のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

7/7 音+英:「弾丸(だんがん)」と「打楽器(だがっき)」の関係!? ~「percussion(パーカッション)」の話~

 音楽*1+英語+理科+ゲームの話ー。
 今日は七夕(たなばた)*2ですが関係ないネタです。すみません。


 銃(じゅう)*3の弾丸(だんがん)*4の部品「雷管(らいかん)/percussion cap」と、
 打って演奏する楽器「打楽器(だがっき)/percussion」についての話です。


 前置き。
 筆者は「銃(じゅう)」について少し調べていたのですが、
 その中で「雷管(らいかん)」という部品の訳に、
 「パーカッション・キャップ」というものを見つけたのでその話を。


 まず「雷管(らいかん)」とは、銃(じゅう)の弾丸(だんがん)の底(そこ)についている部品ですね。
 主に弾丸を発射するための部品、という感じです。
 (ちなみにWikiediaでは重要のものは「銃用雷管」、それ以外の工業用のものなどが「雷管」とされていましたが、ここでは銃用のものを「雷管」として進めます)


 この雷管を銃の撃針(げきしん)が叩くと、衝撃で火花(ひばな)が散り、
 中に入っている火薬が爆発(ばくはつ)して、弾丸が発射される感じです。
 まあ長くなるので、細かい説明は追記で。


 そんな「雷管」は英語では「primer(プライマー)」「percussion cap(パーカッション・キャップ)」というようです。
 Wikipediaによればこの部分は金属の筒(つつ)や皿(さら)っぽい形なので、
 そこら辺が「キャップ(cap)」っぽいと言えるかもしれません。
 弾丸の頭(あたま)とか帽子(ぼうし)、かぶせてある部分って感じですね。


 で、「パーカッション」は音楽でも聞く言葉だなあ…と思い調べてみると。
 「percussion(パーカッション)」とは「衝撃(しょうげき)」や「衝突(しょうとつ)」などの意味があり、
 また「打楽器(だがっき)」*5という意味もあるようです。


 「雷管」はガチンと叩かれて衝撃(パーカッション)をくらう部品なので「percussion cap(パーカッション・キャップ)」
 「打楽器」は叩くこと…衝撃(パーカッション)で演奏するので、「percussion(パーカッション)」って感じですかね。
 弾丸と打楽器が、意外な所で関係しておりました。


 ちなみに筆者はゲームや武器が好きなので、
 銃や「雷管(percussion cap)」等は強そうでカッコいいと思ったりしますが、
 それても現実の日常では、あまり関わり合いになりたくないものです。
 その意味では、同じ「パーカッション」でも「打楽器(percussion)」の方がありがたいですね。


 先日テレビで「ボイスパーカッション」というものもやってましたし。
 それらの見事な演奏で誰かに「衝撃(percussion)」を与えることができたなら、


 打楽器などの演奏が、時には「銃」より強い…なんてこともあるのかも?




 まあそんな感じで~。



関連用語:「桴/枹(ばち)/percussion mallet(パーカッション・マレット)」*6




追記
 弾丸の「雷管(らいかん)」の役割についてもう少し書くと、

①銃の引き金を引く
②銃の撃針(げきしん)という部分が弾丸の底…「雷管」を叩く
③衝撃で火花が起き、雷管の中の火薬に点火、小さな爆発(ばくはつ)が起きる
④その勢いで弾丸が発射される

 …という感じですね。
 途中で爆発が起きているのですごい音がします。これがいわゆる「銃声(じゅうせい)」ってやつですね。

 今の銃や弾丸を知っている人からすると、「雷管はあって当たり前では?」と思うかもですが、以前の銃は弾丸と発射用の火薬は別々だったようです。
 (例えば時代劇などで、火縄銃*7に火薬を注いでいるシーンを見ることがあるかもしれません。逆に言えば、弾丸だけでは撃てなかったわけですね)
 ただそれは火薬がむきだしだからか、湿気(しっけ)に弱い、というのが弱点だったようで。
 雨の日だと撃ちにくい、などの問題があったようです。
 その点「雷管」は、どんな状況でも安定して撃てたみたいですね。
 …もちろん雷管自体が壊れていなければ、の話ですが。



 
◆用語集
・雷管(らいかん):


・percussion(パーカッション)


