のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/17 英+理:水陸両用車(すいりくりょうようしゃ)は「カエル」ですか? ~両生類(りょうせいるい)と「amphibian」~

 理科+英語の話ー。
 タイトルでばれてますが、水陸両用車(すいりくりょうようしゃ)とかの話です。
 簡単に。


 過去記事で「両生類(りょうせいるい)」*1について書きましたが、
 両生類のことを「amphibian(アンフィビアン)」というらしいです。
 例えばカエルとかですね。

 「水陸両用車(すいりくりょうようしゃ)」、つまり水*2の中も陸も走れる車のことを
 英語では「amphibian (motor) car(アンフィビアン・モーター・カー)」 というらしいです。
 言葉だけ見ると「両生類の車」みたいな感じですね。

 もちろん、水陸両用車は水の上をプロペラなどで進むようなので、
 跳ねたり泳いだりするカエルとはだいぶ違いがありますが…。
 言葉の上では結構近い、みたいなネタでした。


 まあそんな感じで~。



追記
 カードゲーム『遊戯王*3には「水陸両用バグロス」というモンスターがいるのですが、
 英語では「Amphibious Bugroth(アンフィビアス・バグロス)」となってました。
 ちなみに機械*4っぽい外見ですが種族は「水族」。


◆用語集
・水陸両用車:
 関連用語:「ホバークラフト*5


・両生類(りょうせいるい):
 関連用語:「両性モデル」*6


・蛙(かえる):
 英語では「frog(フロッグ)」。
 ちなみに『遊戯王』には「カエル」系のモンスターが何体かいる。
 《黄泉ガエル》は墓地から何度でも戻ってくるので便利。
 関連用語:「フロッグバット」*7、「旅ガエル」*8


・《黄泉ガエル》:
 カードゲーム『遊戯王』のモンスター。
 魔法カードや罠カードを伏せてなければ、自分ターン開始くらいに復活する。
 利用法は色々あるが、アドバンス召喚*9と組み合わせてもオーソドックスに強い。
 《砂塵の悪霊》と組み合わせるとまあ強い。
 なのでデッキによっては毎ターン天に登っていく(リリースされる)黄泉ガエルを見ることになるだろう。
 お疲れ様です。


・《砂塵の悪霊》:
 『遊戯王』のモンスターカード。
 特殊召喚は不可。レベルは6なのでアドバンス召喚が必要。
 だが場に出ると、相手のモンスターを全て破壊するという強力な効果を持つ。
 自分ターン終わりに手札に戻る「スピリット」カードだが、
 このカードの場合は場に出たときの効果が強いので、むしろ都合がいい。
 やはりデッキによっては毎ターン頑張って出てくるこのカードを見ることになる。
 やっぱりお疲れ様です。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「両生類(りょうせいるい)」については 1/30 理+英:生物分類の話(in英語) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「水(みず)」については 12/16 地理:都市運営ゲーム/「水(みず)」編ですよ、市長(しちょう)! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:遊戯王』については 1/25 音楽:音楽が試験の助けになる!?…かもしれない - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「機会(きかい)」については 12/28 英語:謎の英語マシーンゲーム(食べ物) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:ホバークラフト」については 6/15 理+英:「ホバリング(hovering)」はもはや「ど根性」ですか!? ~飛行と「ホバリング」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:両生類と言葉が似ているがまた違う意味の「両性モデル」については 6/30 国語:気になった単語の適当メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:『シャドウバース』の「フロッグバット」については 7/14 数+ゲーム:『シャドウバース』で確率を考える! ~投入カード枚数と初期手札編~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*8:『シャドウバース』の「旅ガエル」については 9/7 歴+ゲーム:その「法」の裁きは人を減らす!? ~ギリシャ神話の法の女神、「テミス」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:アドバンス召喚」については 2/17 学習+ゲーム:『遊戯王』の「召喚方法」で勉強が進む!? ~証明や不等式~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。