のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/27 理+国:「桂(かつら)」は「カツラ」じゃないですか? ~肉桂(にっけい)、月桂樹(げっけいじゅ)、桂花(けいか)~

 理科+国語の話ー。


 植物の「桂(かつら)」と、
 「桂」の字は入っているけどまた違う植物、
 「肉桂(にっけい)」(シナモン*1の元)、「月桂樹(げっけいじゅ)」、「モクセイ/桂花(けいか)」などの話です。


 前置き。
 筆者は本で、「シナモン」の和名「肉桂(にっけい)」を目にしたのですが、
 ふと「桂(かつら)」という木もあることを思い出し、
 そこから「『肉桂』と、木の『桂』の関係は?」と気になったので調べてみました。

 まず「桂(かつら)」というのは木の一種ですね。
 Wikipediaによれば「ユキノシタ目カツラ科カツラ属」の「落葉高木(らくようこうぼく)」らしいです。
 

 で、上にも挙げたように、
 香辛料「シナモン」は日本では「肉桂(にっけい、にっき)」と呼ばれたりします。
 なのでシナモンも「桂」の木の仲間かな、と思ったのですが…。


 調べてみると「ニッケイ属」は、「クスノキ科」に属する分類のようですね。
 つまり桂(かつら)とは別の木・植物ということになりますね。


 実は他にも同じようなケースがあったりします。
 例えば「桂」の字が入っている「月桂樹(げっけいじゅ)」も、クスノキ科だったり、
 さらに「モクセイ科」の木も「桂樹(けいじゅ)」・「桂花(けいか)」と呼ばれたりするようです。
 むしろカツラ科じゃない方が多いですね…。


 なんでこんなことが起こっているのか?と漢和辞典を見てみると、
 「桂」という字は確かにカツラ科の木も指すけれど、
 他にも「香木(こうぼく)」*2(いい匂いの木)の名前…肉桂(にっけい)・木犀(もくせい)などの総称でもある、という話が載っていました。
 筆者は木の匂いに詳しくないのでわかりませんが、「香木」というくくりは広いので
 ざっくり言うと「いい匂いがするやん!これ『桂』って呼ぼ!」みたいな雰囲気も感じますね…(仮説ですが)。
 昨日紹介した、「clam(クラム)はハマグリだけでなく、広く二枚貝を表す」話に似てるかもしれません。


 なので「桂」の字が入っているからと言って、カツラ科やカツラ属ではないということのようです。
 まとめると「桂(で表されている木)は、カツラ(科の木)じゃない(かも)!」ということですね。


 しかし筆者は「桂=カツラ科の木」くらいに思っていたので、
 むしろ「カツラ科じゃない桂(の字が入った植物)」が多かったのは、少しびっくりしました。
 知らないことというのは多いものですね。不勉強でした。


 さて、お住まいの近くに自然が多いかは人によるため、
 「桂」や「月桂樹」、「桂花」はあまり見ないかもしれませんが。
 シナモン(肉桂)は、喫茶店などでもよく見そうですね。


 そんな時に、「桂」の字の入った色んな植物について思い出してみても、
 ちょっと面白いかもしれません。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに漢和辞典によれば、
 昔の中国の神話では、月(つき)に桂の木が生えているとされてそうです。
 そこから転じて、「桂」の字が「月」そのものを指す場合もあるとのこと。
 …また「桂」がカツラ科の木を表さないパターンが増えてしまいましたね…。
 またこれに関して、月の呼び名に「桂月(けいげつ)」という物もあるようです。なんかカッコいいですね。


追記2
 また「フウ」という名前の木もあり、これも「桂」に関わっているようです。
 これはWikipediaによればフウ科フウ属の落葉高木らしいのですが、
 別名の一つに「オカツラ(男桂)」というのがあるらしいですね。
 ちなみにこの「フウ」の木の話は面白くて、
 Wikipediaによれば、日本では古来より「楓」の字を「カエデ」と読むけれど、本来の楓はこの「フウ」のことを指し、カエデを表す漢字は「槭」であるそうです。
 そのためこの「フウ」の別名には、「サンカクバフウ(三角葉楓)」、「タイワンフウ(台湾楓)」、「イガカエデ(伊賀楓)」、「カモカエデ(賀茂楓)」などと、「楓」がつくものがいっぱいあるようですね。
 関連用語:「楓(かえで)」*3


追記3
 ちなみに頭につける「かつら」もありますが、これはまた別のものですね。
 Wikipediaによれば昔は「かずら」と呼ばれていたようなので、植物の「蔓(かずら)」の方にルーツがありそうです。




◆用語集
・桂(かつら):
 ユキノシタ目カツラ科カツラ属の落葉高木(らくようこうぼく)。
 英語は「katsura tree(カツラ・ツリー)」など。
 関連する用語として、将棋の「桂馬(けいま)」などもある。
 また「桂殿蘭宮(けいでんらんきゅう)」という言葉もある。
 そして人の名字でも「桂」というものはあり、落語家(らくごか)の方がよく使っておられたりもする。
 また「ケツギョ(鱖魚、桂魚)」という魚もいるようだ。

・フウ:
 関連用語:「カシワ」*4


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com