の方が勝っていると言いたい訳でもないので悪しからず。
 ちなみにゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の拡張パッケージには『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』というものもあるようだ。
 またマンガ・アニメ『名探偵コナン』の映画には『名探偵コナン 漆黒の追跡者』という作品もあったりする。


benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com