のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/19 歴史:狂女、修羅、鬼!? ~能の「扇(おうぎ)」の名前~

 歴史の話ー。
 「能(のう)」*1で使う「扇(おうぎ)」の話です。


 今日どこかで「狂女扇」というすごい字面の用語を見まして。
 調べてみたら「能(のう)」(または「能楽(のうがく)」)で使う扇のことのようですね。
 「狂女扇(きょうじょおうぎ)」と読みます。

 女性が子や夫を探す「狂女物(きょうじょもの)」という演目があるらしく、
 それで使う扇のようです。
 その種類には例えば
 「紅入狂女扇(いろいりきょうじょおうぎ)」
 「紅無狂女扇(いろなしきょうじょおうぎ)」
 というものがありました。
 すごい漢字ですね。漢字が並んでいるとなんだかすごくカッコいいです。

 他にも「鬼扇(おにおうぎ)」「修羅扇(しゅらおうぎ)」「天女扇(てんにょおうぎ)」、あと「神扇(かみおうぎ)」などがあるようです。
 すごい名前ですね…。


 特にオチはないんですが、なんか現代のライトノベル*2とかゲーム*3にも使えそうな格好良さげな名前が並んでいます。
 ネタに困っている方とかは調べてみてもいいかも?



 まあそんな感じで~。


◆用語集
・扇(おうぎ):
 あおいで(扇いで)風を起こすための道具。。
 英語では「fan(ファン)」。
 だが能や落語*4などではまた違った使い方をしたりもする。
 伝統芸能では手に持って踊ることも多い。
 ちなみに「投扇興(とうせんきょう)」という、扇を投げる遊びもある。
 関連用語:「那須与一(なすのよいち)」*5、「扇風機(せんぷうき)」*6


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com