のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

8/21 数+ゲーム:妖精(ようせい)と「かき氷」を作るゲーム!? ~「フェアリー・アイスメイカーズ」!~

 数学+ゲーム*1の話ー。
 +-×÷の加減乗除*2を使ったゲーム「フェアリー・アイスメイカーズ」の話です。



☆あらすじ
 あなたはちょっとファンタジー*3な世界の「かき氷屋」の店長です。
 でもちょっと忙しいので「かき氷」*4の量を調節するのも一苦労。
 店員である「妖精(ようせい)*5さん」のパワーを借りて、氷*6の量をうまく調節しましょう!


☆ルール

・「+-×÷」を使って、始めの数が目標の数字になるようにしてください。
 例えば「最初の数字:10」「目標の数字:20」みたいな感じです。
 いわゆる「+-×÷」パズルです。

・助手の妖精は不思議なパワーで氷を増やしたり減らしたりすることができます。
 妖精さんとパワーは以下の通り。

 「たし算の妖精・アディ」:氷を増やせる(「+」)
 「ひき算の妖精・サトラ」:氷を減らせる(「-」)
 「かけ算の妖精・マルッチ」:氷をすごく増やせる(「×」)
 「わり算の妖精・ディヴィ」:氷をすごく減らせる(「÷」)

 ただしパワーの強さはその時々でムラがあります。うまく調節しましょう。
 基本的に仕えるのはそれぞれで一回です。

妖精さんの力を借りる順番は重要です。気を付けましょう。

みたいな感じで。


それではまず例答を。

例えば最初の氷が「10」で、目標が「36」だったとします。
で、動ける妖精さん

・「アディ」(「+2」)
・「マルッチ」(「×3」)

だったとして。

スタート:10
→アディで「+2」=12
→マルッチで「×3」=36

という風にすると目標に達します。クリアー。


でも順番には注意しましょう。
先にマルッチのパワーを借りると

10
→マルッチで「×3」=30
→アディで「+2」=32

になってしまい、クリアできなくなってしまいます。


まあ良ければやってみてください。

それではゴー。


☆問題 (かき氷のリクエスト)

①【+ー】
スタートの氷の量:「3」/目標:「6」

動ける妖精さん
・アディ(「+5」)
・サトラ(「ー2」)


②【×÷】
スタートの氷の量:「10」/目標:「15」

動ける妖精さん
・マルッチ(「×3」)
・ディヴィ(「÷2」)


③【+×】
スタートの氷の量:「3」/目標:「18」

動ける妖精さん
・アディ(「+3」)
・マルッチ(「×5」)


④【ー÷】
スタートの氷の量:「60」/目標:「11」

動ける妖精さん
・サトラ(「-5」)
・ディヴィ(「÷5」)


⑤【+÷】
スタートの氷の量:「120」/目標:「62」

動ける妖精さん
・アディ(「+4」)
・ディヴィ(「÷2」)


⑥【ー×】
スタートの氷の量:「20」/目標:「46」

動ける妖精さん
・サトラ(「-14」)
・マルッチ(「×3」)


 …いかがでしょうか?分からなくても大丈夫です。
 答えは下に乗せておきますね。

 数字を減らしたり増やしたりは「実験」とか「フラスコ」*7のパズルが有名ですが、
 たまには外見を変えて「かき氷」とか夏っぽいものでやってみても楽しいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。



関連ゲーム:『りゅうたま*8













☆解答

①【+ー】
スタートの氷の量:「3」/目標:「6」

動ける妖精さん
・アディ(「+5」)
・サトラ(「ー2」)

A、正解は2通り
3→アディ(+5)【8】→サトラ(-2)【6】でもいいし
3→サトラ(-2)【1】→アディ(+5)【6】でもいい。

足し算と引き算であれば、順番は基本的にはどっちでもいい。


②【×÷】
スタートの氷の量:「10」/目標:「15」

動ける妖精さん
・マルッチ(「×3」)
・ディヴィ(「÷2」)

