のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/26 理科:「天空のペンギン」と「水を走るトカゲ」! ~飛んだり走ったり~

 理科の話ー。
 水*1を泳いだり上を走ったりする生き物の話です。
 水曜日なので「水」に関係ある話を。


 テレビで見た情報ですが。
 池袋(いけぶくろ)の「サンシャイン水族館」では今、
 「天空のペンギン*2」という展示をやっているそうです。

 屋外で、透明な水槽(すいそう)を頭上とか横に配置することで、
 泳ぐペンギンが、まるで空を飛んでいるみたいに見える、って感じです。
 テレビで見ましたが、とても涼しそうで良かったです。
 東京の高層ビルを背景に飛ぶペンギン、という図はファンタジー*3っぽくていいですね。


 で、それとはちょっと違うんですが、
 「水の上を走るトカゲ」がいることを思い出しました。
 その名も「バシリスク」(または「バジリスク」)。
 過去記事でも紹介した幻獣の名前「バジリスク」の名前を持つトカゲです。

 でも特に毒*4を持っているとかではなく、驚いたりすると水の上を走ったりします。
 その様子がなかなか面白かわいいので、気になったら動画とかで見てみるといいかもしれません。


 暑かったり湿気てたりするこの季節ですが。
 何か「水」関係の色々なものを見て、涼んでみるのもいいかもしれません。


 まあそんな感じで~。




◆用語集 (人名敬称略)
バシリスク属(Basiliscus):
 トカゲの一種、その属。上記の「水の上を走るトカゲ」はここに属する。
 聖書にキリスト*5が水上を歩いた、という記述があるため、「キリストトカゲ」とも呼ばれているらしい。
 Wikipediaを見たら種類の中に「ギザギザバシリスク」という分かりやすいネーミングのものがいた。ギザギザ…。
 あと似たような環境に住む仲間に「ウォータードラゴン」というすごい名前の生物もいる。強そう。
 Wikipediaによれば、こっちは地上で驚くと地上を走って逃げるらしい。


バシリスク(空想上の生物):
 ヨーロッパの空想上の生物。姿は蛇*6だったりトカゲだったり。
 毒を持っていたり石化させる能力があったりするといわれる。
 名前は英語では「basilisk」。ラテン語では「basiliscus」。
 Wikipediaによれば名前は「小さな王」。また蛇の王であるとされる。
 …それだけすごい存在の名を、上記の「水の上を走るちょこちょこしたかわいいトカゲ」につけて良かったのだろうか。
 古代ローマの学者プリニウス*7の本『博物誌』にその名前が載っていたりする。
 またよく別の空想生物「コカトリス」と同一視されたりする。
 ゲームやファンタジーでの登場率が高い。
 
・池袋(いけぶくろ):
 東京の地名。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com