読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/21 数学:「+1」=「ー1」!? ~増えることで減るもの~

数学

数学の話ー。
「変な数学」シリーズです。
今回も「単位(たんい)」の話なんですが。


例えばババ抜きのようなカードゲーム*1をしているとき。
マイナスの効果を持つカードがあるとしましょう。
持っているとポイントが「-1」されてしまいます。

すると、それを人からもらってしまうと、
手札は「+1」されますが、
ポイントは「-1」されてしまう。
マイナスの手札が増えることで、ポイントが減ってしまうわけですね。

つまり
「(このカ-ドの)+1(枚は)」=「(ポイントの)-1」ってことですね。
これを略すと「+1」=「ー1」と書けるかも、ということです。


まあ「+1」→「-1」とか書いた方が良いですし、
あと数学的には正しくないのですが、ちょっと面白いかなと。

あと数直線を見ればわかるように、
「+1」も「ー1」も絶対値として「1」であることは共通してたりします。
その意味では「+1」=「-1」=「1」
(+1することもー1することも絶対値としては「1」の移動である)
ということが言えるかもしれません。


まあ上に書いたのはお遊びの域かもですが……。

マイナスやルートなど、特殊な数が出てくると混乱したりして、
「この数についての特別ルールを理解しなきゃ!」
と思うかもですが、
その根底にあるのは、それまでに習った「普通の数字」たちだったりします。
(まあそれで足りなくて、開発されたものでしょうし)
共通点とかも意外と多くあったりします。

だから「1」とか「ー1」とかを深くは理解していなくても
なんとなく考えて遊んでいたら、
そのうちに思わぬ共通点や違いを見つけられるかもしれませんね。



まあそんな感じで~。





benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「カードゲーム」については 4/4 数学:メモ/数学とカードゲーム - のっぽさんの勉強メモ を参照。