A、正解は2通り
10→マルッチ(×3)【30】→ディヴィ(「÷2」)【15】
10→ディヴィ(÷2)【5】→マルッチ(「×3」)【15】
のどちらでもいい。
かけ算と割り算も、(途中で少数とかが出たりややこしくなければ)順番はどちらでもいい。


③【+×】
スタートの氷の量:「3」/目標:「18」

動ける妖精さん
・アディ(「+3」)
・マルッチ(「×5」)

A、マルッチ→アディ。
3→マルッチ(×5)【15】→アディ(+3)【18】。
先にアディだと「30」になってしまう。


④【ー÷】
スタートの氷の量:「60」/目標:「11」

動ける妖精さん
・サトラ(「-5」)
・ディヴィ(「÷5」)

A,サトラ→ディヴィ。
60→サトラ(-5)【55】→ディヴィ(÷5)【11】


⑤【+÷】
スタートの氷の量:「120」/目標:「62」

動ける妖精さん
・アディ(「+4」)
・ディヴィ(「÷2」)

A、アディ→ディヴィ。
120→アディ(「+4」)【124】→ディヴィ(「÷2」)【62】


⑥【ー×】
スタートの氷の量:「20」/目標:「46」

動ける妖精さん
・サトラ(「-14」)
・マルッチ(「×3」)

A、マルッチ→サトラ
20→マルッチ(×3)【60】→サトラ(-14)【46】



◆用語集
妖精さんのネーミングについて
 たし算の妖精・アディ:たし算を意味する英語「addition(アディション)」から。
 ひき算の妖精・サトラ:ひき算を意味する英語「subtraction(サブトラクション)」から。
 かけ算の妖精・マルッチ:かけ算を意味する英語「multiple(マルチプル)」から。
 わり算の妖精・ディヴィ:わり算を意味する英語「division(ディヴィジョン)」から。

・「たし算の妖精・アディ」:
 ちょい足しが得意。
 基本的にはゆっくり足すが、止めなければドンドン足す。
 最終的には「トッピング全乗せ」とかを狙っている。商売上手。
 好きなかき氷はいちご味。

・「ひき算の妖精・サトラ」:
 そーっと減らすのが得意。
 減らした分がどこへ行くのかは不明。
 つまみ食い疑惑がある。
 好きなかき氷はブルーハワイ。

・「かけ算の妖精・マルッチ」:
 色々ガっと増やしたくなる性格。
 お客さんが増えてくるとパニくりぎみに、豪快に量を増やしだす。
 採算を考えていないので、繊細な商売にはあまり向いていない。
 好きなかき氷はレモン。

・「わり算の妖精・ディヴィ」
 ゴリっと減らしたくなる性格。
 減らすときに一気に食べようとしたらさすがに周りから止められた。
 でもいつも独り占めしたいわけではなく、ピザとかをみんなで分けるのは好き。
 好きなかき氷は宇治抹茶(うじまっちゃ)。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「ゲーム」については 3/27 こころの話+体育:不自由(ふじゆう)だからゲームは面白い!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:加減乗除(かげんじょうじょ)」については 6/23 数学:「加減乗除(かげんじょうじょ)」 ~+-×÷って何なのさ~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「ファンタジー」については 12/16 英語:鑑定(かんてい)だー!単語をよこせ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「かき氷(かきごおり)」については 8/5 国+歴:春はあけぼの、夏は「かき氷」!? ~「かき氷」や「清少納言(せいしょうなごん)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「妖精(ようせい)」については 5/23 英語:「妖精(ようせい)」と炭酸(たんさん) ~スプライト~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「氷(こおり)」については 1/16 英語:「氷」関係の英単語~氷魔法アイスクリーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「フラスコ」については 1/28 理+英:「メスシリンダー」の「メス」とかの話(※主に紹介用記事であり説明は不完全) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:雰囲気がほのぼのしているTRPG『りゅうたま』については 4/8 数学:数学ファンタジー ~□を使って簡単作問(さくもん)!~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。