のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

1/10 数学:「( )【かっこ】」 is バリューセット!?

 数学の「( )【かっこ】」の話。
 今回は「かっこを解く」方を中心に、簡単に。

 ( )【かっこ】は数字*1どうしを区切るための記号です。
 ただ、何となくその意味が実感できないって人も結構いるようです。 
 「( )がある時は( )の中の計算を先にしなければならない」とか、
 「(  )の外側に数字がある時【例:2(3+4)】は、カッコを解いた時に、それぞれの数に外の数字をかけなくてはならない」とか。
 個別のルールを習うことはあっても、どうも分かりにくい面はあるようです。
 なので個人的な見解を。


 僕は「( )」は「セット」とか「箱」のようなものだと考えることが多いです。
 例えば「(2+3)×5」だったら、
 「ハンバーガー2個、ポテト3個の『バリューセット』が5セットあるよ!」
 みたいな感じです。 

 だから、「( )を解く」ってのは、「セットのプレートを外して内容を合計する」ってイメージです。
 上の問題の場合、「実際にハンバーガーとポテトはいくつあるのか?」と考えると、
 ハンバーガー2個×5セット=10個に、ポテト3個×5セット=15個なので
 「全体ではハンバーガー10個にポテト15個あるよ!」ってことになります。

 この時、( )の中の数字それぞれに外の数字をかけるってのは忘れがちなのでご注意を。 
 例えばもし、上の( )の中の2だけに5をかけると、3は3のままなので
 「ハンバーガーは10個あるのにポテト3個しかないよ!セットは5つのはずなのにどうして!?」
 という悲劇が発生してしまいます。
 だからちゃんと( )の中のそれぞれに数をかけることが大事ってわけですね。

 ( )はセットのようなもの、というと自分で「分かりやすい、まとめセット」を作ることも可能です。
 それを利用したものとかが「因数分解(いんすうぶんかい)」*2だったりするわけですが…そこら辺はまた今度。

 まあ簡単ですが、今回はこんな感じで~。




◆用語集
・「(  )」(かっこ)
 関連造語:「(  )の中に落書きするゲーム」*3、「(  )を埋めて物語を作るゲーム」*4


・「バリューセット」:マクドナルドのセット名。例として出しましたが特に他意はありません。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com