のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/20 英+学:「プレハブ」、「プリファブ」、「ポータブル」! ~「プレハブ住宅」、あと学習の話~

 英語+社会+学習の話ー。
 「プレハブ住宅」の「プレハブ(prefab)」についての話です。


 地震*1津波などの天災の後、ニュースなどでよく
 「プレハブ」とか「プレハブ住宅」という言葉を聞きますが。
 英和辞典を見ているときに「プレハブ」という言葉を見たのでメモ。


 まずそもそもの「プレハブ工法」というのは、
 前もって、建物のパーツの多くを工場などで作っておく方法ですね。
 壁とかをだいたい作っておくことで、現地で簡単に組み立てられるわけです。
 そうやって作られたのが「プレハブ建築」や「プレハブ」「プレハブ住宅」と言われるわけです。
 災害などで家を失った人に、居場所を提供する役に立ったりします。


 で、辞典などによれば「プレハブ住宅」は英語で「prefab(プリファブ)」となっておりました。
 もっと正確に言えば「prefabricated house(プリファブリケイテッド・ハウス)」。
 「prefabrication(プリファブリケーション)」というのが上記の「プレハブ工法」になるので、
 「prefabricated house」は「プレハブ工法で作られた家」ということになりますね。


 さらに「pre(プリ)」という接頭辞は「先に」とか「前もって」という意味で、
 「fabrication(ファブリケーション)」は「作る」「製作する」という意味なので、
 「prefabrication」はまさに「前もって作っておく方法」ということになります。
 前もって準備をしておくことで、いざという時に素早い行動がとれたりするわけですね。


 さらに、家のパーツをまとまったものにしておくことで、持ち運びやすい、という利点もあると思われます。
 つまり英語で言うところの「ポータブル(portable)」*2ですね。
 筆者はプレハブにあまり詳しいわけではありませんが、少なくとも普通に家を建てるよりは
 輸送*3も撤去もしやすいですし、また再利用もしやすいと思われます。
 つまり「移動しやすい」とも言えますね。



 さて2月も半ばを過ぎ、もう受験を終えた方も多いかと思います。
 重荷から解放され、次のことを考え浮かれている方もいるかもしれませんが、
 ご自分の学力は大丈夫でしょうか?
 具体的には、高校などに入って勉強が難しいということもあるかもしれません。


 「先のことは先に考えればいい」と思うかもしれませんが、
 世の中に思ってもみないトラブルはつきものです。
 天災まで行かずとも、親族のトラブル、自分のケガや不調などで、
 例え勉強したくなったとしても、思うように勉強できる時間が取れない…なんてこともありえます。


 そんな時、「プレハブ工法」ではないですが、
 「前もって作っておいた(prefabrcated)」学力、というものがあったら、
 ピンチも乗り切りやすくなるかもしれません。
 楽しい休みを無駄につぶしたりせず、色んなところに「移動しやすくなる」かも?

 なので、気が向いたら。
 この受験後の少しだけ余裕のある時に、自分の学力を伸ばしておくのもいいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


追記
 関係ないですが検索していると「プレ花嫁」という言葉を見つけました。
 花嫁になる前の期間の花嫁さんのことみたいですね。


◆用語集
・プレハブ住宅:
 関連用語:「東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)」*4、「不動産(ふどうさん)」*5、「動産(どうさん)」、「屋台(やたい)」*6、「テント」*7


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com