のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

3/9 音+国:楽器の「ばち」は「ばち」じゃない!? ~「撥(ばち)」と「桴・枹(ばち)」の話~

 音楽*1+国語の話ー。


 音楽で使う2種類の「ばち」という道具、
 すなわち「撥(ばち)」と「桴・枹(ばち)」についての話です。

 簡単に。


 前置き。

 音楽で使う「楽器(がっき)」には、色んな道具があったりしますが、
 先日ある資料で、音楽で使う「ばち」というものに2種類あることを知りました。


 なんでも「撥(ばち)」は、弦楽器(げんがっき)*2の弦(げん)をはじくものであり、
 「桴・枹(ばち)」は、打楽器(だがっき)*3を叩く棒(ぼう)を指すようです。


 なので例えば「撥(ばち)」は三味線(しゃみせん)とか琵琶(びわ)を演奏するのに使い、
 「桴・枹(ばち)」は、太鼓(たいこ)とか銅鑼(どら)を叩くのに使う訳ですね。
 おなじ「ばち」でも結構違うものですね…。


 同じ名前だから大丈夫…とするには用途が違うので代わりにはならなさそうです。
 そのいみでは「ばち(撥)」≠「ばち(桴・枹)」という感じですね。


 4月から音楽関係の部に入る方もいらしゃるかもしれませんが、
 先輩からいきなり「『ばち』持ってきてー」と言われた場合は、
 「撥(ばち)」と「桴・枹(ばち)」のどちらのことか、一度確認した方が良いかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



◆用語集
・撥(ばち):
 弦楽器の弦(げん)を弾いて演奏するための道具。
 英語では「plectrumプレクトラム)」、あるいは「pick(ピック)」の方が通じるかもしれない。
 時代劇ドラマなどで三味線をべんべんと引く道具が出てきたら、多分これ。
 ちなみに、Wikipediaによればギター*4をはじく道具は「ピック(pick)」、楽器の「大正琴(たいしょうごと)」をはじく道具は「義甲(ぎこう)」というらしい。カッコいい。
 またこのように、弦を撥(はじ)いて音を出す楽器は「撥弦楽器(はつげんがっき)」というらしい。
 ちなみに「撥」という漢字には「はじく」という意味があり、これを使う言葉には水をはじく性質「撥水性(はっすいせい)」などがある。



・桴/枹(ばち):
 打楽器を叩いて演奏するための棒。
 英語では「Percussion mallet(パーカッション・マレット)」。
 アーケードゲーム太鼓の達人』などはバチを使うゲームなので、手にしたことのある方も多いかもしれない。
 関連用語:「銅鑼(どら)」*5


・ピック:
 Wikipediaによれば、ギターなどの撥弦楽器(はつげんがっき)を演奏するための道具。
 他にもピックという言葉はつるはし(鶴嘴)*6ピッケルや、鍵開け行為「ピッキング」の時に使われる道具を指すらしい。


撥弦楽器(はつげんがっき)」
 弦をはじいて音を出す楽器。弦楽器の一種。
 一例を挙げれば「ウクレレ」、「ギター」、「琴(こと)」、「三味線(しゃみせん)」、「バンジョー」、「リュート」などが当てはまるようだ。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com