のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

9/28 体+英他:「コーヒー」は「ドリブル」してますか? ~スポーツの「ドリブル」と「dribble(ドリブル)/したたる(滴る)」の話~

 体育+英語+生活の話ー。
 「一流のコーヒーはね、ドリブルしてる物なんだよ…」的な話ではありません。


 スポーツでボールを運ぶ方法の一つ「ドリブル(dribble)」と、
 液体が「したたる(滴る)」意味もある英単語、「dribble(ドリブル)」の話を。


 前置き。
 まず「ドリブル(dribble)」は、主にバスケやサッカーなどのスポーツで聞く用語ですね。
 バスケの場合、地面にボールを「ついて」運ぶ方法、
 サッカーの場合、足でボールを「蹴(け)って」運ぶ方法って感じです。
 どちらのスポーツも手でボールを持ち続けてはいけないので、このような方法が必要になるわけですね。


 ところでドリブルをする時、「つく」にも「蹴る」にも、ボールはある程度「固い」必要があるかと思います。
 例えばバスケのドリブルの場合、固くないと地面から跳ね返ってこないですからね。
 ですが、英語の「dribble(ドリブル)」には真逆のイメージの意味もあるようです。
 というのも、ある意味では最大限に「柔らかい」もの…「液体(えきたい)」に関する意味があるからですね。


 英和辞典を調べてみますと「dribble(ドリブル)」には、
 「(水滴が)したたる(滴る)、ポタポタ落ちる」という意味があるようです。
 ちなみに「したたる(滴る)」とは、水などの液体がポタポタ落ちることですね。
 スポーツの「ドリブル」とは、また違う印象です。


 …ただ今回の調査では、スポーツの「ドリブル」と「dribble」の関係は不明でした。
 英和辞典の「dribble」にもスポーツの「ドリブル」の意味は載っていたので、同じ単語ではあるのですが…。要追加調査ですね。


 ともあれ、上記のことを利用すると、
 「したたる」液体は「『dribble(ドリブル)』している」と言えるかもしれません。


 例えばコーヒーを淹れる時、液が下に「したたる(dribble)」形も多いですが。
 それを「コーヒーが『ドリブル(dribble)している(したたっている)』…!」なんて言い換えられるかもですね。
 …コーヒーがいきなりスポーツを始めたみたいで、ちょっと面白いですね。


 ちなみに「したたる」という語自体もスポーツで使ったりします。
 例えば「汗(あせ)がしたたる」という表現などですね。
 激しい運動や集中でかいた汗が、体から下に落ちていく感じです。
 頑張っている感じで格好いいですね。


 でも最近は秋らしく、涼しい日も増えてきたので、
 汗をかいたまま放っておくと、体が冷えてしまうかもしれません。


 例えばスポーツでの激しい「ドリブル(dribble)」の後は、
 体温は上がっているでしょうし、そう寒くないかもですが。
 でもその汗をあまり「したたる(dribble)」ままにさせず、
 風邪を引かないうちに、早めに着替えるのが良いかもしれませんね。




 まあそんな感じで~。






追記
 ちなみに和英辞典で「したたる(滴る)」を調べると、
 「dribble」の前に「drip(ドリップ)」や「drop(ドロップ)」などの語が載っていたりしました。
 この「drip(ドリップ)」はコーヒー関係でも聞く単語ですね。
 それこそ「ドリップ・コーヒー」なんてものもあるので、
 今回ネタにしておいてアレですが、実際のコーヒーに「dribble」の方を使うことはあまり無いかもです。


追記2
 ちなみに、お肉の焼き加減で「レア」…だいぶ生(なま)に近いものがあり、
 「血のしたたるようなレア」という言葉もあったりします。
 それを食べるのは何だかワイルドな感じもしますが、
 でも「血の『ドリブル』する(したたる)ようなレア」と言い換えると、またイメージが違う感じですね。
 言葉のイメージって大事だなあ、なんて改めて思います。


◆用語集
・dribble(ドリブル):
 似てる単語:「drift(ドリフト)」*1



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com