・銃声(じゅうせい):
 銃を撃つときに出る音。
 分かりやすいので相手をビビらせるためにも使える。「威嚇射撃(いかくしゃげき)」や「空砲(くうほう)」*8といったものもある。
 あとスポーツの時でもスタートの合図のために、専用の銃を使ったりもする。
 だが敵に囲まれていたり、潜入(せんにゅう)任務の時などはバレやすくて困ると思われる。
 通常の銃の音を抑えるためには「サイレンサー」や「サプレッサー(サウンド・サプレッサー)」などの消音装置を使うか、
 もしくは発射に爆発を使わない「ガス銃」や「空気銃」、あと「スタンガン」*9などを使うという手段がある。
 また構造がより簡単な「クロスボウ」や「弓」の方が音が出ないので、そちらの武器を使うという手もある。
 マンガやゲームなどでも、目立つのを避けて銃を使わない、他の武器を使う、といった場面は時々見られる印象。
 関連用語:「半ドン*10、「大砲(たいほう)」*11


・サプレッサー(suppressor)【銃】:
 Wikipediaによれば、銃の発射音(はっしゃおん)と閃光(せんこう)を軽減(けいげん)するために銃身(じゅうしん)の先端(せんたん)に取り付ける筒状の装置の総称。
 発射音の抑制(よくせい)を主な目的とする「サウンド・サプレッサー(サイレンサー)」や、発射炎の抑制を主な目的とする「フラッシュサプレッサー(フラッシュハイダー)」などがあるらしい
 が、ゲームなどだと音を抑える方がそのまま「サプレッサー」と呼ばれていることも多い印象。
 ちなみに「suppress(サプレス)」とは「抑える」などの意味。


・「サウンド・サプレッサー(サイレンサー)」:
 銃の音を抑えるための装置。
 Wikipediaによれば日本では「消音器(しょうおんき)」、イギリスでは「サウンド・モデレーター(sound moderators)」と呼ばれたりもするらしい。


・消音器(しょうおんき)
 音を消す・抑えるための道具。
 Wikipediaによれば上記のような銃のものだけでなく、色んなものに存在するようだ。
 例えばバイクなどの部品である「マフラー」、楽器の消音器など。
 あとトイレの音を出す装置もこれに牌すらしい。この場合は空間から音を消すのではなく、他の音で「かき消す」といった感じか。


・suppress(サプレス)【英語・動詞】:
 英単語の一種。
 「抑える」、「鎮圧(ちんあつ)する」、「抑圧(よくあつ)する」、「隠す」などの意味を持つ。
 名詞形では「suppression(サプレッション)」。
 関連用語:「粛(しゅく)」*12、「憂鬱(ゆううつ)/depression」*13




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「音楽(おんがく)」については 12/5 英語:ミュージック(music)の由来とギリシャ神話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「七夕(たなばた)」については 7/7 歴+国他:イチャイチャしすぎて「別居命令(べっきょめいれい)」!? ~「七夕(たなばた)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「銃(じゅう)」については 2/1 英語:英語マシーン2/我が手に来たれ、英語の剣! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「弾丸(だんがん)」については 7/2 英語:ゾンビ物で出てきそうな英単語! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「percussion」や「percussion instrument(パーカッション・インストゥルメント)」と呼ばれる「打楽器(だがっき)」については 9/30 音+英:伝統芸能には「ドラマー」がいた!? ~「鼓(つづみ)」と「ハンド・ドラム」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:打楽器を演奏するための棒「桴/枹(ばち)/percussion mallet(パーカッション・マレット)」については 3/9 音+国:楽器の「ばち」は「ばち」じゃない!? ~「撥(ばち)」と「桴・枹(ばち)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「火縄銃(ひなわじゅう)」については 9/20 歴史:土地をぐるぐる三段撃ちする!? ~三圃制(さんぽせい)と三段撃ち~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:音だけの射撃「空砲(くうほう)」については 6/16 社会:「空港(くうこう)」と「ショットガン」!? ~鳥を追い払うお仕事の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「スタンガン」については 7/6 体+英他:「バトン(baton)」は「タクト」で「警棒(けいぼう)」ですか? ~「baton(バトン)」と「Taktstock(タクトストック)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:お昼の空砲が由来という説もある言葉「半ドン」については 7/30 国+オラ他:「半ドン」はありがたいものですか? ~半分学校、半分休みの日~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「大砲(たいほう)」については 10/15 歴史:お城と大砲(たいほう)と五稜郭(ごりょうかく)! ~城の形が変わった訳~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「粛(しゅく)」については 7/5 国+社他:「自粛(じしゅく)」の「粛(しゅく)」って何ですか? ~「きびしい」、「しずか」、「ちぢむ」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:英語では「depression(ディプレッション)」ともいう「憂鬱(ゆううつ)」については 9/23 理+生:「秋分(しゅうぶん)の日」と「やる気」の関係!? ~秋と日光量の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。