のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

3/5 理科:海の「サンゴ(珊瑚)」の話 ~サンゴと地球温暖化~

 理科の話ー。
 今日は3月5日ということで「3・5(さん・ご)」…
 海*1にある「サンゴ(珊瑚)」の話を。


 「サンゴ」というときれいな海の中にあるイメージのものですね。
 なんか赤かったり桃色だったりする固そうなもの。
 絵本では『浦島太郎』*2の竜宮城の周りにあったりもしますね。

 今回改めてサンゴについて調べてみましたが、
 どうやら「刺胞動物門(しほうどうぶつもん)」に属する動物みたいです。
 (動物界―刺胞動物門)
 今までなんとなくサンゴはサンゴ、動かないものと考えていたので、ちょっと意外ですね。

 この「刺胞動物(しほうどうぶつ)」とは毒液を注入する「刺胞(しほう)」を持つ動物のことで、
 「クラゲ」や「イソギンチャク」などがここに属するようです。
 サンゴはこの中でも固い骨格を発達させるものらしく、
 それがあの固い「サンゴ」のイメージにつながっているのでしょう。

 一方で、サンゴは宝石*3としても扱われることがあります。
 仏教の「七宝(しっぽう)」の中にも入っているらしく、昔から馴染みがあったようですね。


 ただ、最近は地球温暖化などによって海水温が上昇し、
 サンゴが死んでしまう、という話も聞きます(「白化」という言葉をよく聞きます)。

 ネットでは海水温上昇に耐得られるサンゴもある、という話もありますが…はてさて。


 「地球温暖化はみんなの課題」といったことを最初に言うと、スケールも大きくて難しいですが。
 リゾート地の綺麗なサンゴが好きな方や、
 または宝石としてのサンゴが好きな方などは。 
 「自分のために」地球温暖化について、考えてみてもいいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。

◆用語集
・サンゴ(珊瑚):
 英語では「coral(コーラル)」。
 人名に使われることもある。筆者としてはマンガ『犬夜叉』のキャラ「珊瑚」を思い出す。
 ゲーム『モンスターストライク』にはこの名前のキャラがいるが、海の中のサンゴというよりは宝石としてのサンゴの擬人化のようだ。
 関連用語:「水族館(すいぞくかん)」*4

刺胞動物(しほうどうぶつ):
 「刺胞(しほう)」を持つ動物。
 英語では「Cnidaria(クニダリア?)」。
 クラゲやイソギンチャク、サンゴなどがここに属する。

・刺胞(しほう):
 刺胞動物が持つ毒針。
 クラゲとかに触ると毒を受けてしまうのはこれのせい。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com