のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/15 理+英他:「金粉(きんぷん)」は「金のゴミ」ですか? ~「gold dust(ゴールド・ダスト)」の話~

 理科+英語+社会+美術の話ー。
 「金粉なんて価値がねえんだよ!」という話ではありません。


 粉(こな)*1状の金「金粉(きんぷん)/gold dust(ゴールド・ダスト)」と、
 「ちり」や「ゴミ」のイメージも強い英語「dust(ダスト)」の話を。


 前置き。

 まず「金粉(きんぷん)」とは、粉(こな)状の金のことですね。
 かたまりや「延べ棒(のべぼう)」ではなく、細かく分かれた状態を指します。
 (または「金に見える物」も含むようですが)


 「金粉」は金色の絵や美術品などに使われていることもあれば、
 ケーキなどのお菓子に、少しだけかけてあったりすることもあります。
 なので、見かけることは意外と多いかもですね。
 趣味にもよるかもですが、金色に輝いて綺麗な感じもします。


 そんな金粉ですが、和英辞典で調べてみると
 「gold dust(ゴールド・ダスト)」という英語が載っていました。
 英語の「dust(ダスト)」は「ちり(塵)」や「ほこり(埃)」、「ゴミ」という意味もあるので、
 「金粉」の綺麗なイメージとは、ちょっと離れている感じもしますね。


 なので今後は英和辞典を調べてみると、
 「dust(ダスト)」には「ちり」や「ほこり」の他に、
 「粉末(ふんまつ)」「粉(こな)」等の意味があるようです。
 なので「金(dolg)の粉(dust)」→「金粉(gold dust)」って感じですかね。


 …ですが「dust(ダスト)」という語は
 日本でも「ダストシュート」、ごみ箱の「ダストボックス」など、
 「ゴミ」関係の意味で使われることも多い印象です。


 なのでその流れで「金粉(gold dust)」を見ると、
 「『金粉』は『金(gold)のゴミ(dust)』ですか!?」…って風にも見えますね。
 …ゴミなのにゴージャスな感じですね。


 まあ今の世界で「金」は貴重ですし、
 金粉も「ゴミ」として扱われることは少ないかと思いますが。


 しかし一方で、金だろうと金粉だろうと、
 他の物とごっちゃにしてしまうと、あまり価値のない「ごみ」になる可能性もあるかもです。
 例えば携帯電話やスマホも、時に中の金は回収されないまま捨てられたりもするようですし。
 (なので「都市鉱山」という言葉があったりする訳ですが)
 そのため「金粉」や他の金を含む物を、うっかり「ゴミ(dust)」として捨ててしまう…なんてことはあるかもしれません。


 なので「金粉(gold dust)」やその他貴重な物を、
 ごちゃごちゃの「金のゴミ(gold dust)」(ゴミ扱いの金)にしてしまわぬよう。
 「ゴミ(dust)」捨ての時は、分別(ぶんべつ)やリサイクルに気をつけるのがいいかもですね。
 


 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみにネットで「金粉」を調べると、
 「gold powder(ゴールド・パウダー)」などの訳もありました。
 なので「gold dust」訳は今の主流ではないかもしれないので、ご注意を。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com